SEO対策(検索エンジン最適化)

【最新版】SEOに効果絶大の「Google検索アルゴリズム要因」だけを厳選公開

更新日:

このページのコンテンツ

SEO対策に効果が特に大きい、「Googleの検索アルゴリズム要因」だけを厳選して公開

Googleの検索結果を決める「検索アルゴリズム」について

Googleは、検索順位を決定するための要因に検索アルゴリズムを使用しています。今回は、その要因を厳選してお伝えします。

検索順位を決めるGoogleの検索アルゴリズムは、基本的には「非公開」です。

今回は、Search Engine Journal で公開されている情報を基に、

  • Googleがその存在を認めているもの
  • 多くの著名なSEOの専門家が示しているもの
  • ある程度の根拠と信憑性があるうわさレベルのもの
  • まことしあかにささやかれている都市伝説レベルのもの

など独自で調査した200以上あると言われる検索アルゴリズムに関する情報をたよりに編集しました。

なので、この情報は100%の効果を保証するものではありません。

ですが、

  • Googleが公式に発表しているもの
  • 多くの著名なSEOの専門家により実践と検証を経て情報提供されているもの
  • 私の経験と実績で確証を得ているもの

を根拠に公開しています。

それをご理解頂いた上で、あなたの自身の判断でSEO対策にお役立て下さい。きっと成果があがると信じています。

また今回は、特に士業・コンサル・こだわり起業家のブログが上位表示するために効果的だと思うものを厳選しました。

あなたのSEO対策の参考になると幸いです。

検索アルゴリズムをリスト化して公開!ブログ運営者には重要な情報です。

ブログ運営者が気になる「検索アルゴリズム」を厳選公開

こんにちは

士業・コンサル・こだわり起業家の「ヒットの法則」や「ブログ集客」を研究しています。

起業革命家&行政書士の小野です。

今日は、「検索アルゴリズム」のお話です。Google検索品質評価ガイドラインも参照下さい。

検索アルゴリズムは、Googleが検索エンジンを運営する上で、その根幹となる技術で、自社のブログを上位表示したいブログ運営者が最も気になる情報の一つだといえるのではないでしょうか?

今日は、その検索アルゴリズムを厳選したリストを公開します。最後までゆっくりご覧くださいね。

ユーザーが求める情報を提供するのがグーグルの最高目標です!

Googleは、ユーザーのニーズをみたす検索結果を表示することを目標のトップに掲げています。

そのため、世の中に存在する数多くのサイトをユーザーのニーズをみたす順番に順位付けして、素早く検索エンジンに表示しなければなりません。そのために使用するのが検索アルゴリズムです。

アルゴリズムとは、


問題を解くための数学的計算手順。算法ともいう。具体的には、プログラミング言語を使って、問題の解決手順を記述したものを、コンピューターのプログラムと呼ぶ。それを実行すると、有限時間内に解が得られるものが正しいアルゴリズムである。

知恵蔵の解説を引用

 

Googleは、アルゴリズムによりそれぞれのサイトが持っている200以上の要因を自動で分析・評価して検索順位を決定します。

Googleが利用するアルゴリズムは頻繁に変更されており、常にユーザーが求める最善の情報を検索結果に表示しています。

今日は、200以上ある検索アルゴリズムの要因の内、士業・コンサル・こだわり起業家のSEO対策にとって重要と思うものを厳選しました。しっかり理解してあなたのブログのSEO対策にお役立て下さい。

サイトに関する要因

サイト構造

サイトの構造を最適化することは、上位表示を目指すために欠かせない要素です。HTMLサイトの構造を最適化することは、素人には難しいためWordPressでのブログ運営をおすすめします。WordPressのテンプレートには、強力なSEO対策が施されたものがあり、テンプレートとプラグインを導入するだけで、ご紹介した多くの要因をみたすブログ作れます。ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

サイトのページ数

ページ数そのものを増やすだけでは、検索順位に影響はしません。むしろ、質の悪いページを量産すると、マイナス要素となり自動ペナルティーを受ける可能性もあります。ユーザーのニーズをみたす質の高い記事を手間と時間をかけて作成することが検索アルゴリズムに評価される近道です。

ブログ更新頻度

今話題になっていることや鮮度の高いタイムリーな情報を書くことで、検索アルゴリズムの評価が上がる可能性があります。Googleは、常に新鮮さに関するアルゴリズムを更新しています。ただ、サイトを更新するだけ新しく記事を書くだけをもって検索上位に表示されることはありません。

Googleの2種類のツールへ登録

Googleの2つのツールに登録することでインデックスされやすくなります。登録をするだけで直接的なSEO効果があるわけではないですが、Googleが提供するツールにより、Googleに分かりやすい形で適正に通知をすることで検索アルゴリズムに正しく評価してもらうことができます。通知・改善報告の最適化は、検索要因にプラスに働くといえます。

Search Console(サーチコンソール)

Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスのことです。自分のサイトが Google 検索結果に表示されるようにするために Search Console に登録する必要はありませんが、登録するとブログが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

「Google Search Console」の登録方法と素早くGoogleに記事をクロールさせる方法

Google Analytics

Googleアナリティクスは、ブログにきたユーザーがどのような行動をしたのかに関するデータが取得・分析できます。

  • サイトの訪問者数はどれくらいか
  • どのくらいのページを閲覧したか(ページビュー)
  • ページの滞在時間は?直帰率は?
  • 訪問者はどこから来たのか
  • 使われたデバイスはスマホかパソコンか

などのデータを計測することができます。

サイト構造の見える化(Sitemap[サイトマップ]、パンくずリスト)

ユーザーに分かりやすく、Googleの検索エンジンに分かりやすくサイトの内部を案内することは、検索エンジンの目的にかなっており、アルゴリズムに評価させる要因になります。XMLサイトマップパンくずリストがその良い例です。これらを設置することでユーザーに優しいブログ運営と評価されます。インデックスを促進する要因になります。間接的に検索結果の上昇に影響する可能性は考えられます。

AMPへの対応

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、簡単に言うとモバイルページを高速表示させるための手法です。

もともとAMPは、2015年10月にモバイルユーザーのユーザー体験向上を目的としてGoogleとTwitterが協同して立ち上げたプロジェクトのことでしたが、今ではAMPは、この団体が作った「AMP HTML」のことを指すようになりました。

これまでGoogleは、明らかにAMP対応が検索順位に影響を与えると言っていませんでしたが、2018年7月からモバイル検索に限り、ページ表示速度を検索アルゴリズムの要因とすることを公式に発表しました。モバイル集客には、今後AMP対応は必須です。

ユーザー体験・口コミ

モバイルのユーザー体験・ユーザビリティーがランキング要因として使用されることからみると、ユーザー体験の重要度は、より大きくなっていきそうです。Googleは、レビューや口コミをローカル検索やプレイス検索に活用しています。

スーザー体験(UX)

サイトの不具合やページエラー

サイトメンテナンスやサーバーダウンによって、1週間以上サイトにアクセスできなくなったら、インデックスから削除されてしまう可能性が高いです。2~3日間で復旧できれば、検索結果やインデックスに影響を与えないかもしれない。しかし、1週間から1か月かかる場合は、検索結果から削除されてしまうでしょう。

IPアドレス

Googleは、サーバーの場所もコンテンツを把握するために使用しているので、自分の国のサーバーを利用することが無難といえるでしょう。

HTTPS(サイト証明書)

Googleは、HTTPSが検索アルゴリズムのシグナルであると公表しています。今後は大きな要因となりえると考えられ、特に多くの個人情報を扱うサイトは早急に対応するべきです。HTTPSへの移行方法はGoogle Search Consoleのヘルプにも掲載されています。これから長い期間をかけて強化していくべき要因です。

サイトの信頼性

サイトの信頼性をはかる要因として、以下の情報が利用されている可能性があります。特に個人情報に関しては、一般的に秘匿度が高いため、開示する行為自体が信頼できる要因と言えるのではないでしょうか。

  • プライバシーポリシー
  • コピーライト表記
  • 情報開示方針、再配布方針
  • About us
  • お問い合わせ
  • 住所、氏名、電話番号など個人の情報

メタ情報の重複

タイトルタグやメタディスクリプションが重複している場合、フィルタリングされて検索結果に表示されないページが発生する可能性があります。

モバイル端末対応とこれまでの流れ

Googleは、以下のモバイル端末対応を評価要因としていく方針です。モバイルユーザーが検索結果から簡単にアクセスできない記事は、順位を下げる可能性を示唆しています。

また、2018年7月からAMP対応サイトはモバイル検索結果で高評価することを発表しました。今後モバイル対応は、さらに重要な要因になると思います。

  • スマートフォンの対応の有無
  • モバイル フレンドリーかどうか
  • AMP対応しているか

アフィリエイトプログラム

オリジナルのコンテンツがまったくないアフィリエイトサイトは、検索ランキングを大きく下げる可能性があります。商品アフィリエイトページは、商品説明やレビューなどを元の販売者からコピペしてそのまま記事に掲載することが多く、これも独自性がない検索アルゴリズムに判断される要因になります。

ブランド名

多くの人に認知され支持されるサイトや直接検索される「ブランド名」のサイトは、Googleから高い評価を受けます。Googleは、ブランド力のある人気サイトの場合、検索結果に一つのページだけではなく複数ページを表示して、ユーザーが検索結果から直接それらのページにアクセスできるよう利便性を上げています。

また、ブランド力のあるサイト運営者にとっては、これはかなり目立つ表示となるため、サイトのクリック率のアップが見込める圧倒的なメリットがあります。

情報の更新

ブランドは、情報の正確性や専門性を常に最新の状態に保つことが求められます。検索品質評価ガイドラインでは、医学、お金、法律等について具体的に例示。検索品質評価ガイドラインでも、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の”E-A-T”の高いページを検索結果に表示させたい。

ページに関する要因

キーワードの配置

タイトルタグ

最も重要な検索評価を上げる要因です。タイトルタグに入れる「キーワード」に何を選ぶか?つまり、最適な「キーワードの剪定」が重要です。検索結果で目立つように「キーワード」を配置すると検索結果を見たユーザーのクリック率が上がる傾向があります。

【必見】SEO対策に強いブログを作るためのキーワードの選び方を大公開

メタディスクリプション

現在でもスニペットのキーワード部分は太字表示で強調されることからも、引き続きランキング要因となっています。250文字程度のスニペットに適正にキーワードを配置することを意識しましょう。また、スニペット内の文章もクリック率を挙げる要因なので、しっかり心に届く文章を書きましょう。

H1、H2等の各種のタグ

H1タグにキーワードを配置することも重要です。WordPressを利用してブログを作ると「タイトルタグ」と「H1タグ」は同じの場合が多いです。なので、H2以降のタグを意識する必要があります。できればH2やH3などのタグにも、自然にキーワードを配置する事が望まれます。

コンテンツ(本文)

タイトルと違う本文を書くことはないと思いますが、本文にキーワードを含むことが要因のひとつです。特に記事の先頭(200文字以内)に、キーワードを入れるのが効果的だと言われています。お役立ち情報などの「補足」は、コンテンツの質を高めるため、順位を上げる要因になりえます。

キーワードの語順や密度

キーワードの語順は、完全に一致しているほうが関連性が高いと判断されます。ただし、ロングテールキーワードの場合は影響が少ないようです。キーワード密度は、ランキングに影響しません。しかし、キーワードを不自然に詰め込みすぎるとマイナスに働きます。

画像・動画

画像や動画などを活用してユーザーが見やすい、分かりやすいコンテンツにすることは、グーグルの目標であるユーザーのニーズを充たすことにつながるため、コンテンツの質を高め、検索順位を上げる要因となりえます。

画像の最適化

画像の内容を検索エンジンに伝える努力も評価の対象です。現在、画像自体の内容をアルゴリズムは把握できませんが、画像の

  • ファイル名
  • alt属性
  • 画像下の解説
  • 周辺の文章

などで伝えるようにすることが重要です。

ページのレイアウト

ページレイアウトアルゴリズムは、ユーザー体験を損ねているサイトの評価を下げます。サイト上部のスクロールしないで見える領域に、広告がたくさんある場合は要注意です。2015年11月の検索品質評価ガイドラインでは、コンテンツを”front and center”に配置することが重視されています。スクロールしないで見ることができる範囲にメインコンテンツを配置するべきです。

文法の正しさ・誤字脱字

綴りや文法の正しさが直接要因にはなりません。しかし、ユーザーの使い心地に関する重要なことであるため、間接的な要因としては意識するべきです。評判の良いブログやコンテンツがしっかりしているブログは、記事の作成者が正しい綴りや文法を用いて記事を作成している傾向にあり、そうあるべきとGoogleは認識しているのではないでしょうか?

コピーされたページやブログ内の類似コンテンツ

重複するコンテンツ(コピーページ)

重複するコンテンツが存在するとどちらかのコンテンツは評価を下げるよ要因になります。酷い場合は「ランキングの低下」や「インデックスの削除」になる可能性もあります。重複があった場合、先にGoogleが認識したページを元のページと評価します。これはブログを先に書いたかどうかではなく、先にGoogleがブログを認識したかどうかなので、記事を作成したらこまめに「FechAsGoogle」でGoogleにクロールを依頼し、直ぐに認識させておくことをおすすめします。

ブログ内の類似コンテンツ

ブログの中に同じような構成の似た内容のコンテンツがたくさんある場合、サイトの評価が下がる要因になります。重複したコンテンツは、rel=”canonical”で正規化する対策をすることが望まれます。

記事の品質に関する要因(質、量、有益性、話題性、鮮度etc)

高品質で有益なコンテンツ

”有益”と”質”というキーワードは同じような意味合いで使用されることが多いですが、有益なコンテンツと高品質なコンテンツには違いがあります。Googleもその点を区別している可能性が高いようです。

話題性・情報の鮮度

話題性・情報の鮮度が上位表示の要因となる場合があります。「最近の出来事や注目のトピック」、「定期的に発生するイベント」、「繰り返し更新されるもの」です。

記事の文字数

文字数が多いほど、質の高いコンテンツと評価されやすい傾向にあります。現在、文字数は明らかなランキング要因となっており、日本語なら「4000文字以上」が目安とされています。

ページの表示速度

ページの表示速度は、2012年から日本でもランキング要因となっています。すごく遅いとマイナスですが、早いとプラスになるわけではありません。ランキング要因としては小さなものですが、ユーザーエクスペリエンスに大きな影響を与えます。2秒以内にページを読み込むことが、Googleにもユーザーにも効果的な1つの基準とされています。ブラウザ上での表示速度など、Chrome上でのユーザーの活動をランキング要因として使用しているという議論があります。しかし、2012年にマット・カッツ氏は、Chromeのデータはアルゴリズムに使用していないと明言しています。真実は?

更新の新規性と頻度、リライト

コンテンツの更新がいつ行われたのかということが少なからず影響を与えています。カフェインは、アルゴリズムのアップデートではなくインデックスの刷新でしたが、間接的にランキング要因に関係しています。Googleのジョン・ミューラー氏は、更新頻度は重要ではなく、質が重要であると明言しています。ただし、更新頻度が要因ではないとは言っていません。古いコンテンツをリライトして情報をアップデートしたり、わかり易くすることはユーザーにとっても好影響を与えます。

人により編集されているか

Googleは、自動生成コンテンツやスクレイピングなどのコンテンツファーム対策を行っています。人の手による編集かどうかを判断するための特許も取得しています。ランキング要因かどうかは不明です。

 情報源や参照元の開示

情報源や参照先を明確にすることは、質を高める要因となりそうです。情報源に関する要因が多いので、通常検索でも使用されていると考えるのが自然です。

リンクと質と数(発リンク、内部リンク)

発リンクの質と数

「質の高いサイトは、質の高いサイトへリンクする」という考えから、質の高いサイトへリンクすることは、信頼性の要因を高める可能性があります。発リンクが多すぎると、ページランクの流出、ユーザー体験の低下などの悪影響が発生する可能性があります。リンク先のコンテンツの内容を、関連性を把握するための要因として使用している可能性があります。

 内部リンクの数と質

内部リンクの数は、ページの重要性を示す要因となります。上位表示されている強いページから、弱いページへ内部リンクすることで、ページランクを渡すことができます。Google検索品質評価ガイドラインによると、リンク切れは、ページの質に関係する要因の一つです。

上位表示されている他のキーワードの数

様々なキーワードで上位表示しているページがある場合、他のページの質を高める要因となる可能性があります。

ページランク

グーグルツールバーには、ページランクがちゃんと表示されていました。今後はページランクの表示は更新されない可能性が高いです。しかし、検索アルゴリズムとしてのページランクは生きており、これからも重要な要因となります。ページランクがいくつかを確認する手段はありません。

ブログ記事の年齢

ウェブページの新しい・古いは、ランキングに影響します。しかし、どちらがプラスになるのかは状況次第です。なお、Googleは、新しいコンテンツを好む傾向にありますが、これは古いコンテンツをアップデートすることも含まれています。

ユーザーの反応に関する要因

 直帰率

Googleは、直帰率をランキング要因として使用していないと明言しています。しかし、パンダアップデートの影響を受けたサイトの多くが、直帰率が高いというデータもあります。間接的に何かの影響を与えている可能性は高そうです。

滞在時間

ブログ内滞在時間は、不正に操作されやすいのでランキング要因ではないと考えられます。しかし、データの裏付けなどに使用されている可能性が高く、多くのSEO専門家が重要な要因だと判断しています。

検索結果のクリック率、リピーターの数

Googleは、クリック率は要因ではないと明言しています。しかし、検索結果のクリック率が高いページは、ランキングを押し上げる要因となるというのがSEO専門家の通説です。ブログ全体のコンテンツのCTRが高い場合、さらにプラスになる可能性があります。リピーターの多いサイトは、プラスになるという議論があります。噂レベルかもしれません。

ドメインに関する要因

ドメインオーソリティー

オーソリティーが高いサイトのページを高く評価します。薬に関する詳細な情報をもっている医療関係のサイトは、オーソリティサイトとして順位を押し上げることになる。ランキングの”コンセプトとして”、ページオーソリティーやドメインオーソリティーという名称のシグナルは利用していないと、SMX West 2017 で Google社員が明言しています。URL単位でのランキングにフォーカスしているためです。

ドメインの年齢

ドメインを取得してからの時間はアルゴリズムに使用されていますが、特に重要というわけではありません。Googleのマット・カッツ氏によると、取得6か月のドメインと1年のドメインにほとんど違いはなく、オールドドメインを購入するよりも、コンテンツ作りに時間をかけるべきという趣旨の発言をしています。

ドメインの契約期間

ドメイン管理会社との契約期間を意味します。Googleの特許によると、長期契約されたドメインよりも1年契約のドメインの方が、スパム目的に利用されやすいという傾向があるという記述があります。そのため、長期契約のドメインは信用されやすいという予測が生まれたわけですが、特許にあるからといってアルゴリズムに使用されているわけではありません。

ドメインのWhois情報(公開の有無、履歴、所有者のペナルティー)

公開の有無

マット・カッツ氏は、Whois情報はなるべく公開した方が良いと、2006年のコメントしています。Whois情報を公開していないサイトは、何かやましい理由があると予測できるためです。

変更の履歴

 ドメインの所有者が(Whois情報)頻繁に変わると、Googleによってサイトの履歴がリセットされる可能性があります。ドメイン履歴のリセットに関係する条件は、9つ程度あるようです。

所有者のペナルティ

Googleは、ドメインの所有者がスパマーであると特定している場合、その人物が運営する他のサイトも調査をします。

リンク元サイトの関連性・質

自サイトと関連するサイトからのリンクは、無関係のサイトからのリンクより高く評価されます。Hilltopアルゴリズムは、ページと関連性が高いページからのリンクを高く評価します。ページランクが高いサイトからのリンクは、ページランクが低いサイトからのリンクよりも高く評価される可能性が高いです。オーソリティーがあるサイトを高く評価するアルゴリズム自体は存在します。ページランクの高いページからのリンクは、特に強力な要因です。

リンク元のドメインの古さと被リンクの年齢

古いドメインのサイトからのリンクの方が、高く評価される可能性があります。Googleも同様の評価を下している可能性があります。被リンクの年齢は、古いほうが評価が高く、新しいほうが評価が低い傾向にあります。しかし、一概にいえるわけではなく、他の要因との関係も影響しています。

URLへのリンク

ホームページドメインへのリンクは、重要視される可能性があります。

高評価できる被リンク

オーソティーサイトからのリンク

オーソリティーサイトからのリンクは、他のリンクより高く評価されます。

 教育機関・政府機関のリンク

教育機関や政府機関のドメインからのリンクは、自動的に高評価されるわけではありません。しかし、これらの機関は良質な被リンクを得ていることが多いため、リンクを獲得すると高評価を得られやすい傾向にあります。

競合サイトからのリンク

通常は競合サイトからの被リンクは受けにくいものです。それでもリンクを獲得しているという点で検索アルゴリズムの評価は上がる可能性があります。

ガイドライン違反のサイトからのリンク

Googleのガイドラインを違反していたり、ペナルティを受けているサイトからのリンクは、マイナスに働く可能性があります。

相互リンク

過度なリンク交換は、悪影響を与える可能性があります。過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること。

リンクの多様性・重複なしの被リンク数

重複なしのリンク数は、大きな評価要因です。同じサイトからリンクを獲得するよりも、様々なサイトからリンクを獲得するほうが検索順位が向上します。様々なソースからのリンクが集まるのが自然です。しかし、リンクが質の低いディレクトリやブックマークサイトに偏っている場合、Googleのガイドラインへの違反にあたる不自然なリンクとしてみなされる可能性があります。

総被リンク数

同じドメインからのリンクを含む総被リンク数は、重複なしのリンク数と同様に要因の一つです。ドメインに被リンクを獲得すると、他のページのランキングにも好影響を与えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンクなどと表記されいているリンクは、通常のリンクよりも低く評価される可能性が高いです。

リンクの場所による評価

文章中のリンク

コンテンツ(文章中)のリンクの方が、空白のページよりも高く評価されます。

コンテンツ・フッター・サイドバーの場所

コンテンツ(文章中)の初めの方に設置されるリンクの方が、後ろのリンクよりも重要視されると考えられています。しかし、文章構造の異なる日本語の場合も同様であるかは定かではありません。フッターやサイドバーからのリンクよりも、コンテンツ内のリンクの方が高く評価される可能性が高いです。サイドバーなどの共通部分からのリンクは、全部を1つとして評価しています。なお、ウィジェットを使用したリンクビルディング施策は、Googleが明確なガイドライン違反の対象であるとしています。

感情分析

2013年の時点で感情分析を使っていません。しかし、お店などのローカル検索には、感情分析を使用しています。2017年10月のカンファレンスで Google ゲイリー・イリェーシュ氏は、感情分析ではないものの、ソーシャルメディアでの評価をブランドの判断材料にしていることを示唆しました。つまり、ポジティブな評価がたくさんあるブランドは、信頼性が向上する可能性があります。

肯定・否定的なリンク

Googleは、肯定的なリンクをプラスに判断する機能をもっているようです。肯定的なリンクと反対に、否定的なリンクはマイナスに作用する可能性があります。

 

139. ナチュラルリンクの効果被リンクがナチュラルリンクで構成されていることは、とても大きな要因です。リンクビルディング戦略の柱です。

DMoz: 世界最大規模の登録型ディレクトリサイトである DMoz からのリンクは、恩恵を受けるというのが過去の通説でした。

Yahoo!カテゴリ: 長い間 Yahoo! カテゴリからのリンクを受けている場合、”わずか”な恩恵を受けているはずです。

発リンクの数: 多すぎる発リンクは、ページランクの観点からあまり推奨することはできません。Googleは、”妥当な数”と表現しています。しかし、多すぎるからといってペナルティを受けるわけではありません。

スパムに関する要因

スパムに対して、サイト全体に影響を与えるのではなく、スパムのシグナルに基づいてランキングを調整するようになりました。 リンクされているサイトではなく、リンク元のサイトがスパムかどうか判断していることをGoogleのゲイリー・イリェーシュ氏がMarketing Land のポッドキャストで明らかにしています。

リンク販売

リンクを販売するとGoogleから制裁を受けます。もちろん購入した人も。2014年に、日本で7つのリンクネットワークが対策を受けています。

上部の広告に関するスパム

サイトの上部のスクロールしないで見える部分が、広告で埋め尽くされているようなサイトの評価を下げるアルゴリズムです。

キーワードの乱用(コンテンツ、メタタグ)

コンテンツ内部

Googleの「キーワード乱用」では、次のように明言しています。ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります。

 メタタグ

コンテンツ同様に、メタキーワードにキーワードを詰め込むことは、マイナスになる可能性があります。メタディスクリプションにキーワードを乱用すると、マイナスになる可能性に加えて、スニペットが正しく表示されてなくなります。

隠しテキストやリンク

過剰にキーワードを隠す行為は、偽装行為としてみなされる可能性があります。ユーザーに見えないようにリンクを過剰に設置する行為も、偽装行為とみなされます。

無関係・不自然・スパムサイトへのリンク

無関係なサイトからのリンクが大量にある場合、そのリンクが評価に値するのかチェックされることがあります。アルゴリズムだけでなく手動の対応の可能性もあります。行き過ぎたリンクビルディングは、ペナルティの対象になります。ガイドラインに違反するリンク集めは大きな代償を伴います。Googleから不自然なリンクの警告を受けた場合、不自然なリンクが無効になるかペナルティを受けることになります。

手動ペナルティ

手動によるペナルティを受けている場合、Googleウェブマスターツールの「手動による対策」で確認することができます。

不正なリダイレクト・ポップアップによるスパム

Googleの「不正なリダイレクト」では、次のように述べています。検索エンジンのクローラが認識したコンテンツと異なるコンテンツを表示することを意図して、ユーザーを別のページにリダイレクトすることは、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反にあたります。ポップアップなどのインタースティシャル要素は、サイトの評価を下げるだけでなく、正しくインデックスできないことがあります。

IPアドレスのスパム

サーバーIPアドレスがブラックリストに入っている場合、そのサーバーの他のサイトの評価を傷つける可能性がわずかにあります。同じIPアドレスからのリンクがたくさんあり、ネットワーク化しているとみなされると、大きく順位を下げることになります。2015年10月5日に、ハッキングを受けている可能性が高いサイトを検索結果から除外するためのアルゴリズムをアップデートしました。

再審査リクエスト

ペナルティ解除のために、再審査リクエストを送る必要があります。なお、再審査リクエストを何度も送らなくても、再審査してもらえるケースもあるようです。

誘導ページ

Googleは2015年3月17日に、検索エンジンのためだけに作成された誘導ページを取り除くためのアップデートを近日中に実行することを発表しました。誘導ページの具体例を確認すると、アフィリエイトサイトも大きな影響を受けることが予想されます。Google ではユーザーに表示される検索結果の品質向上を目的として、より適切にこのような種類のページに対応するためのランキングの調整を近日中に開始します。大規模かつ入念な誘導キャンペーンを実施しているサイトは今回の変更によって大きな影響を受ける可能性があります。

最後に検索アルゴリズムのまとめ

いかがでしたでしょうか?

取り急ぎ、士業・コンサル、こだわり起業家がブログを運営する上で、ブログSEO対策に有効と思われる検索アルゴリズムをピックアップしました。

検索アルゴリズムは、Googleが最も力を入れているところなので、更新が頻繁に行なわれて、ノウハウの移り変わりも激しいです。

この記事も順次更新して、よりあなたのブログ運営のお役に立てるように頑張っていきますので、また、たまに覗きに来てくださいね。

よかったらSEO対策やアクセスアップに関する他の記事も参考にしてくださいね。

最後まで見て頂きありがとうございました。

 

 

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

-SEO対策(検索エンジン最適化)

error: Content is protected !!

Copyright© 超実践的ブログ集客起業塾 USP起業革命アカデミー , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.