士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

日本政策金融公庫・地方銀行融資・事業性評価融資

【注目】小規模事業者持続化補助金はかなり使い勝手抜群の補助金だぞ!審査のポイントなど

更新日:

小規模事業者持続化補助金はかなり使い勝手抜群の補助金だぞ!

こんにちは

こだわり起業家や士業・コンサルのブログ集客や起業支援をしている小野です!

現在、小規模事業者持続化補助金という補助金が募集されています。

クライアント5社から依頼されて現在、申請書類を作成しています!

みなさん、補助金がもらえるように精一杯サポートしようと思います!

このような補助金はもらうことが目的ではなく、これを活用することにより、より儲けて、笑顔になってもらうことが目的です。

つまり、補助金はゴールではなく、経営改善&飛躍のスタートだと思っています。

補助金は補助的にもらえれば助かりますが、本丸はブログ集客システムの構築、集客の仕組み化の方なのでそちらを精一杯応援させていただきます。

これからクライアント5社には専用のZOOM回線で綿密に打ち合わせを行っています。報告可能な部分は、随時発信させていただきますね。

ということで、今日は小規模事業者持続化補助金についてです!

はりきっていきましょう!

小規模事業者持続化補助金とは?

中小企業の経営者の悩みの一つ、売上を上げること!

その中でも、

  • 刺さるチラシを作って、どんどん新商品をアピールしたい!
  • WordPressのSEOに強いテーマでブログを作って集客を強化したい…
  • 新しい販売の仕組みを導入して売上をアップさせたい…
  • 海外にも進出したい!
  • 従業員の給料を上げてやりたい…

と考えている中小企業の経営者は多いのではないでしょうか?

いつも考えてはいるけど、あまり経費がかけられないから困っているんだよ!

そういう声が聞こえてきそうです。

今日は、そんな経営者の方のために、めちゃくちゃ使い勝手のいい補助金をご紹介します!

すでに私のクライアント5社から申請を手伝えとご依頼いただいておりますが、その補助金が「小規模事業者持続化補助金」です。

私自身も2社取りに行こうと考えているのですが、この補助金すごく使いやすくてかなり人気があります。

実は、3月9日から受付が始まっていて5月18日には締め切りです。興味のある方は、とにかく急ぎましょう!

受付開始:平成30年3月9日(金)

受付締切:平成30年5月18日(金)

それでは補助金について説明します。

補助金の内容って?何に使えるの?

まず、最初に小規模事業者持続化補助金の内容に付いてお話します。

「いくら」もらえるの?「何に」使えるの?というところですね。

一番気になるところです。

「いくら」もらえるの?(補助してもらえる額)

補助上限額:50万円

補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円が補助されます。

つまり、チラシ作成などの見積もりが75万円だとすると、その2/3にあたる50万円の補助金がもらえるということです。

また、次の3つの場合は、補助上限額100万円まで引き上がります!

①従業員の賃金を引き上げる事業者

②買い物弱者対策の取組

③海外展開の取組

従業員のためにお給料を上げるのはなかなかできないですが、補助金をもらいながらできるのは、かなりのベネフィットではないでしょうか?

それと、今年も引き続き買物弱者はあるみたいですね。海外展開は新しい要件です。

これは何に使える補助金なの?

地道な販路開拓等の取組について

①機会装置等費
  • 新商品を陳列するための棚の購入
②広報費
  • 新たな販促用チラシの作成、送付 
  • 新たな販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)
  • 新たな販促品の調達、配布
  • ネット販売システムの構築 
  • 新たな販促用チラシのポスティング 
③展示会出展費
  • 国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加 ・・・ 【③展示会出展費】
④開発費
  • 新商品の開発
  • 新商品の開発にあたって必要な図書の購入

⑤資料購入費

  • 国内外での商品PRイベント会場借上 ・・・ 【⑧借料】

・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言

・・・ 【⑨専門家謝金】

・(買物弱者対策事業において)移動販売、出張販売に必要な車両の購入

・・・ 【⑪車両購入費】

・新商品開発に伴う成分分析の依頼 ・・・ 【⑬委託費】

・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む。)

・・・ 【⑭外注費】

※「不動産の購入・取得」に該当するものは不可。

(2)業務効率化(生産性向上)の取組について

【「サービス提供等プロセスの改善」の取組事例イメージ】

・業務改善の専門家からの指導、助言による長時間労働の削減

・・・ 【⑨専門家謝金】

・従業員の作業導線の確保や整理スペースの導入のための店舗改装

・・・ 【⑭外注費】

【「IT利活用」の取組事例イメージ】

・新たに倉庫管理システムのソフトウェアを購入し、配送業務を効率化する

・・・ 【①機械装置等費】

・新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事・給与管理業務を

効率化する・・・ 【①機械装置等費】

・新たにPOSレジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する

・・・ 【①機械装置等費】

・新たに経理・会計ソフトウェアを購入し、決算業務を効率化する

・・・ 【①機械装置等費】

◆補助対象経費

①機械装置等費、②広報費、③展示会等出展費、④旅費、⑤開発費、⑥資料購入費、
⑦雑役務費、⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪車両購入費(買物弱者対策事業の場合に限ります)、⑫設備処分費(補助対象経費総額の1/2が上限)、⑬委託費、⑭外注費

※次の(1)~(3)の条件をすべて満たすものが、補助対象経費となります。
(1)使用目的が本事業の遂行に必要なものと明確に特定できる経費
(2)交付決定日以降に発生し対象期間中に支払が完了した経費
(3)証拠資料等によって支払金額が確認できる経費

気になる採択率(補助金がもらえる確立)は?

ところで、この補助金の採択率はどれくらいなのか?

気になりますよね、前年度の実績はだいたい3割くらいだそうです。

えっ?思ったより確立が低いって?

これはおそらく、「試しにだそうかな?」とか「こんなかんじでいいかな?」など、本気で申請していない人も多いらしいからなのです。

つまり、行政書士試験などの国家試験と同じで、「なんとなく受けてみよう!」的な方も応募されているので、見かけの採択率が下がっています。

あなたが本気で考えて補助金をすれば、かなりの確立で摂れる可能性がある補助金らしいので、ぜひ頑張ってチャレンジしてくださいね。

補助金に応募できる要件(対象者)って?

せっかく読んだけど、応募できない!ってなるとショックなので先に小規模事業者持続化補助金の要件をお話します。

補助対象者は、以下の1~4の要件を全て満たす日本国内に所在する小規模事業者です!

以下の要件を満たす会社及び個人事業主

①製造業その他の業種を主たる事業として営むこと

・常時使用する従業員20人以下の製造業・宿泊業・娯楽業

・常時使用する従業員5人以下の卸売業・小売業・サービス業の内(宿泊・娯楽業を除く)

※業種分類は、日本標準産業分類を参照すること。

②対象となる法人格

・株式会社・合同会社・合資会社・合名会社・特例有限会社・企業組合・協業組合

・個人事業主

※上に該当しない一般社団法人、医療法人、NPO法人、農事組合法人、社会福祉法人、任意団体などは対象外です。

③常時使用する従業員数には含めないもの。

(a)会社役員

(b)個人事業主本人

(c)以下のいずれか条件に該当するパート労働者等

日々雇い入れられる者、2ヶ月以内の期間を定めて雇用されるもの、季節的業務に4ヶ月以内の期間を定めて雇用される者

所定労働時間が同一の事業所に雇用される「通常の従業員」の所定労働時間に比べて短い者

 

上記の通常の従業員とは?

要綱では、通常の従業員とは、社会通念に従い、事業所において通常の従業員と判断される従業員とします。と説明されていますが、何のことか良く分かりませんよね。

 

さらに、労働契約の期間の定めがない。長期雇用を前提とした待遇を受ける賃金体系等、雇用形態、賃金体系を総合的に勘案して判断することになります。と続きます。やはりわかりにくい。

 

例えば、正社員がいない会社の場合、基幹的な職員を通常の従業員とします。その人のだいたい3/4以下の時間のしか働いていない人は通常の従業員ではないということらしいです。8時間働く中心人物がいて、その3/4なので6時間以下と言う意味ですね。

  • 商工会の管轄地域内で事業を営んでいること。
  • 持続的な経営に向けた経営計画を策定していること。
  • 次の①から④の補助金を受けるものとして不適当な者

※①から④の補助金を受けるものとして不適当な者とは、ほとんど暴力団関係者等を指しています。

何に対して補助金がでるの?補助対象事業って?

  • 策定した経営計画に基づいて実施する、地道な販路開拓の取り組み。あるいは、販路開拓等の取り組みとあわせて業務効率化の取り組み。

①地道な販路開拓等の取り組み

補助金の審査の4つの重要ポイントとは?

1.事業の有効性

事業の有効性が審査のポイントです。

有効性とは?何かと言うことですが、この補助金を利用することにより、売上アップなどの成果が見込める可能性が高い計画であると言うことです。

そして、実現する蓋然性が高いことです。ほとんど

2.わかりやすい計画であること!

計画が分かりやすいことがポイントです。斬新過ぎる、システムが複雑すぎるなどの計画は、

  • 審査員が理解にくい
  • 審査に時間がかかる
  • 専門的過ぎて分からない

等の理由で敬遠される可能性があります。

この点どこまでの創意工夫を行なうか?というデリケートな話になりますので、よく考えて計画を立てましょう。

3.実現する可能性が高そうだということ!

有効であることとは、少なくとも実現性が高いことが要件になると考えます。これはかなり重要なポイントです。

補助金は、国のお金なので実現できない計画に補助を出すことはできません。

少なくとも審査員が見て、

  • これなら実現しそうだな!
  • きっと上手くいきそうだ!
  • 売上アップにつながる面白そうな計画だ

と評価できるものである必要があります。

4.創意工夫が見て取れること!

まず、当該会社として新しい販売システムの構築や新しい販売方法、新商品などに取り組むことが求められます。

どこの会社も行なっていない新規性を求めているわけではなく、自社の取り組みとして、今までやってきていないことに取り組むことが対象になります。

なので、まったく誰もしていない発明のような販売システムを構築しなければならないというような計画を立てる必要はなく、一定の創意工夫がみられれば採択される可能性はあります。

最後にまとめ

いかがでしたか?

小規模事業者持続化補助金についてお伝えしました。

この補助金は、地道な販路開拓やそれに合わせて業務を効率化するために出る補助金です。

つまり、

  • 新たな販促用チラシの作成や送付
  • 新たな販売促進用PR(インターネットでの広告)
  • 新たな販促品の調達、配布
  • ネット販売システム
  • 新商品の開発

など、集客に使える補助金なのです。しかも、かなりの確立で採択される補助金で使い勝手抜群なのです。

だから、うちのクライアント様にもおすすめしてチャレンジしてもらっています。

おすすめなのであなたもぜひチャレンジしてくださいね。小規模事業者持続化補助金についてお問い合せも受付中です。

今日も読んでいただきありがとうございます。ブログ集客に非常に有効な補助金なのでぜひ、参考にして活用してくださいね。

それでは、

 

 

 

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-日本政策金融公庫・地方銀行融資・事業性評価融資

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.