士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

士業・コンサル・コーチの集客法 集客・WEBマーケティング

【必見】ターゲティングとは?効果的なターゲットの決め方と広告戦略・成功事例

更新日:

【必見】ターゲティングとは?効果的なターゲットの決め方と広告戦略・成功事例

こんにちは

こだわり起業家のブログ集客と黒字経営を研究している集客書士の小野です!

今日は、「ターゲティング」についてのお話です。

中小企業がこれから生き残るためには「ターゲティング」が大切です。ターゲティングとは、「どんなお客様を相手に商売をするか?」ということです。

このターゲティングの意味を正確に理解して、適切なターゲットに効果的な広告を打てば、間違いなく売上は上がります。

なんとなくターゲティングを決めて…では、これからの時代を生き残ることはできません。周り道になるように感じますが、正しい方法でしっかりとターゲティングをしましょう。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

それでははじめましょう!

ターゲティングの意味とは?正しく知り、集客に活かす!

ターゲティングって社内会議とかでマーケティング担当者がよく使う言葉ですよね…

でも、あらためてその意味について聞かれると、「なんとなくわかるけど…」とあやふやな返事になりませんか?

ターゲティングをあやふやにしていると、これから中小企業は生き残っていけません。これからそれを説明しますので、最後までちゃんと読んでみてくださいね。

それでは、まずターゲティングの意味からお伝えします。

ターゲティングとは?

ターゲティングは、一般的に以下のように説明されます。

ユーザーが事前に登録した情報やユーザーの行動分析に基づき、嗜好しこうや興味に合わせた広告を配信すること。より効果的な広告宣伝が可能。

大辞林 第三版の解説

 

ターゲットを設定する作業で、最も楽しく最も重要なプロセス。

マーケティング用語集の解説

市場のどの顧客に広告して商品を売るのか、つまり「狙うべき顧客(ターゲット)を決定する作業」です。

高度経済成長期の日本のように、顧客が価値観に合った商品を選べるほど供給される商品がない社会では、市場全体がターゲットだったため、ターゲティングはそれほど必要ではありませんでした。

大企業が打ち出した商品を、大衆はただ受身的に買う時代だったからです。

ですが、ありとあらゆる種類の商品が生まれ、インターネットで個性と個性が直接つながる現代社会では、「自分の価値観に合った商品を買いたい!」と顧客は考えるようになりなりました。

このように多様な価値観が存在できる市場では、ターゲティングはとても大きな意味を持つのです。

言い方をかえると、しっかりターゲティングを行い、顧客の求める商品コンセプトを打ち出して、効果的な広告をしないと商品は売れない時代になったのです。

なので、ターゲティングの方法をしっかり学びましょう!というのが今日の趣旨です。

効果的にターゲットを決めるためには、ターゲティングマーケティングの全体図を把握して、3つのプロセスを理解することが不可欠です。

それでは、ターゲティングマーケティングの3つのプロセスについてお話します。

効果的にターゲットを決める3つのプロセス

ターゲティングマーケティングとは?

ニーズが多様化した市場に対応していくためのマーケティングの手法。市場の多様なニーズに対応するために、市場全体を細かく区分し、その中の1つないしいくつかにターゲットを絞り、自社の製品をその標的市場の特有のニーズに適合するように位置づけていく。この3つのプロセスはそれぞれ、市場細分化セグメンテーション)、標的市場の設定(ターゲティング)、製品のポジショニングと呼ばれ、その頭文字をとってSTPマーケティングと呼ばれることもある。

これだけ顧客の価値観が多様化すると、選ばれる商品を作るにはターゲティングマーケティングの考え方が不可欠です。

ターゲティングマーケティングは、

  1. 市場細分化(セグメンテーション)
  2. ターゲティング(ペルソナ)
  3. ポジショニング

3つのプロセスを経て、ターゲティングを完成させます。

これら一つ一つは、とても時間がかかる煩わしい作業ですが、しっかり行なうことで想像できないほどの破壊力を生みます。

この記事では、概要をお話しますが、それぞれ個別の記事でより具体的に解説しています。よければそちらも見てくださいね。

1.市場の細分化(セグメンテーション)

セグメンテーションは、市場を細分化して顧客の属性毎に明確にする作業です。

現在は、顧客の価値観が多様化しているため市場を細分化しないで広告をしても、心に響く効果的な広告にはなりません。

年齢や性別、趣味、趣向を考えて、その区分で市場を細分化して、その市場のどこをターゲットに商品・広告戦略を行なうのかを決める必要があるということです。

しっかりセグメンテーションすることで、後のターゲティングがスムーズになります。ピンポイントにターゲティングに欠かせないプロセスです。

市場の細分化(セグメンテーション)について詳しくはこの記事をご覧下さい!

2.ターゲティング(ペルソナ)

細分化された市場のどれにターゲットを定めるか?そのプロセスをターゲティングといいます。

本記事の主テーマですが、このターゲティングを行うためには、その前後に

  • 市場の細分化
  • ポジショニング

があります。

これから特に中小企業がターゲティングするためにペルソナというターゲティング手法が効果的なので今日はそのペルソナについてもお話します。

3.ポジショニング

ポジショングとは、定まったターゲットに対してどんな商品を売っていくか?売り手から見たターゲティングという意味があります。

あなたの強みやあなたの商品をどのようなポジションに置くかということですね。

定めたターゲットに対してあなたが提供できるもの「商品コンセプト」を提供するのか?をここで定めます。

これまで見たように、市場を細かく細分して、そのどれにターゲットを定めて、最終的にそのニーズを満たすどのような商品コンセプトを打ち出していくか?

この3プロセスを的確に行って初めて中小企業のマーケティングは成功します。

そして、現在のターゲティングマーケティングにおいて、最高のターゲットの選定手法がペルソナであるということです。

これから多様化した顧客ニーズに対して最も成功できる可能性があるといわれている最新のターゲティング手法である「ペルソナ」についてお話します。

「ペルソナ」-中小企業のターゲティングを成功させる最良の手法

ペルソナとは、たった一人の理想の顧客像のことで、それによりマーケティングを行うことをペルソナマーケティングといいます。

絞り込むほどに刺さる「ペルソナ」

絞り込むほどここや句が減ると考えるのが普通ですが、実は絞り込むほど顧客に刺さり、集客できるのがマーケティングです。

ペルソナは、ターゲットをたった一人の理想の顧客像」にまで絞り込んでする、究極のターゲティングだといえます。

これから生き残るには、ペルソナの設定が必須になります。

ペルソナに対する広告戦略

ターゲットマーケティングの集大成は、ターゲットに対する広告戦略になります。

そのような手段で広告戦略を提供することが適切か?

  • コンテンツマーケティング
  • DM・FAXDM広告
  • ランディングページとPPC広告
  • チラシ・新聞折込
  • テレビCM

など、多くの広告手段の中から、広告手段を決めていきます。

ここで大切なのは、費用対効果、もっともコスパに優れて、効果のあるものを選ぶこと。その優先順位を決めることです。

ターゲットに対して適切に広告戦略が展開されているか、その効果を測定できるツールがあること。

そのツールによりデーターを集め、それを検証すること

が大切です。

ターゲティングの3つの成功事例

スープストックTOKYO

 

最後にターゲティングのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今日は、ターゲティングについてお話しました。

顧客のニーズが多様化した現在では、ターゲティングを行わない商品開発はありえません。特に中小企業では、ペルソナを設定してその理想の顧客に対して、突き刺さる商品を開発して世に送り出さないと生き残れないと私は思います。

そのために大切なのがターゲティングマー家てティングという考え方で、その3つのプロセスです。

  1. 市場細分化(セグメンテーション)
  2. ターゲティング(ペルソナ)
  3. ポジショニング

これらをしっかりと踏まえたうえで、マーケティングや広告戦略を実行することが大切です。

今日も最後まで見て頂き有難うございました。

ターゲティングに関連する

  • 市場調査
  • ポジショング
  • 広告戦略
  • ペルソナ

などの関連記事も見ていただけると幸いです。

それではまた!

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-士業・コンサル・コーチの集客法, 集客・WEBマーケティング

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.