3秒で顧客を魅了して21世紀に愛される起業家になる自分革命を起こす!

menu

USP起業革命アカデミー

【今すぐクリック率が5倍】ブログの反応率を上げて読ませる「タイトルのつけ方」の秘訣

このページのコンテンツ

今すぐクリック率5倍!】反応率を劇的に上げてブログを読ませる「タイトルのつけ方」の秘訣

6W2Hにタイトルを分解。ブロックパズル型「タイトルのつけ方」

WHO(誰が):プロ行政書士が教える
WHOM(誰に):初めて会社設立をしようとしているあなたに

WHAT(何を):4万円も設立費用がお得になる会社の設立方法
WHY(なぜ、何のために):後で「経費削減できたのに…」と後悔しないために
WHERE(どこで):設立を考えている公証役場で役立つ
WHEN(いつ):今すぐに使えて活用できる
HOW(どのように):たった5分で理解できる
HOW MUCH(どのくらい):無料で学べるオンラインメールセミナー

漠然とタイトルをつけるのではなく、6W2Hに分解して考えるのが、読ませるタイトルを考えるときに便利です。

漠然とタイトルをブレストしても全くいい結果が出なかったからだ。いいタイトルが生まれなかったということだ。逆に、タイトルを分解して考えていくととても良い結果が出た。分解して捉え、頭を整理して詳細を検討していくことで、あなたのチームも必ずタイトル力を発展させていくことができるようになるはずだ。

そして、ここで一つ伝えておきたいのは、この6W2Hの要素の中で最も重要なのは「WHY」であることだ。WHYには「なぜ(理由)」という訳が当てられるが、それ以外にも「何のために(目的)」という意味もある。このコンテンツが「どの方向に向かっているのか、何のために書かれているか」という目的や目標だ。

それは私たちがコンテンツを作成する際に最も重視する「最高の結果」のことだ。私たちはユーザーに「最高の結果」をもたらすためにコンテンツを作成しているし、それを最も重視している。コンテンツを読んで得られる「最高の結果」を上手に表現しよう。

WHY(目的)= 最高の結果:10年間プログラミングのトップに君臨し続けるための

2.「最高の結果(WHY)」「何をすべきか?(WHAT)」「どのようにするか?(HOW)」の3要素についてできる限りの表現を考えよう.

 

 

 

クリック率の高い記事タイトルの特徴を分析すると、6W2Hにおいて最も重要な要素が「WHY、WHAT、HOW」の3つだということが分かった。弊社クライアントの過去約10,000記事の中で平均値の5倍以上のCTRを記録した記事のうち100記事のタイトルの要素を分析した結果、以下のような統計が取れた。

 

・WHAT(何を)が100%を超えているのは1タイトルにつき2つのWHATが含まれているケースがあったため

これは、タイトルをひとつひとつ要素分解し、6W2Hのどれに当てはまるのかを調べた結果だ。厳密なデータではない(必ずしもきれいに要素を分類できるわけではないため)が、十分参考になるはずだ。これは、私たちのクライアントだからこうなっている訳ではない。このプロセスを実施する前のデータだからだ。そして実は、もう一つ別のリサーチを行っている。はてなブックマークの拡散の歴代ランキングから炎上系・オモシロ系を除いた役に立つコンテンツだけを抽出して上位100記事を同じように分析したが、似たような結果になったのだ。

つまり、この「3つの要素」を中心にタイトルを考えていくことが結果への近道だ。この3つの要素をブレインストーミングし多くの語彙を集めることで、誰でも高いクリック率を獲得できるタイトルが作成できるようになるのだ。それぞれの要素について、具体的な言葉を集めて一度書き出してみよう。そして出てきた言葉を紙に落として蓄積していこう。このステップを数回行うだけでもタイトルをつける力が格段にアップするはずだ。

以下より弊社クライアントとのブレインストーミングのプロセスの事例を紹介する。

 

まず「不動産投資 不労所得」というキーワードで検索するユーザーの人物像を深く検討しニーズを捉えることから始まる。その後、「最高の結果(WHY)」「するべきこと(WHAT)」「どのようにするか(HOW)」の3つの題材について複数名でブレインストーミングしていく。その3つの題材をベースに、仮タイトルをいくつか決定していくのだ。

下記よりそれぞれの意見としてあがった文言をいくつか紹介していく。

1.最高の結果(WHY)の検討
毎月38万円の不労所得を得る 20年後も勝ち続ける
業者に騙されない 初心者でも勝てる
途切れない家賃収入を得る 素人でも不動産投資で利益を上げる
確実に収益を上げる 老後も収益があるので安心して過ごせる
安定した暮らしを得る 今すぐ不動産投資をしたくなる
わかりやすく実践的な手法が理解できる  現役不動産投資会社社員が実践している
これを実践すると不動産投資の結果が大きく変わる  マンション投資の“買い”はこれ!
2.するべきこと(WHAT)の検討
プロ目線の物件選び 完全保存版
投資物件選びの決定版 初めてのマンション投資をした私が購入までにやったこと
不動産投資の真実 6,000名のマンションオーナーが実施する
不動産投資を1時間でマスターする 仕組みが徹底的にわかる7つの解説
不動産投資の基礎知識 基礎から実践まで
効率いい探し方の全手順 どこよりも詳しく解説!
初心者向けに1から徹底解説 マンション投資営業マンに聞いておくべき質問20
マンション投資手順完全ガイド 超実践的手法
3.どのようにするか(HOW)の検討
これだけ読めば大丈夫 次のレベルに押し上げる
30分でわかる不動産投資 たった5分で
知っておくだけで チェックリスト付き
4.仮タイトルの検討
サラリーマンが不動産投資で毎月38万円の不労所得を得る超実践的手法
6200人の不労所得を生み出したプロが教える!初めてでも実践できる不動産投資の方法
20年後も確実に収益を上げ続けるための不動産投資完全ガイド【保存版】
詳しい解説で安心!不動産投資で途切れない家賃収入を得る全知識
これだけ読めば安心!6000名の不動産投資家が実践してきた儲かる7つの理由

このプロセスを実施ことで誰でもタイトル力をアップすることができるし、CTRの劇的な向上を数字で体感することができるだろう。最初は特に一人の語彙力で戦ってはならない。良いタイトルを作成するために必要な語彙力を何人かでブレストすることで向上させていくのだ。

3.【言葉の選択】
「言葉の選択」を4つのポイントに絞って実施しよう

 

そして3つめのプロセスは言葉の選択だ。ブレインストーミングで出てきた多くの言葉からどれを選べばよいだろうか。その基準を少しだけ紐解いていこう。

素晴らしいタイトルは、より鮮明にイメージが湧く言葉を上手に使っている。なぜなら、曖昧な言葉は曖昧なイメージを生み、最終的にクリックというアクションに至らないという事態を招くからだ。同じような言葉であっても、より鮮明にイメージが湧く言葉と、そうでない言葉があるのだ。

例えば「見た」と「目撃した」は似ている言葉だが少し違うイメージを形成する。「見た」の方には「目撃した」に比べて「犯罪や事件」といったイメージはあまり浮かんでこないはずだ。そして、「目撃した」の方が強い言葉に感じ、臨場感を感じないだろうか。

もちろんユーザーは千差万別であり、ユーザーが二人いれば、その二人が全く同じイメージを形成することはほとんどないと言っていい。抱くイメージは人によって微妙に違ったり、大きく違ったりする。例えば「夏」という言葉一つとっても、その人の過去の経験とひもづき「好き」というイメージを形成する人と「嫌い」という全く逆のイメージを形成する人が存在するのは事実だ。しかし、だからと言って言葉の選択をあきらめてはいけない。

たとえ全員が全く同じイメージを形成することはないにしても、多くのユーザーが比較的同じようなイメージを形成しやすい言葉は確実に存在するし、よりクリックを生み出す言葉は存在する。いずれにせよ、言葉がイメージを形成し、その形成したイメージによってクリックするかどうかを判断するのだから、「どの言葉を選択するかが全て」と言っても過言ではない。

ブレインストーミングで出てきた言葉の中から、より多くのクリックを生み出す言葉を選択しよう。そのためのヒントをいくつか解説していきたい。

1.ユーザーが最もストレートにイメージできる言葉は何かを検討しよう

記事を読んだことで得られるベネフィットをできる限りストレートに表現しよう。捻った表現や難しい言葉は必要ない。ユーザーは、ほんの数秒で直感的にクリックするかどうかを判断するからだ。ユーザーが日常的に使っている言葉、直感的にイメージできる言葉でストレートにベネフィットを書かなければならない。一つの事例を見てみよう。どちらがよりストレートにイメージできる言葉かは一目瞭然だ。

× 今時のスーツ男子の選択
○かっこいいスーツの着こなし方

2.「ベネフィット」と「機能」を分類し、原則として「ベネフィット」の方を選択しよう

ベネフィットを機能と混同してしまう人がいるが、ベネフィットとは、あなたのコンテンツを見ることによって、顧客が得ることができる最高の結果であり未来だ。ターゲットにしているユーザーは、その表現を見たときに心が動くだろうか。そのコンテンツを見てもらえるかどうかは、ベネフィットを上手に表現できるかどうかにかかっている。

機能・スペック:完全防水の携帯
ベネフィット:完全防水の携帯だからお風呂で動画も見られる

機能・スペック:デザインルールと3つの基本テクニック
ベネフィット:誰でもデザイン上級者になれるデザインルールと3つの基本テクニック

3.「より具体的な言葉」、特に「数字」を活用できないかを検討しよう

抽象的な言葉は抽象的なイメージを形成する。するとユーザーは漠然とした判断しかできず、明確な期待を形成できない。できる限り具体的な言葉をたくさん集めよう。具体的な言葉や数字はとても強いパワーがあるのだ。

抽象的:お坊さんをお呼びした家族葬がとても安く出来た
具体的:お坊さんをお呼びした家族葬が総額42,360円で出来た抽象的:プログラマーがネットワークについて覚えておくと便利なことまとめ
具体的:プログラマーが「ネットワーク怪しくない?」と思った時に覚えておくと便利なことまとめ抽象的:そんなに甘くない!現役VCが語る、成功する起業の勘所
具体的:「土日休みとか甘えだと思う」 現役VCが語る、成功する起業の勘所

4.「簡便性」を追加できないかを検討しよう

簡便性とは「自分にもできそうだ」と感じてもらえるような文言だ。例えば「1日5分で英語ができるようになる」のように、「簡単にできる」、「自分にもできる」と感じることができる言葉はユーザーにとって非常に重要なのだ。なぜなら、ユーザーは常に「自分にとってどうか」という判断軸を中心に物事を見ているからだ。言い換えれば、自分にしか興味がないのだ。「自分にもできそうだ」と感じてもらえるような言葉を探してタイトルに反映させられないかを考えよう。簡便性はタイトルの要素の中で、HOWに該当するケースが多い。あなたのタイトルに簡便性を追加できないか、一度考えてみよう。

簡便性の例:受講者の79%が、1日1時間の勉強を7日続けただけでスコア100点アップ!TOEICで高得点を取る人が抑えている5つの出題パターン簡便性のヒント:たった、だけ、ほんの、素早く、簡単に、誰でも、私でもできた、苦手な人でも、初心者の、はじめて、少ない金額でも、500円でできる、広告費ゼロで、1万円で行ける

ここで紹介した3つのプロセスは、チームのタイトル力を間違いなく向上させるはずだ。ぜひ実践して、結果の変化を確かめてみてほしい。

タイトルをつける上で抑えなければならない注意点

最後にタイトルを失敗してしまうケースをよく理解しておこう。なぜなら、せっかく素晴らしいタイトルができるプロセスを手に入れても、ここを理解しておかないと大きな結果を得られないからだ。

1、ニーズとのズレが最もCTRを押し下げる要因となる

まずは、ニーズを捉えられていないタイトル事例をひとつ紹介しよう。

タイトル:歯の神経の治療はなぜ何回もかかるのか?実は90%が3回以内に終わる
キーワード:「歯 神経 治療」
平均掲載順位:2.8位
CTR(クリック率):8.39%

このタイトルは、平均掲載順位に対するCTRがとても低い。ではなぜ、低いCTRを記録してしまったのだろうか?その答えは明確で、ユーザーにとっての重要なニーズを捉えることができないままにタイトルを付けてしまったからだ。どれだけ良いタイトルを付けたとしてもニーズにズレがあればクリック率の向上は見込めない。 私たちのリサーチの結果では、 「歯 神経 治療」というキーワードの場合、「痛みをどうにかしたい」というニーズが中心であることがわかった。こうしたズレはCTRを大きく下げる。そして最も多い失敗パターンだ。タイトル作成の3つのプロセスを実践する前に、ユーザーにとって最も重要なニーズをどんぴしゃで捉えることに力を注いでほしい。

2、コンテンツよりも誇大になるタイトルは絶対に避けるべき

タイトルの目的はクリックの最大化だが、一つだけ絶対に避けなければならないことがある。それは、「ユーザーの失望」だ。コンテンツの内容よりもタイトルの方が誇大であれば、ユーザーは期待していたモノが得られないのだから、当然怒るだろう。そして、それがもしも何回も続けばサイト自体を嫌いになる。ユーザーを裏切る行為は絶対に避けなければならない。サイトの本来の目的は、ユーザーから嫌われていては絶対に達成できない。短期的なPVを得ることだけを考えてはダメなのだ。

3、CTRが良いからと言って必ず良いタイトルだという訳ではない

CTRが高いから必ずいいタイトルというわけではない。なぜなら、検索結果に出てくる他のタイトルがあまりに低レベルであれば、それほど良いタイトルでなくてもCTRが高い数値になってしまうことがあるからだ。また、どのキーワードで上位表示されているかというインプレッションの内容によってもCTRの数値は上下するため、その部分を考慮する必要がある(Googleサーチコンソールのデータは完璧なデータではないため参考程度に見るしかない)。

4、Googleで表示されるのは32文字まで。タイトルの文字数は32文字以内に抑えよう。

文字数は出来れば32文字以内にしよう。その主な理由はGoogleの検索結果に表示される長さが32文字だからだ。ただし、どうしても32文字で表現するのが難しいケースがある。その時は、何とか文字数を削って32文字以内にするという選択肢もあるが、実際に私は最大40字以内にするケースもある。Googleに最適化することも一つの戦略だが、Googleも変化する。ユーザーに最適化していくことを中心に考えた場合、32文字がとても難しい時があるからだ。但し、その時は一つだけ注意することがある。それは、32文字を超えるタイトルを付ける場合は、比較的最初の方にキーワードを入れた方が賢明だということだ。タイトルの中に入っている検索キーワード自体が省略されてしまうと、CTRが大きく低下してしまうからだ。

まとめ

タイトルをつける目的・目標はクリック数の最大化だ。しかし、大前提としてユーザーにとって素晴らしい価値のあるコンテンツを作成できている必要がある。なぜなら、コンテンツの持っているポテンシャル以上にクリック率を高めてしまうと、ユーザーの期待を裏切ることになるからだ。それは結果的に、SEOにおける成果にも大きく影響を及ぼすし、ユーザーに支持されなければサイトの成功は有りえない。

しかし、一方で素晴らしいコンテンツなのにタイトルがイマイチで全く見てもらえないのも非常に残念なことだ。素晴らしいコンテンツを作成したからこそ、本来得られるはずの集客を得るべきだ。そのためにこのプロセスをぜひ実践してほしい。

関連記事

起業革命実践的7ステップ

フェイスブック

アメーバブログ

LINE@

起業革命個別セッション

起業革命家小野馨のプロフィール

小野馨

兵庫県神戸市生まれ、神戸市在住

兵庫県立兵庫工業高等学校卒業後、富士通株式会社本社採用でSEとして入社。

SEは自分の仕事ではないと、同社を退社。

自分探しの旅に出る。

訪問販売員、ネットワークビジネス、トラックの運転手、喫茶・カラオケ店店長、金融会社の営業、音楽関係、靴のデザイン会社、食料品製造、コンピュータ会社社長の経営・経理サポート、ゲームショップオーナー等30種類以上の仕事を経験しながら様々な業界を経験して知識やスキルを身につける。

そんな中、起業家や経営者の手伝いをすることが増え、経営法務コンサルタントの仕事に憧れを持ち、行政書士になるため勉強を始め、行政書士試験合格。その後、慶應義塾大学に入学するが、業務が忙しく中退。

平成17年に行政書士として独立。1年目に1千万円の売上、2年目に1500万円の売上を達成する。

1000社以上の会社設立、3億円以上の創業融資のサポート、500以上の許認可の申請サポートを行い、SEOコンサルタントとしてクライアント30社以上でWEB集客で合計15億円以上の売上UPに貢献する。

その後、順調に事業を拡大していたが、リーマンショックにより挫折、働きづめがたたって心と身体を壊す。また、大きな交通事故に遭い、自分の人生について考えることになる。

プロフィールの続きはコチラ→

アメブロはこちら→

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031