100%の情熱を開放して10年愛され売れる起業家

魂の起業モデル革新術

マインドセット・習慣 人生に役立つ情報 起業・会社設立

心理的安全性がない職場はやばい!?生産性をUPする心理的安全性を高める方法

更新日:

生産性を格段にUPさせる心理的安全性とは?

情熱の解放 おのっち

こんばんは

繁盛起業コーチの小野です。

今日は、「心理的安全性」の話です。

心理的安全性が高いとチームの生産性が上がり、結果として繁盛する!ということがグーグルの調査分析により分かりました。

その調査分析が「プロジェクト・アリストテレス」ですね。

このプロジェクトにより、グーグルがチームの生産性を上げるために最も大事だと言い切ったのが、「心理的安全性」です。

この記事では、その心理的安全性についてわかりやすくお伝えします。

参考になればうれしいです!

それでははじめましょう!

グーグルが証明した職場環境改善の考え方「心理的安全性」とは?

グーグルをはじめ、GEやメルカリなど世界中で躍進する会社は、スタッフの生産性がすごく高いです。

1人1人の生産性はもちろん、チームとしての生産性が半端ないです。これは職場環境がいいからなんですが、職場環境がどういいのか、知ってますか?

グーグルは大企業だから、

  • 給料いいからそりゃ頑張るでしょ
  • 頭のいい人は仕事が早い
  • 福利厚生がしっかりしてる
  • 有休もちゃんととれるんじゃないの
  • 会社で遊べるって聞いたことある

というような声が聞こえてきます。

確かにグーグルでは、生産性を上げる先進的な取り組みがたくさんあります。

これから話す心理的安全性もその一つですが、これは「プロジェクト・アリストテレス」というグーグルの調査分析事業の結果、証明されたエビデンス(科学的根拠)のある職場環境改善の考え方なんですね。

このプロジェクトのことは、グーグルの元社員で人材育成戦略作りを担当していたピョートル・フェリクス・グジバシ氏「世界最高のチーム」という本に書かれているので、ぜひ読んでね。

この本で、チームの生産性を高めるのに大切だというのが、

  1. 高い心理的安全性
  2. チームに対する信頼性
  3. チームの構造が明瞭
  4. 仕事に意味を見出している
  5. 社会的に影響をもたらすこと

「世界最高のチーム」著:ピョートル・フェリクス・グジバシから引用

の5つでした。

これ全部できれば確実に生産性はあがりますよ!この中でも「心理的安全性」が最も大事だと著者は言ってます。

これから、

  • 心理的安全性とは何か?
  • 心理的安全性がないとどうなるのか?

などについてお話しします。

これを知れば、チームの生産背が劇的に上がります。なので、ぜひ読んで下さいね。

そもそも心理的安全性とは?

それでは「心理的安全性」についてお話します。

心理的安全性とは、

こんな発言をしたらリーダーからにらまれる、他のメンバーにバカにされるといった不安を持たず、本来の自分を安心してさらけ出し、それが受け入れられる場の雰囲気をいいます。同プロジェクトでは、そうした環境が担保されているチームほど高い生産性を発揮している、と結論づけました。

という意味です。

つまり、チームのすべての人が、

  • 恐怖や不安を感じない
  • 理不尽な査定や評価されない
  • 思ったことを素直に言える
  • バカな意見でも笑われない
  • 自分らしく自由に行動できる

職場の雰囲気のことです。空気のことですね。

この心理的安全性がない職場では、余計な仕事やトラブルが発生して生産性は最悪になります。

心理的安全性がない職場で生まれる心理的弊害

心理的安全性がない職場では、2つの心理的弊害が生まれます。

その2つの心理的弊害が、

  • 自己保身
  • 情報を共有しない

の2つです。

1.自己保身

リーダーやメンバーの本心が分からないので、自分も本心を見せないだから、自分を守るためにうわべで同調して建設的な意見を言わない!ようになります。

飲み会で「俺は上司に絶対に本音を言わない!」というセリフをよく耳にします。

心理的安全性がないと、各メンバーは殻に閉じこもります。

2.情報を共有しない

1.でも書きましたが、心理的安全性がないと、メンバーは、本音や建設的な意見を言いません。

また、上司やリーダーの言葉を

  • 真っすぐ聞かない
  • 自分事にとらえない
  • 歪んで解釈する
  • 心の中にとどめる

ようになります。

これが長く続くと、

  • 評価されるかもしれない…
  • いつか怒られるんじゃないか…
  • 首になったら嫌だな…
  • みんな嫌いになりそう…
  • ストレスがたまる…

と妄想して「雑念」が生まれます。雑念って心を支配しますよね。それが気になって仕事に集中できなくなります。

結果、チーム内でのコミュニケーションが滞って情報の共有ができません。情報の共有ができないチームでは生産性が上がりません。

このように心理的安全性がない職場では2つの心理的弊害により生産性が落ちます。

心理的安全性は「ぬるま湯」と紙一重

心理的安全性が大事なんだというのは、分かってもらえたと思います。ですが、その意味を履き違うと大変です。

実は心理的安全性は、「ぬるま湯」になる可能性もあります。チームの1人1人に甘えがあれば、快適な空間は、ただの「仲良しごっこ」になる可能性があります。

仲良しごっこでは、生産性は上がりません。

心理的安全性をしっかり機能させるために、以下をチームのメンバーで意識しましょう!

  • 大きな責任と使命感
  • ワクワクするビジョン
  • 絶対に叶えたい共通のゴール
  • 現実的に設定した目標

などですね。これがメンバー全員にしっかり浸透していないといけません。

グーグルで心理的安全性の成果が出たのは、ビジネスの厳しさをを全員が認識していたからです。その認識があって、初めて心理的安全性は機能します。

心理的安全性とビジネスの厳しさを上手く伝える方法があります。それが「安心・安全・ポジティブ」ですね。

  • 心理的安全性 = 安心・安全
  • ビジネスの厳しさ(前向き) = ポジティブ

とシンプルに言い表してます。

このスローガンは、ゴロもよく、すっと心に響くのでクライアント様におすすめしています。

ぜひ、試してみてね。

ポジティブな場とは何か?知りたい方は↓

心理的安全性がないと生まれる4つの不安!

1.無知だと思われる

心理的安全性がないと、

  • 何か聞かれて答えられないと恥ずかしい…
  • 馬鹿にされたら嫌だな…

という気持ちになります。

そのため自分の意見をはっきり言えない状態になります。

優秀なマネージャは、

  • 自分も知らないことはあると認める
  • 笑われるような意見にこそ、いいアイデアがある。
  • 間違うことにより覚える
  • ハッキリ意見を言うことで理解が深まる

ということで共通の認識を持ち、場を作ります。

この場づくりが心理的安全性です。

2.無能と思われる

作業が遅かったり、いつまでも仕事が完成しないと無能と思われるから委縮します。

また、上司の監督・管理や評価・査定に過度に敏感になり、上司に対して意見を言えず、本音を見せないようになります。

心理的安全性がないと、無能だと思われるのが嫌で、のびのび仕事ができなくなります。

優秀なマネージャーは、これを察知してフォローします。

3.邪魔していると思われる

  • 自分が無知で恥ずかしい…
  • 無能がばれた…

と思ってしまうと自分のセルフイメージが下がります。

傲慢な人は別として、謙虚な人ほど自分は他のメンバーの邪魔をしているんじゃないかと不安になります。

結果、どんどん思考がネガティブになり、建設的に思考できなくなります。

4.ネガティブになる

ネガティブになるとその人のパフォーマンスは下がります。

この状態になると、メンバー間での意思疎通や活発な行動ができないので、生産性がガタ落ちになります。

あのGoogleが伸び続けているのは、この心理的安全性がしっかり浸透しているからです。あの会社は環境づくりがすごくうまい!

  • 自分を理解してくれている安心な場所
  • おこられない・とがめられない安全な場所
  • 常に前向きなポジティブな空気

という場の空気をしっかり作り、チームに浸透させて心理的安全性を確保しましょう!

心理的安全性を高めるマネージャーの重要な役割とは?

心理的安全性を高めるには、優秀なマネージャーが不可欠です。

優秀なマネージャの役割についてのエビデンスは、1万人規模のGoogleの社内調査「プロジェクト・オキシジェン」にあります。

このプロジェクトで、チームのメンバーが優秀でも、マネージャの言動でパフォーマンスが大きく変わるのが証明されたのです。

そこで明らかになったのが、優秀なマネージャーの役割。心理的安全性を作るのもマネージャーの役割なんですね。

それは以下のとおりです。

  1. 良いコーチであること
  2. メンバーに過度な干渉・監督をしない
  3. 健康に過ごして最大のパフォーマンスを上げる
  4. 生産的で成果主義
  5. 活発に対話をして「良き聞き手」になる

などなど。その他の役割について詳しくはこれを見てね↓

心理的安全性を高める繁盛コーチングとは?

心理的安全性を高めるには、マネージャーの役割が大切。その中でも「1.良きコーチになる」が特に大切です。

心理的安全性を高めるためるならコーチングが必須です!

コーチングとは何か↓

コーチングはなぜ有効なのか?

コーチングの10の効果とは?

最後に心理的安全性のまとめ

いかがでしたか?

今日は心理的安全性の話をしました。

心理的安全性は、Googleが提唱してメルカリやGEなどの飛躍している企業が実践している考え方です。

詳しくは、ピョートル・フェリクス・グジバシ氏の「世界最高のチーム」で紹介されています。ぜひ、見て下さいね

この本で、氏はチームの生産性を高めるのに大切なことをあげています。

それは、

  • 心理的安全性
  • チームに対する信頼性
  • チームの構造が明瞭
  • 仕事に意味を見出している
  • 社会的に影響をもたらすこと

「世界最高のチーム」著:ピョートル・フェリクス・グジバシから引用

の5つでした。

中でも、心理的安全性が最も大事だと言っています。

また、心理的安全性は一歩間違うと「ぬるま湯」になります。生産性が上がらないどころか、逆に生産性を落とす結果になります。

そうならないために、

チームのメンバーで意識したいのは、

  1. 大きな責任と使命感
  2. ワクワクするビジョン
  3. 絶対に叶えたい共通のゴール
  4. 現実的に設定した目標

これらを意識的にメンバーに浸透させて共有することが大切です。

最後に、心理的安全性を高めるためにマネージャーの役割が重要です。

心理的安全性を高めるマネージャーの15の役割

心理的安全性を高める繁盛起業コーチングとは?

繁盛するためには、心理的安全性がある安心・安全・ポジティブな場が必要です。

その環境を作るために必要なのが、繁盛コーチングです。このブログには、繁盛コーチングに関する情報がたくさんあります!

また、繁盛するために何をすればいいのか?について有料講座でしかお伝えしていない情報期間限定でメルマガ無料公開中です。

ぜひ、この機会に繁盛の秘訣を手に入れて下さいね!

繁盛の秘訣はこちら↓

■無料で学べる失敗しようがない繁盛の法則■

★ワクワクしながら年商1億円★

僕が1000社50業種の社長をサポートしてきて分かった「失敗しようがない繁盛の法則」を出し惜しみなく公開しているオンラインプログラムが、今だけ無料で手に入ります!

ぜひ、繁盛の秘訣をたっぷり手に入れて、自分らしい起業に活かしてくださいね!

無料メール講座でお会いできることを楽しみにしています!

今だけ無料で試せる「失敗しようがない繁盛の法則」はこちら→

The following two tabs change content below.
”100%やりたい”を”ずっと稼げるビジネスの仕組み”に変える‐魂のビジネスモデル革新術!繁盛コーチ。1973年生まれ、神戸市在住。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社でシステムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事でないと退職。その後、30以上の職種を経験した後、起業家をサポートするため、平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に会社設立・許認可など4000以上の行政手続きを代行。その後、数百万円を使ってコーチングや経営ノウハウを学ぶ。現在は、コーチングにより、心からワクワクする”繁盛ビジネスモデル”の発見と4つのマネジメントツールで”数字の根拠”があるしっかり経営をサポートをしている。お客様に愛される”新時代の繁盛起業家”を育成することに人生をかける。クライアントは、建設業・運送業・広告会社・個人起業家・士業など多種多様。

人気記事トップ10

-マインドセット・習慣, 人生に役立つ情報, 起業・会社設立

Copyright© 魂の起業モデル革新術 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.