士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

USP創造とビジネスプロデュース

【必見】もっとも読みやすい「漢字・ひらがな・カタカナ」のバランスとその理由は?

投稿日:

もっとも読みやすい「漢字・ひらがな・カタカナ」のバランスとは?

知ってました?漢字・ひらがな・カタカナの見やすい割り合い?

知ってましたか?実はブログを書く時、漢字ひらがなカタカナの適切な割合があること。実は読みやすい文章には秘訣があるんですね。

この3つのバランスが良いと、読者は読みやすいと感じ、また理解しやすい文章になります。逆に漢字ばかりの文章は、抵抗を感じ、なかなか理解しにくい傾向にあります。

あなたも難しいブログを読むのは苦痛ですよね。最後まで読めないので直帰率や離脱率もあがります。

結果として専門家ブログの場合、

  • 読者の悩みの解決ができない
  • 読みやすいとうわさにならない
  • リピーター(ファン)ができない
  • 検索エンジンの評価(検索順位)があがらない

ということになってしまいます。

そうならないよう、これから漢字・ひらがな・カタカナの最適な割合について詳しくお伝えします。

黄金比は、漢字:ひらがな:カタカナ=3:6:1

結論から言うと、漢字・ひらがな・カタカナの最適なバランスは以下の通りです。

  • 漢字: 30%
  • ひらがな: 60%
  • 片仮名: 10%

つまり、漢字:ひらがな:カタカナ1が黄金比です。

漢字が30%ほど含まれている文章は読みやすいといわれています。30%以下では締まりがなくなり、40%ではいくらか硬い感じになるといいます。

『「大漢和辞典」を読む』紀田順一郎編、大修館書店)より

 

と解説されています。新聞や雑誌などもだいたいこの比率を採用しているとのこと。

漢字の割合は3割を基準に、2割だとやわらかい文章4割だと硬い文章になる傾向にあります。

それでは具体例でどれくらい見やすさか?見てみましょう!

漢字:ひらがな:カタカナ=4:6:0

少し堅苦しい文章

この度は、ご依頼頂き、誠に有難うございます。

案内書と御見積りを添付致します。

御査収の程、宜しく御願い申し上げます。

また、ご意見・ご要望は、お気軽に御問い合わせ下さい。

起業革命家 小野

漢字使用チェッカーでは、

全体の文字数: 83
漢字数: 35
漢字率: 42.17%
全体的に硬い感じの文章です。

となりました。

少し読みづらいような感じですね。

漢字:ひらがな:カタカナ=3:6:1

最適なバランスの文章

この度は、ご依頼いただき、誠にありがとうございます。

パンフレットとお見積りを添付させて頂きます。

ご査収のほど、宜しくお願い申し上げます。

また、ご意見・ご要望は、お気軽にお問い合わせ下さい。

起業革命家 小野

漢字使用チェッカーでは、

全体の文字数: 94
漢字数: 24
漢字率: 25.53%
比較的、適正な漢字使用率です。

となりました。

だいぶ目に馴染みますよね。

ある企業が行なった調査で、Facebookの投稿記事で利用者の反応率をテストしたところ、上記のバランスがもっとも反応率が良かったという事です。

読みやすい理由は、スッキリしているから!

なぜ、この漢字3:ひらがな6:カタカナ1の比率が読みやすいのか?

それは、「スッキリしている」からです。

文章を見たときに画数の多い漢字が多いと、黒が多く、スッキリして見えません。つまり、漢字が多すぎると、ごちゃごちゃとしていて、感覚的に難しく感じるみたいです。

逆に漢字が少なすぎ場合は、一見、意味がつかみにくく、これも読みづらいと感じます。

読みやすく書くための具体的なコツ?

具体的にどうしたらバランスの良く文章を書けるのか?具体的なコツをご紹介します。また、句読点の使い方も非常に大切なのでいくつかお伝えします。

名詞と動詞以外はひらがなに

漢字を使うのを名詞と動詞だけにするというルールを作ることをおすすめします。名詞と動詞だけにする必要はないですが、名詞と動詞を漢字にすると経験上、バランスの良い文章が仕上がります。簡単なものはひらがなで表記することもおすすめです。

漢字をなるべく続けないように

漢字を連続で使うと、それだけでごちゃごちゃとして読みにくくなります。できれば3文字以上は続けないようにしましょう。できるだけ漢字を続けないよう意識しましょう。

句読点で読みやすい文章に

句点[。]読点[、]の正しい使いましょう。句読点の使い方については、以下の記事を参考にしてくださいね。

記号をうまく活用する

カッコ【】「 」( )[]や中点・クォーテーション “ ”などの記号を上手く使用します。記号を上手く使うことで文章にメリハリができる、重要な部分を分かりやすくできる効果があります。記号を上手く使うことで読者に要旨が伝わりやすくなります。

また、使う記号は予め決めておくことをお奨めします。予めルールを決めておくことで安定した文章を読者に提供できます。

漢字の使用率をチェックするツール

これまでの話で「漢字・ひらがな・カタカナ」の最適なバランスはわかりました。でも、一文字一文字数えるわけには行かないですよね。そこで便利なツールを紹介します。漢字の使用率をチェックする便利ツール「漢字使用率チェッカー」です。

漢字使用率チェッカー

漢字の使用率をチェックしたい文章を入力すると、どれだけ漢字を使用しているかの使用率を出してくれる便利なツールです。

文章を入力して【漢字率を算出】のボタンを押すと算出してくれます。

漢字使用率チェッカー
http://akind.dee.cc/kanjiritsuchk-input.html

最後にまとめ

いかがでしたか?

今日は、漢字とひらがな、カタカナの最適な割合をお話しました。

最適な割合の文章は、「スッキリ」しています!なので、非常に読みやすいです。

読みやすい文章は、

  • 読者の悩みをさくっと解決する
  • 読みやすいとうわさになる
  • ファンができる
  • 検索順位が上がる

という効果があります。

あなたがブログを書くのは、読者から仕事を頂きたいからです。

を頂きたいなら、上記の効果を手に入れなければならないのです。

今日のこの話を参考に読みやすい文章を作成して、多くのファンを獲得してくださいね。

今日も最後まで読んでいただき有難うございました。

ちなみにこの記事の漢字比率は30%です。非常に読みやすい文章との事です!

この話が参考になりましたら幸いです。

それでは他の記事もよっていてくださいね。

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-USP創造とビジネスプロデュース

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.