2017/08/12

USPは、お客様に対するあなたのコミットメントです!

 

こんにちは

USPマーケッターの小野馨です。

今日は、USPについてお話します。

USPは、

ロッサ・リーブス氏(1910-1984)が、
彼の著書「Reality in Advertising (1961)」

の中で 提唱した概念です。

直訳すると
Unique    →  唯一の
Selling    →  営業の
Proposition  →  提案

唯一の営業のご提案という意味になります。

 

日本では、よく「独自のウリや強み」と紹介されています。

実は、この紹介の仕方が多くの誤解をうんでいます。

 

独自のウリという言葉を聴くと、あなたはどう感じますか?

自分の持っている強みや売りを探しませんか?

今まで習ってきたこと、

資格や得意技

これまでの経歴など

 

実はこれこそが大きな間違いです。

入り口が違うんです。

私は、

「お客様の問題を解決するためのもの」

と考えています。

 

あなたが提供する商品やサービスは、

誰が何のために購入して、

誰がどのように利用するのでしょう?

 

答えはもちろん

お客様です。

 

つまり、あなたの商品ではあるものの

それを購入して使うのはお客様なのです。

ですので

顧客が問題解決をする手段という視点が一番大事になってくるんです。

さらにいうと残酷ですが、

実のところお客様はあなたの売りや強みには

何の興味も持っていない。

ということなんです。

 

なので、売りや強みをいくら顧客に訴えても

そ売りや強みが顧客の問題解決に必要なければ

顧客はあなたの商品やサービスを買わないということです。

 

なので、USPは、あなた中心の考えで作るものでなく

顧客のどんな問題解決をできるのかを主軸に考えていくべきなのです。

① お客様のニーズ
② あなたのやりたいこと
③ あなたができることorできるようになりたいこと

この3つが重なりあったところにのみ
選ばれるビジネスとなるUSPがあるのです。

私はUSPをこう定義しています

USPとは
『お客様への究極のお約束』

つまり

私は、あなたの◯◯の問題を解決ができます!

というお客様への究極のお約束

それがUSPです。

USPマーケッター小野

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です