ワードプレス 集客・WEBマーケティング SEO対策(検索エンジン最適化)

【最新版2018年】検索結果が1位になって順位を安定させるSEO対策18選

更新日:

このページのコンテンツ

【最新版SEO対策法】検索結果が1位になって順位を安定させる私のSEO大戦略

あなたの記事は、検索結果で上位表示されていますか?

こんにちは!

士業・コンサルの「ヒットコンセプト」「ブログ集客」を研究している

起業革命家の小野馨です。

突然ですが、あなたの記事は、検索結果で上位表示されていますか?そして、その順位を維持できていますか?

今日は、「SEO対策」の記事です。

これまで私が実際にSEO対策をして

  • 検索結果1位になった!
  • 1ページ目にランクインできた!
  • 確実に順位が上がった
  • 検索順位が安定した!

という方法をまとめてみました。

今日のお話は、

星4つ ★★★★

の重要なお話です。

クセスアップにお悩みの方は、ぜひ参考にして下さいね。

起業革命家 小野

今回のSEO対策の記事は、以下のような方におすすめです。

  • ブログをはじめたけど、検索結果がぜんぜんあがらない…
  • どうしたらブログを見てくれるの?アクセスの増やし方を教えて?
  • 実のところSEO対策ってぜんぜんしたことがない…

こんな事で悩んでいませんか?

今日は、最新版のSEO対策法についてお話します。

SEO対策は「検索エンジン最適化」の事で、Googleなどの検索エンジンで検索結果の上位に表示するためのテクニックのことです。

士業・コンサル・こだわり起業家の見込客は、何らかの悩みを抱えている方がほとんどです。そして、日々、「その悩みの解決法はないか?」と検索エンジンで検索して、あなたのブログにたどり着くケースが多いと思います。つまり、この職種で集客しようとするとSEO対策が必須なんです。

なので、ブログもSEOにもっとも強いと評判の「WordPress(ワードプレス)」というブログシステムをおすすめしています。

今日は、「WordPress」で実際に効果的がでたSEO対策法を中心に解説します。もちろん、WordPressで使えるSEO対策法ですが、他のブログシステムにも十分応用できるので安心して下さいね。

とても有意義な記事ですので、最後までゆっくり見てくださいね。

ちなみにGoogle等の検索エンジンで「1ページ目」に表示されるのは、たった「10記事」です!

インターネットには星の数のブログがあります。その中で検索上位に表示されるのはほんの一握りです。

また、検索結果の1ページ目と2ページ目では記事を見てもらえる確立がぜんぜん違い、3ページ目はほとんど見てもらえません。なので、みんな1ページ目を本気で狙ってきます。

これから「1ページ目を本気で目指す」ために私が知っている『最新のSEO対策法』を公開したいと思います。SEO対策には、とても多くの手法がありますが、その中でも特に重要で普遍的なものをピックアップしています。

一つずつしっかり対策できれば必ず成果がでます。検索上位を達成するには「情報を知っている事」がとても重要。最後までしっかり読み込んで、あなたのブログ集客に役立ててくださいね。

検索順位1位をめざす!私のSEO対策法18選

SEO対策1 検索エンジンにブログを登録しよう!

「検索エンジン」の画像検索結果

日本で利用されている3大検索エンジンを知ろう!

冒頭にもお伝えしたように、士業・コンサル・こだわり起業家の集客は検索エンジンでの検索でお悩み事を解決する傾向があります。なので、ブログを作ったら検索エンジンにまずは登録する必要があります。

では、どんな検索エンジンに登録すればいいのでしょうか?

現在、日本で主に利用されている検索エンジンは、シェアの順に

  1. Google
  2. Yahoo!Japan
  3. Bing

の3つです。

以下のグラフを見てもらえると分かると思いますが、

seomatome01

2015年1月~2016年11月までの日本国内の検索エンジンの利用率は、

  • Google 約70%
  • Yahoo!Japan 約24%
  • Bing 約6%

となっています。

ですが、「Yahoo!Japan」は、2011年から「Googleの検索アルゴリズム」を利用しているので、事実上、YahooとGoogleの検索アルゴリズムは同じものです。

なので、Googleのアルゴリズム94%のシェアをとっているといえます。Bingは6%で今ではあまり重視されていません。結論としてGoogleのSEO対策が大変重要と言えます。

SEO対策2 検索エンジンに登録しよう!

①Google Search Consoleでブログを登録する! 

ブログを作っても、何もしないでいると、Googleなどの検索エンジンがあなたのブログを見つけるまでに相当な時間がかかります。そこで、「ブログ作ったよ!」と検索エンジンに教えてあげる必要があるんですね。

その方法が、『Google Search Console(グーグル サーチ コンソール)』に登録することです。「Google Search Console」は、Googleが無料で提供しているツールで、主に

  • 検索エンジンにクロールを依頼(インデックスさせる)する。(ここにブログ記事があると教える)
  • サイトマップを送信する。(このブログにはこんな記事があると教える。)

など、主にブログのことを検索エンジンに知ってもらうための機能があるツールです。

ブログを登録する方法は、以下にわかり易く書いてあるので、コチラをご覧下さい!

「Google Search Console」の登録方法と素早くGoogleに記事をクロールさせる方法

②Bingに登録をする。

他の2つの検索エンジンに比べBingはあまり知名度がありません。上述したようにシェアも6%程です。

Bingの特徴としては、

  • Microsoft社の検索エンジン
  • iPhoneからのスポット検索にBingが使われている

というぐらいですね。

iPhoneユーザーなら登録する価値はあると思いますが、僕としては基本Google対策をしていれば、Bing対策は不要であると思います。Bing対策に力を入れてGoolgeの検索順位が落ちてしまうと元も子もないです。

SEO対策3 Googleの検索アルゴリズムを理解しよう!

Googleは、世の中にあるほとんどのサイトをインデックスして、検索順位をつけて表示しています。

この順位付けをする時にドメインやブログがもつ200程の情報(シグナル)をプログラムにより、解析評価を行い、自動で順位付してます

このプログラムを「検索アルゴリズム」と言います。

検索アルゴリズムを理解することは、SEO対策の基礎を知ることです。細かい所を全て知る必要はないですが、重要なアルゴリズムは覚えてくださいね。

士業・コンサルの方向けに重要だと思うものを「【最新版】SEOに効果絶大の「Google検索アルゴリズム要因」だけを厳選公開」にまとめました。ぜひ、参考にしてください。

起業革命家 小野

コンテンツSEOのポイント

コンテンツSEOは、今のところGoogleが望む最高かつ最善のSEO対策だと僕は思います。このコンテンツSEOで特に大事な点は「信頼性」です。信頼性についてGoogleが公式に発表しているのが以下の事項です。

  • あなたはこのサイトを信頼できますか?
  • 専門家や詳しい人によりかかれた情報ですか?
  • クレジットカードの番号を伝えることができますか?
  • 誤字脱字がないですか?

SEO対策4 記事を作ったらすぐにクロール依頼を行なう!

納得のいく記事ができたらGoogleにクロール依頼をしましょう。これはページ毎のSEO対策としては欠かせない工程です。

検索エンジンは、クローラーと呼ばれるロボットがあなたのサイトに訪れて、あなたのサイトをインデックスしてくれます。一秒でも早く検索結果に表示したければ、自分のほうでGoogleに「できたからブログに来てな!」と自分から通知しないといけません。

検索結果に表示されなければSEO対策も何もありませんからね。

そのお願いをする機能が、『Fetch as Google(フェチ アズ グーグル)』です。Fetch as Googleでクロール依頼をすると、あなたの記事が書けたと伝わり、ロボットがクロールしにきます。ただし、クロールするタイミングはグーグルしだいという感じです。

毎日更新する人気のあるブログなら直ぐにクロールされると思いますが、最近できたばかりとか、あまり更新されていないブログなら時間がかかる場合もあるかもしれません。僕の経験から言うと、早ければ数分から数十分でクロールされます。

この機能は毎月500回まで使えますので、記事を作ったら直ぐに『Fetch as Google』してくださいね!

起業革命家 小野

Fetch as Googleを依頼する前のSEO対策の注意点

Googleにクロール依頼をする前に以下の点を確認してくださいね。Goolgeは中身の薄いコンテンツを嫌います。中身がない記事をクロールさせてしまうと、その記事だけでなく、ブログ全体の評価を落として検索順位をさげるおそれがあります。今までの努力を無駄にしないよう気をつけましょう!

  • 利用者の役に立つ中身のある記事を書いているか
  • 文字数は少なすぎないか
  • 誤字脱字はないか
  • 何度か見直して読みやすい文章になっているか

【大至急】Fetch as Googleで素早くGoogleにクロールを依頼する方法

SEO対策5 利用者が満足する質の高いコンテンツを創る

Goolgeは、はっきりとウェブマスター向けガイドラインで、「利用者が満足するような質の高いコンテンツを創るように」と公表しています。これはGoogleのウェブマスター向け公式ブログ『良質なサイトを作るためのアドバイス』にしっかり書かれています。

また、それに関して僕がまとめた『Googleが求める「質の高いコンテンツ」と良質なブログを書く秘訣』も参考にして下さいね。

「検索エンジンの利用者を満足させること」がGoogleの最高の目標で存在意義なので、「利用者を満足させられない質の低いコンテンツはいらない!」ということなんです。

いい方は悪いですが、「できの悪いコンテンツばかり作りやがって!クロールの無駄やんけ!削除(順位圏外)」ということでしょう。Googleも商売ですからね。できの悪いブログスパムサイトは営業妨害なんです。

この良質なサイトを作るためのアドバイス』という公式ブログの記事が、GoogleSEO対策の最高の指針だと僕は思っています。なのでコンテンツを重視して検索上位を目指そうという「コンテンツSEO」に僕も力を入れています。

コンテンツSEOについて詳しくは、「【保存版】ブログのアクセスを激増させる「コンテンツSEO」の方法と効果」を参考にして下さいね。

起業革命家 小野

コンテンツSEOのポイント

コンテンツSEOは、今のところGoogleが望む最高かつ最善のSEO対策だと僕は思います。このコンテンツSEOで特に大事な点は「信頼性」です。信頼性についてGoogleが公式に発表しているのが以下の事項です。

  • あなたはこのサイトを信頼できますか?
  • 専門家や詳しい人によりかかれた情報ですか?
  • クレジットカードの番号を伝えることができますか?
  • 誤字脱字がないですか?

SEO対策6 クロールして欲しくない記事は「 noindex nofollow」にする。

質の低いブログ記事は、その記事の検索結果を下げるだけでなく、ブログ全体の評価も下げてしまいます。つまり、適当な記事のために、自信作の順位がさがることがあるのです。

なので、あなたがこれから作る記事はすべて良質なコンテンツにしましょう。

ただ、問題はこれまで書いてきた記事です。あなたが「これじゃあ、利用者が満足しないだろうな…」と思う記事は、あえてクロールさせないようにしましょう。

  • 途中で書くのを止めた記事
  • 利用者にあまりメリットがなさそうな記事
  • キーワードが弱くアクセスなさそうな記事
  • 会社概要やプライバシーポリシーなど

つまり、検索エンジンに「見ちゃダメー!」って言いたくなるような記事です。「何!ほとんど?」じゃあそれ全部を「noindex nofollow」して下さい。

WordPressならこれが簡単に設定可能です。評価を下げないようにするために「noindex nofollow」にしましょう。

noindexは、Googleなどの検索エンジンにインデックスさせないこと。nofollowは、クローラーに記事を巡回させないこと。要するにこの記事は評価に入れないでということです。

基本的にnoindex、nofollowをすすめる記事

  • アーカイブページ(月別アーカイブ)
  • タグページ
  • 質の低い記事
  • 固定ページ

詳しくは『noindex・nofollowの役割-適切なSEO対策のための使い方』を見てくださいね。

起業革命家 小野

「削る」という選択もあり!SEOのポイント

ブログを書き始めたころは、上手くかけないのが当然です。「せっかく書いた記事だから、ないよりはある方がいいんじゃない?」と思いがちです。でもね、ない方が良い場合があるんです。

僕も最初の頃は、

  • 記事数が少ないからもっと記事を増やそう!
  • せっかく書いたんだから一つでも多く残そう!

と少し記事の質が悪くても記事を書き続けていました。

そうすると見事にPVも順位もあがらへん…

結局、アクセスが増えるようになったのは、だめな記事をnoindex、nofollowして、良質な記事だけ書くようになってからです。

増やすことばかり考えず「削る」という選択肢も考えてみてくださいね。

ですが、最低でも3,000字程度。読みやすく役に立つコンテンツにしましょう。

SEO対策7 定期的にリライトする!

ブログの記事は一度書いたら安心してしまい、そのままにしてしまう方が多いと思います。ですが記事はアップした後の方が大事なんです。

記事は定期的に見直してリライトすることで、SEO対策になり記事の検索順位を上げることが可能です。リライトといってもむやみやたらに記事を書き直すのではなく、

  • タイトル
  • 記事の内容
  • 記事の掲載期間
  • ブログ全体のパワー

などいろいろな事を観察・検証しながら少しずつリライトしていくことをおすすめします。

どのようにリライトするのがいいのか?について明らかな根拠となるGoogleの公式な発表はありませんが、自分で実践した経験を積み重ねて、肌で習得していくしかないと思います。

SEO対策として効果的にリライトする秘訣は

  1. さらに利用者のためになる有益な情報を載せる。
  2. 伝わりやすいシンプルな文章にする。
  3. 内容を何度も推敲する。
  4. 誤字脱字がないかチェックする。
  5. 最新で正確な情報に書き換える。

など、いくつかのポイントがあります。リライトについて詳しくは、「 ブログ記事の文章をリライトするコツとリライトのSEO効果 」を参考にして下さい。

SEO対策8 タイトルが何よりも大切と知る!

SEO対策にはタイトルが凄く重要になります。特に重要な3つの要素について説明します。

  1. クリック率を挙げる魅力的なタイトル
  2. キーワードの選定
  3. キーワードの配置
  4. タイトルと記事内容の同一性

1.クリック率を上げる魅力的なタイトルにする

リライトを行う際に併せて見直したいのが記事のタイトルです。
タイトルにキーワードを盛り込むことはもちろん大切なことですが読者さんの読むかどうかの判断基準にもなります。
実際にあなたも検索結果画面では記事のタイトルと概要(ディスクリプション)でクリックして読むかどうか判断された経験はないでしょうか?
読者さんも同じです。
【クリック率が5倍】反応率が劇的に上がる魅力的な「タイトル」のつけ方を参考にしてください。

2.キーワードの選定

また、記事とタイトルの内容がマッチしているのか?
記事内にもキーワードが盛り込まれているのか?
という事も意識をして見直してみるとリライトの効果がさらに上がります。

キーワードの選定にはGoogleキーワードプランナーを。
キーワードの出現頻度のチェックはSEOチェキ!という無料ツールを僕は使っています。

Googleキーワードプランナーの登録方法は『【2016年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方と登録方法』の記事で詳しく解説していますので、まだ使ったことのない方はこの機会に使ってみるといいですよ!

3.キーワードの配置

作成中

4.タイトルと記事内容の同一性

作成中

SEO対策9 サイトマップを送信する。

ブログを作ったら以下の2種類のサイトマップをつけることをおすすめします。これを付けることにより利用者の利便性とGoogleの評価が上がり、結果としてSEO対策になります。

  1. PS-AUTOSitemap
  2. XMLSitemap

どちらともWordPressのプラグインでインストールできます。これらは2つともサイトマップですが、見せる対象者がまったく違います。

1.

Google Search Console」でサイトマップの登録を行ないましょう。右上の「サイトマップの追加テスト」という赤井ボタンをクリックして、サイトマップの登録を進めて下さい。

WordPressでブログを作った場合、「XML Sitemap」というプラグインが非常に使いやすくて便利です。この「XML Sitemap」をインストールして有効化した後、、「Google Search Console」でサイトマップ(sitemap.xml)を登録してください。

サイトマップの登録について詳しい説明はコチラの記事

 

サイトマップに登録をしたら、2~3か月に1度程度で問題ないのでサイトマップやインデックスのエラーがないか確認を行います。
もし、ペナルティーを受けてしまった場合はGoogleから通知がありますので必ずチェックを行ってください。

クロールエラーはGoogleがあなたのサイトに情報を収集しに来た時にURLが見つからない時、主に警告がでます。
*エラーの詳細は必ずこれとは限りませんので確認をしてください。

サイトマップエラーは、送信したサイトマップ内のURLでページが見つからない時、主に警告がでます。
*エラーの詳細は必ずこれとは限りませんので確認をしてください。

これ自体がそこまで大きなSEO対策になるかどうかは微妙でありますが、エラーとして表示されますし、たとえポイントが1だったとしてもその積み重ねが大きな効果になるので、暇なときに僕はやっています。

SEO対策10 SSL(HTTPS)対応をする

SSL(Secure Sockets Layer)は、通信を安全にするための暗号化技術です。つまり、ブログのセキュリティーを上げて、安全に使えるようにした仕組みのことです。

通常、サーバー設定をしたばかりの時は、

 

SEO対策11 いわゆる「スマホ対応」にする。

Googleは2015年4月にスマホ対応を推奨し、2016年10月には今後PCとスマホの検索結果を切り分けると発表しました。

PCからのアクセスを前提にした専門的なサイトでもない限り、今スマホ対応をしていないのは正直なところかなりマズいです。
試しにあなたのサイトのアクセスOSを調べてみてください。

Googleアナリティクスのレポート画面でシステム内のオペレーティングシステムでOS別のアクセスを調べることができます。
主に見るのは『Windows(主にPC)』『iOS(iPhoneやiPad)』『Android(スマホやタブレット)』『Macintosh(マックPC)』です。

 

ほぼアクセスがスマホの場合は、レイアウトをスマホの画面の解像度に併せて最適化させるのが効果的です。

僕のブログの様に半分くらいの割合の場合は、スマホ表示対応(レスポンシブ)なテーマを使えば解消することができます。
僕が実際に使ったうえでお勧めするWordPressテーマは以下の3つです。

アクセスしてくれる読者さんがストレスなく読めるようにすることはコンテンツSEOにもつながりますし、離脱率や滞在時間、PV数等にも影響を及ぼすので、最低限のスマホ表示対策はしておいた方がいいですよ!

SEO対策12 モバイルフレンドリーテストをしてみる

スマホ用にあなたのサイトが最適化されているかどうかは、Googleのモバイルフレンドリーテストでチェックすることができます。
まだチェックしたことのないか方は、無料で使えるので、この機会にやってみてください!

⇒『モバイル フレンドリー テスト』ページへ

スマホは持ってるけどパソコンがないというのは、若い女性や年配の方には多く、スマホの閲覧者がパソコンの閲覧者を越えました。

この現状に早急に対応してスマホSEO対策を行なう必要があります。

SEO対策13 AMP対応でスマホを高速化する

スマホ表示を高速化する為には、AMP対応をします。

AMPとはAccelerated Mobile Pages(アクセルレイテッド モバイル ページズ)の略で、GoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。
簡単に言うと、AMP対応をさせる事でスマホからの読み込み速度を上げることができます。

SEO対策14 ブログの表示速度を上げる

サイトの表示速度対策も必要ですね。
興味があった記事をクリックしたら表示されるまでに2,3秒以上かかると「もういいや」とページを閉じてしまったことはありませんか?

インターネットにつなぐ回線の速度もありますが、PCはもとよりスマホでの表示が遅いと先にお話ししたようにページを閉じられてしまう可能性が高まります。

表示速度を測り改善するためには、GoogleのPageSpeed Insights(ページ スピード インサイト)を使うと便利です。

 

PageSpeed Insightsのページへ

70点以下は遅いです。

SEO対策15 SNSを活用しよう

SNSを活用してサイトを上位表示しようといってもピンとこないかもしれませんが、フェイスブック、ツイッター、はてなブックマーク、アメブロなどの拡散力はバカにできません。

GoogleもSNSからの流入をカウントしているため、SNSからの流入が検索結果に影響をあたえる可能性は十分にあります。基本的に、GoogleAnalytics等に表示される情報は全て意味があり、検索結果に影響を与えるものと考えるほうが合理的です。

多くのマーケッターやSEOコンサルタントもこのような考えに基づいてSEO対策を行なっております。

検索エンジン経由からのアクセスが少ない初期のころも、SNS経由でアクセスアップができます。検索エンジンとSNSのユーザー層が違うため今までリーチできなかったユーザーの流入が狙えます。

はてなブックマークは、バズるとやばいくらいアクセスが集まるのでおすすめです。

SEO対策16 リンク切れがないかチェックをする

SEO対策で欠かすことができないのが、内部SEO対策ですね!

WordPressでは、プラグインやテーマの仕様で関連記事が自動表示されるようにできます。
しかし、これだけではなく記事内にも積極的に関連記事情報を掲載して読者さんが情報を拾いやすくするのも効果があります。

検索をするユーザーは、欲しい情報や抱えている悩みや欲求を解消したくて調べています。
しかし、その情報が1記事内で完結できない場合は、ページを閉じられてしまい他のサイトへと行ってしまいます。

そうならない為に検索してきたユーザーを読者さんとして迎え、あなたのサイト内で完結ができるようにすると、ユーザーニーズに応えている=質が高いと強化されますし、ページ内の回遊数が増えてPV数が増え、滞在時間も増えますので総合的にSEOの効果が期待できるようになります。

一通り目を通してくださった方なら気づくと思いますが、コードの記述を変えるなどシステム的なことは行っていません。理由は読者はシステムや構造ではなく記事(コンテンツ)を目的としているため、とにかくユーザー目線で作ることに注力したほうが圧倒的に効果があったからです。

特にWordPressの場合は、システムの更新は定期的にありますし、ここでも紹介した有料のテーマを使えばまず構造上のペナルティを受ける事がほぼないからです。(今のところ使っているテーマでペナルティなどを食らったことは一切ありません)

記事のリライト、コンテンツの見直しをする時に外部リンク切れがないかチェックしましょう。リンク切れがあると、せっかく興味を持って頂いた利用者を失うことになります。また利用者の信頼を失うことはGoogleの評価も下がります。

サイト内には、さまざまな内部リンク、外部リンクがあり利用者が思いのままに記事を移動することにより、ページビュー数も増えるのでSEO対策にもなります。

WordPressでリンク切れをチェックする際には『Broken Link Checker』というプラグインが簡単でお勧めです。

SEO対策17 セーフブラウジングでペナルティーをチェック

Googleはの2016年9月23日アップデートもって『質の低いリンクがあるサイト』や『スパムと判断されてしまうサイト』中心に評価を下げるペンギンアップデートをリアルタイムで実施することを発表しました。

検索順位が落ちてしまうと、アクセスだけではなく集客や収益にも影響してしまうので、自分のサイトにその対象になる記事やページはないか?チェックをするようにしています。

Google セーフブラウジングとは、「マルウェアに感染したホームページや不正に作成されたホームページにユーザー がアクセスしようとしたときに警告を表示させる仕組み」です。
セーフブラウジングを利用すると、不正なホームページにアクセスすることを防ぎ、ユーザー を個人情報漏洩の危険から守れます。

Google セーフブラウジングとは

Google セーフブラウジングは、ウェブの安全性を高めユーザー の個人情報を保護するためにあります。
不正なホームページは、大きく分けて2種類あります。
ユーザー に不正なソフトウェアをインストールさせるものと、正当なホームページになりすましユーザー アカウント やパスワードを入力させるフィッシング サイトです。

Google の「透明性レポート」によると、Google セーフブラウジングを利用しているユーザー は10億人います。
ブラウザ で警告表示を見たユーザー の数(一週間あたり)は、4月2日の時点で16,671,431ユーザー にのぼります。
この数字は、不正ホームページにアクセスして個人情報が漏洩されていたかもしれないところを、Google セーフブラウジングによって免れた数です。
Google セーフブラウジングがプライバシー保護に大きく貢献しているといえるでしょう。

警告表示の種類

不正なホームページにアクセスしようとして表示される警告には3つの種類があります。

・アクセス先のサイトで不正なソフトウェアを検出しました
不正なソフトウェアをインストールさせようとする場合に表示されます。

・偽のサイトにアクセスしようとしています
アクセスしようとしたホームページ フィッシング サイトである場合に表示されます。

・アクセス先のサイトには有害なプログラム があります
アクセスしようとしたホームページが、ブラウザ 上で有害なプログラム をインストールさせようとする場合に表示されます。

SEO対策18 専門家又は詳しい者の情報であること

Googleは、ウェブマスター向けの公式ブログで専門家としての情報であることが、利用者の信頼性につながる最高の情報であり利用者の役に立つと認めています。

専門家であることを証明する情報をサイトに書くことがあなたのブログの評価を上げることにつながり、検索結果で上位表示される要因になります。

専門家であることの証明

  • 士業ならば「国家資格」や「登録番号」
  • 健康系のサイトは医者や薬剤師

などがあげられます。

起業革命家 小野

専門家である資格を証明するのは「国家資格」や「登録番号」で直ぐに証明できます。

問題は詳しいものであることの証明です。

これには

  • 実証・検査データ
  • 成分分析データ
  • 信頼できる書籍や文献からの引用

などが上げられます。

口コミなどのユーザー体験も数が集まれば信用できる証拠になりえると私は考えます。

最適なSEO対策についてまとめ

いかがでしたでしょうか?

今日は、SEO対策についてお話してきました。

SEO対策は、

  • 昔のように外部リンクを購入
  • 無駄なページをたくさん作る
  • IPアドレス分散した自作自演の被リンク

等のスパムとされるような外部SEO対策は意味がなくなりました。現在の主流は、内部SEO対策の「コンテンツSEO」です。

コンテンツSEOは、一朝一夕にはできません。長い時間をかけて利用者の役に立つコンテンツを配信し続けることでしかなしえないものです。ですが、そのコンテンツSEOの結果をGoogleに評価されると、ずっとあなたの手元にブログが資産として残ります。

努力以上の価値が手に入るコンテンツSEOは、きっとあなたの今後のビジネスの最高の武器になると思います。

今日も最後まで見て頂き、ありがとうございます。あなたのブログ運営の参考になれば幸いです。

それではまた他のブログも見てくださいね。

良かったらフェイスブックの「いいね」や「はてブ」もお願いします!

 

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

-ワードプレス, 集客・WEBマーケティング, SEO対策(検索エンジン最適化)

error: Content is protected !!

Copyright© 超実践的ブログ集客起業塾 USP起業革命アカデミー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.