繁盛コーチ小野馨のプロフィール

 

 

情熱を”市場価値あるビジネスモデル”
に変えるお手伝い!

 

はじめまして。

 

100%やりたいをずっと稼げる仕組みに変える!

繁盛コーチの小野です。

 

・何となくやりたいことがあるけど、うまくビジネスにできない…
・やる気はあるんだけど、何かが引っかかって前に進めない…
・しなければならないことばかりで、やりたい仕事ができない…
・どうせなら夢中になって、ずっと続けられることがいい…

 

そんな悩みを持っている起業家・士業・コンサルのサポートをさせて頂いてます。この2年で100 名程の相談を受けてきました。

 

その経験を通して、「心の底からやりたいことなら必ず繁盛する!」という、とてもシンプルな本質に気づいていない起業家が多い…ということを知りました。それがとても残念です。

 

心の底からやりたいこと=本物の情熱

 

一人でも多くの起業家に、100%やりたいことを繁盛し続けるビジネスモデルにするお手伝いをしています。

 

「100%やりたい仕事で人生を変えたい!」と願う起業家の力になれたら!そんな想いでこのブログを発信していきますね。

 

いきなりの独立
本気で探した自分だけの仕事

 

私は、平成17年2 月に行政書士を開業しました。本当は司法書士の資格と”ダブルライセンス”で起業したかったのですが、いきなりのぎっくり腰で動けなくなり、起業せざるを得ない状況になったんですね。だから、逃げ道はありませんでした。

 

いきなり起業したため、当初はお金が少なく、国民生活金融公庫(当時)で100 万円を借りての出発。人脈も経験も全くなしの状態から始めました。

 

「いろんな会社のサポートをしたい!」と漠然と思って、事業計画なんてなく始めましたから、周りから見ると「大丈夫?」って感じで心配だったと思います。自分だけの仕事を見つけたいという、強い思いだけで突き進んでいた気がします。

 

もともとプログラムの勉強をしていて、パソコンに強かったため、WEBで集客をしようと、WEBマーケティングやSEOの本を読み漁りました。行政書士の業務の本を読むより多かったし、寝る間を惜しんで書いてることを無心に実践していました。

 

今思うとそれが”ゾーン状態”だったような気がします。ゾーンって物事に没頭する脳の状態で、一番成果の出やすい状態なんですね。

 

頑張った甲斐があって、初年度に1000 万円の売り上げを上げることができました。その後も1300 万円、1800 万円と増加。いつしか成功のレールに乗ったと大きな勘違いをしていました。

 

周りを見ずに突き進んで
心と体を壊したこと

 

ところが、それが崩れ始めたんです。

「自分のやっていることが正しい…」
「自分のだけの力でうまくいっている…」

と慢心があって、総額1000 万円以上を借り入れて新規事業に投資したりしました。

ただ、ビジネスを拡大することだけに力を入れて、

「したくない仕事でもないよりまし!」

と自分を偽りながら、お客様に頭を下げて、休息や大切な人との時間も犠牲にしながら…
ひたすら頑張ったんです。

ただプライドだけで周りを見ずに突き進んでいきました…

気づくと「しなければならない仕事」に囲まれて、ストレスも増え続け、ついに心と体を
壊していました。

実は病んでしまうと”病んでいることにすら気づかない!”ですね。

しらずしらず生産性が下がって、どんどん余裕がなくなってきます。そして、できないこ
とを人のせいにした結果、従業員はついてこられず、残ったのは疲れ切った僕だけ。

そんな仕事を続けた僕にトドメを刺したのが、お客様の

「先生いくらでやってくれるの?」

という言葉でした。

結構、ふつうの言葉でしょ?でも、病んだ僕には”ボディブロー”のように効いたんです。

「感謝されたいと思って選んだはずの仕事で、思ったほど感謝されてないな…」

そう感じた時に、ふっと力が抜けました。この言葉が繰り返されるたび、僕の心は削られ
ていったんですね。

「感謝されないなら、やってけない…。」

そう思ったとき、すべてを無意識に壊していきました。

 

駅前の事務所をたたんで
神戸の山奥の町で兼業農家

 

やってけない…

そう感じた時、今あるものをすべて捨てて、やり直そうと決意しました。

駅前の事務所をたたんで、神戸の山奥の町に引っ越し。そこで兼業農家をしながら、惰性
で行政書士を続けることに…

それでも年商は300 万~500 万円あったんですよ。でも借金を返していたので結構苦しかったなあ…

無農薬野菜を作りながら、飲食店や会員制ホテルの中で自分で作った野菜を直売して、病
んでたけど5 年で10 万人くらいに売ったかな。

とにかく自然と触れながら、壊れてしまった自分の心と向き合って体を癒す日々でした。
農業の仕事もそれなりに楽しいんですが、なぜかいつも心がどこか違うところにあって、
湧き上がる何かが欠けているとずっと思ってました。

しかも体を癒すはずが、アトピーがどんどんひどくなって…その原因がわからずに苦しか
ったです。そのうえ高速道路でトラックに追突され、救急車に搬送されたり…

僕は40 代の初めで本気で人生の終わりを意識しました。

 

「100%やりたいこと!」
生きていこうと決めた日

 

終わりを意識したけれど、どうしてもあきらめきれない気持ちがありました。

 

「このまま終わっていいのか?」
「まだやり残したことがあるんじゃ…」

そんな感じの自問自答の日々でした。

 

 

 

 

情熱があふれるビジネスに
無限の可能性がある!

 

ビジネスを繁盛させたいと思っていても、「どうすれば繁盛するのか?」、それがわかっていない起業家の方が多いです。それ以前に「やる気はあるけど、前に進めなくて…」という人がすごく多いです。

僕は、事務所を一度失敗させて、再チャレンジした結果、大きなことに気づきました。それは「情熱があるビジネスは繁盛する!」ことです。

「情熱があるとなぜ繁盛するのか?」

 

それは情熱がない依頼を受け続けて、事務所をたたんだ僕が一番知ってることです。これって精神論と思う人もいるでしょうが、実は科学的な根拠があるんですよ。

僕は、それを一人でも多くの起業家に伝えることに情熱を感じています。

 

 

”情熱と繁盛”
2つを繋ぐのが僕の使命。

 

「情熱」と「繁盛」の2つを繋ぐのが僕の使命。
今は、このために生まれてきたんだと本気で思えます。
・自分に自信を持って!
・誰にでも起業って出来るよ!
・人生もっと楽しもうよ!
情熱と繁盛は、同じものなんだというシンプルなことを伝えていこうと決意したんです。
その結果、
・心の底から信頼してセッションが受けられる!
・頭がすっきりして事業を整理したら、仕事が舞い込んできた!
・情熱のありかを明確にしたら、稼げる仕組みがスッと構築できた!
など、うれしい声を多数いただいています。

 

 

「新時代の繁盛起業家」の育成!それが一生のライフワーク。

 

インターネットが普及した今、個性と個性がつながる時代です。
これまでの起業家の考えを捨て、新しい時代の起業家に生まれ変わるべきだと僕は思って
います。
新しい時代の起業家に必要なものは、
・情熱
・個性
・ビジョン
これらをもった新時代の繁盛起業家を育成する!
それが僕の一緒のライフワークです。

 

 

新時代が始まっている、おそれずに飛び立とう!

 

自分らしく自由に生きれる、そんな新しい時代になっています。
起業家や中小企業経営者のあり方も変わることを求められています。
実はこれまでの価値観だけでは、生き残っていくことが難しい時代です。
大きく変化することを恐れては、何も生まれないです。
おそれずに飛び込もう!
全力でサポートいたします。

 

 

◆ 小野馨の特徴 ◆

 

・相棒、その他ミステリー全般(好きなドラマ)
・カラオケ
・車で走ること
・無農薬野菜の栽培(今は休止中)

 

◆ 小野馨の実績 ◆

 

お客様に愛される”新時代の繁盛起業家”を育成することに人生をかける。クライアントは、建設業・運送業・広告会社・個人起業家・士業など多種多様。

・心からやりたいことが明確になったら、作業が止まらなくなった!
・一番大切にしたいこと、クライアントになって欲しい姿が明確になった!
・お金は後からついてくる!そんな幸せな気持ちで仕事する実感を手に入れた!

など、マインド的な成果や

・1日で企画書が完成した!
・3ケ月で月商300万円UP
・1年で年商1億円が見えた!
・SEO対策により20億円の売り上げアップ

など、経済的な成果が続々と生まれています。

 

 

 

Copyright (C) 2017 サクセスファン All Rights Reserved.