会社設立には法定費用がかかります。

  

主な会社の設立にかかる法定や代行報酬について

会社の設立には、法律で定められたいろいろな費用(以下、法定費用)がかかります。 かかる費用は会社の種類により様々ですが、株式会社と合同会社について法定費用がいくらかかるのか 詳しく解説します。

また、書類作成や登記申請を行政書士や司法書士等の専門家に依頼する場合は、 代行手数料も必要となります。

  

株式会社の法定費用と代行報酬

T.公証人手数料

株式会社の定款は、公証役場で公証人に認証してもらって初めて効力を生じます。 公証人は、裁判官や検事等の法律専門職を歴任して退官した後、法務大臣により任免される法律事務のスペシャリストです。

公正証書の作成や定款の認証など大変重要な書類の作成を助けてもらえる頼もしい方々です。 、定款の認証を公証人に行ってもらうための公証人に支払う手数料のことです。

★いったいいくらかかるの?
公証人手数料(定款認証) 5万円

★どうやって支払うの?
これは定款の認証のために公証役場に行った際に、 謄本代や印紙代と一緒に現金で支払います。 支払後、公証人から領収書が交付されます。

U.定款の謄本代及び紙代

定款の認証後、定款の謄本が交付されます。その定款の謄本の交付に必要な費用が1部700円です。 定款の謄本は、通常会社保存用と法務局提出用を2部取得します。
紙ベースでの謄本を請求した場合、用紙1枚につき20円の紙代がかかります。

また、定款認証時、公証役場によっても違いますが、通常は電子定款を記録する記録媒体(通常はCD)等を持参します。
記録媒体を50円〜100円で用意してくれるところもありますが、公証役場によって微妙に違いますのであらかじめ確認が必要です。

★いったいいくらかかるの?
定款の謄本代1部 700円
紙代1枚につき 20円
記録媒体CD1枚 50〜100円

★どうやって支払うの?
公証人の認証手数料と同時に公証役場で現金で支払います。 支払後、公証人から領収書が交付されます。

V.登録免許税

会社設立の最終段階である登記申請の際に登録免許税を支払います。 登録免許税は、株式会社と合同会社の設立では金額が違い、 合同会社のほうが少ない登録免許税で設立できます。

★いったいいくらかかるの?
株式会社15万円 合同会社6万円

★どうやって支払うの?
株式会社設立で15万円、合同会社設立で6万円の登録免許税が必要です。 登録免許税は現金ではなく、それぞれ必要な額面の収入印紙を登記申請書に添付して 収めることになります。収入印紙は、法務局か郵便局にてお買い求めください。

W.印鑑作成費用

会社設立には、登記の際に法務局に登録して、設立後に会社の意思決定に関する書類や重要な契約に 使用する「代表者印」、銀行口座に使用する「銀行印」、領収書や請求書等に使用する「角印」や「ゴム印」 等の各種印鑑が必要になります。印鑑の相場は、はんこ屋により違いますが、通常は1本1万円ほどかかります。

★いったいいくらかかるの?
会社印3本セット(代表者印、銀行印、各印)

★どこで買うの?
町で見かけるはんこ屋やコーナンやシマホ等のホームセンターで購入できますが、 一番のお奨めは、インターネットのハンコショップです。格安でいい印鑑を販売している業者もありますので ぜひ、いろいろとお探し下さい。

また、当事務所でも大手印鑑屋と業務提携して、いい印鑑をお安くご提供させていただきます。 ぜひ一度、お問い合わせ下さい。

  

株式会社の代行報酬

V.登録免許税

会社設立の最終段階である登記申請の際に登録免許税を支払います。 登録免許税は、株式会社と合同会社の設立では金額が違い、 合同会社のほうが少ない登録免許税で設立できます。

★いったいいくらかかるの?
株式会社15万円 合同会社6万円

★どうやって支払うの?
株式会社設立で15万円、合同会社設立で6万円の登録免許税が必要です。 登録免許税は現金ではなく、それぞれ必要な額面の収入印紙を登記申請書に添付して 収めることになります。収入印紙は、法務局か郵便局にてお買い求めください。

その他の会社設立費用の詳細 1 専門家への代行費用 続きを専門家に依頼される場合は、平均10万円から15万円の会社設立代行費用が必要です。弊社では、会社設立年間実績250件以上の実績で、業界平均の半額から10分の1程度の費用で会社設立をサポートします! 2 印鑑作成費用 印鑑の作成にかかる費用は、1本8千円から1万5千円が相場です。会社設立印鑑の弊社では、印鑑作成費用が市場価格のほぼ5割引!会社設立印鑑の費用を抑えたいお客様は、ぜひ弊社にお問合せください! 3 資本金及びその払費用 厳密に言えば費用ではありませんが、会社設立には資本金のご用意が必要です。資本金に関しては、当サイト内の資本金についてをご参考ください。資本金を銀行に振込む際には、銀行の振込み手数料100円から400円の費用が必要です。 4 交通費など移動にかかる費用 公証役場や法務局までの交通費や資本金払込みに必要な銀行手数料などです。

対応地域 【北海道】 【東北】青森・秋田・岩手・宮城・仙台・山形・福島
【関東】東京・神奈川[横浜]・埼玉・千葉・栃木・群馬・新潟・山梨・長野
【北陸】富山・石川・福井 【東海】静岡・愛知・岐阜
【近畿】大阪・兵庫[神戸]・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重
【中国】鳥取・島根・岡山・広島・山口 【四国】徳島・香川・愛媛・高知
【九州】佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 【沖縄】
大阪で会社設立

電話かメールにてお問合せ下さい。

 

トップへ戻る