3秒で顧客を魅了して21世紀に愛される起業家になる自分革命を起こす!

menu

USP起業革命アカデミー|21世紀的黒字化で勝ち続ける起業・会社設立-勝利の方程式

起業革命家&行政書士 小野馨のプロフィール

今や情報ビッグバン時代!「ライバルに埋もれそう…」そう嘆いていませんか?

3秒で選ばれ起業家になる革命的覚悟がありますか?

 

起業革命家&経営専門行政書士 小野馨

 

<目指すもの>

時代に取り残されていると嘆いている経営者を救うこと

人と人がつながるこれからの時代に、選ばれるようになるお手伝い

 

【起業の原点】

 

 

 

<何をやっている人?>

 

情報が溢れ、それに埋もれそうになる時代

「専門家」として、新しいビジネスを始める(起業する)方も多いですね。

 

ですが、ビジネスそのものの考え方を知らないがために、

集客がうまく出来なかったり、

値決めがうまく出来なかったりして、

思うように稼げない方も多くいます。

 

起業する殆どの人が、大して稼げずにやめていきます。

 

専門家として個人でシゴトをするのに必要なものは、

・価値ある商品・サービス

・それを提供するお客様、場所

ですが、

 

それら全てに関係してくるのが

「言葉のチカラ」です。

言葉のチカラを磨かずして、

売り上げアップどころか

気づいてもらうことすらもできません。

 

言葉が変われば、

反応が変わる。

 

言葉が変われば、

売り上げが変わる。

 

言葉が変われば、

世界が変わる。

 

そんな専門家が

言葉を磨きつつ、

ウェブを使って有効な発信を

していくための方法をお伝えしています。

 

 

言葉磨きをしたいなら、

まずは、

こちらを手に入れてくださいね!

<略歴>

神奈川生まれ、東京育ち。

某都内進学校に進むも、「誰もが特にやりたいこともなく『とりあえず大学進学』という選択肢しか考えていない」ことに疑問を持ち進学するのを辞める。

その変わりに何ができるのか?と当時の無知なアタマで考えた道が、

高校時代にバンド始めたことをキッカケに、「ミュージシャン」を志すことでした。

 

しかし、

ただやりたいことをやっているだけで、

ビジネスにはならずに、

ファンができることもなく挫折。

 

運良く音楽教室に雇ってもらい、

年間200回近いバンドセミナーを講師として2年間続ける。

 

独立を視野に入れてきたころに、

「会社の看板に人は集まり、自分には集客力がない」ということ

「メソッドではなく、人にファンが付くのだ」ということ

に気づき、

「自分独自の売りってなんだろう?」と悩み始める。

 

人に教えるインストラクターとしての能力と

ファンを作る集客能力はまるで違う!

その大きなギャップに気づいたものの、

解決策がわからずに

途方に暮れました。

 

それと同時に

リーマン・ショックなどの景気の変動で、通っていた生徒が辞めていく現状を見て、

「楽器の演奏を教えて、楽器がうまくなったその先に、

 どんな豊かな暮らしが提供できるのだろう?」

自分のやっていることにも疑問を持ち始める。

 

本当に楽器演奏を楽しめる人を増やすには

「その人の楽器スキルとビジネスを結びつける」

「趣味を存分に楽しめる豊かな個人」を増やすしか無いという結論に至る。

 

独自のウリを求め、豊かな個人を増やしたいと考えていた時に、

現在の師匠である鉾立さんに出会い、

「独自ウリ?そんなものは今のあなたにあるわけない!」と根底から考えを覆され

「ビジネスのやり方を知り、実践し、それを人に教えてみないか?」と提案され、

音楽は好きだったものの、「音楽しか道が無い」と囚われていた自分に気づき、

そんな自分を開放し、音楽の道を離れて、

起業家をプロデュースするというフィールドで活動を始めるに至りました。

 

 

寝食を忘れて没頭できるくらい好きなモノをビジネスにできる人や

趣味を存分に楽しめる豊かな人を増やすことが私の目標です。

 

<夢・想い>

クリエイターズスタジオを創りたい!

ミュージシャンだけに限らず、

その中には、イラストや動画、

新しいツールなど、

いろんなものを生み出せる能力を

持った人がたくさんいます。

 

ですが、

「創る」ことが大得意な人は

「情報発信」が苦手だったりもします。

 

そんな人達だからこそ、

「USP」という武器を使って、

シンプルに効率的に情報発信する方法を

使ってほしいのです。

 

また、

クリエイター達は

何をするにもお金がかかったりします。

 

例えば、私は音楽活動をしていたわけですが、

楽器買うのもお金がかかり、

習うのもお金がかかり、

練習するにもお金がかかり、

シゴトにするまでにもお金がかかり…

 

利益を生み出すまでに、
かなりの時間とお金がかかります。

 

 

クリエイターが

もっとマーケティングを知っていたら…

もっと制作しやすい場所があったら…

もっと発信しやすい場所があったら…

 

もっともっと面白い世の中になるのでは?

そんなことを思い描いています。

 

そのためには、

もっともっと多くの人に

伝えていかなければなりません。

 

今のビジネスの延長線上には
常に「クリエイターズスタジオ」
のビジョンがあります。

 

<趣味・特技>

特技

分析。三度の飯より分析好き。戦略を考えること。

テキストを創ったり、体系化すること。

 

趣味

楽器演奏、楽曲制作、漫画を読む、

動画作成、ホームページ作成、画像作成

とにかく「創る」ことが大好き。

 

嗜好

ブリティッシュアンティークや推理モノ、

ハリー・ポッターの世界観が好きです。

 

好きな食べ物

白いご飯、麺類全般(うどん、ラーメン)

特に丸亀生面(うどん)は大好きで、良く香川にも食べに行きました。

カフェオレ(砂糖なし)、甘いチョコレートと一緒に食べる

お酒は比較的強いが飲まない。

 

家にポメラニアン3匹を買っています。

黒1匹 茶色2匹

 

個性心理学(素質論)

ちなみに動物占いは「放浪の狼(001)」です。

我が道を行くタイプで戦略家です。

考えすぎるほど考えてますが、

考えすぎて動けないこともあるのが玉に瑕。

 

個人的には動物占い(素質論)は

起業で成果を作るには知っておいて損はないと考えています。。

素質別に、強みを伸ばす方法がありますので。

 

起業実話「”ゆずりは”が見た夢 ~自分だけの価値を探して~」

さらに詳しく、人生のターニングポイントごとに記事にまとめてみました。

第一話 少年時代の記憶が起業の原点〜

私が起業をしようと決めたキッカケ。
それは私が生まれる前まで遡ります。
私の両親は個人事業主でした。
バブル期、建築関係の仕事をしていたので、
家計はそこそこに潤っていました。
しかし、バブル崩壊とともに家計は急転直下。
一家離散し僕が思い描いていた将来はなくなりました。
その時強く感じたことは「全てを失っても立て直す力をつけなくてはならない」ということ。

雲梯の上に立ちカッコつける、
ヒーローに憧れていた頃

その2〜好きなことを仕事にしたかったのに本気の覚悟がなかったバンドマン時代〜

誰も持っていない価値を手に入れたい。
そう渇望していた私はバンドマンになりました。
バンドには「唯一無二の自分だけの価値が生まれる」そう思ってました。
楽器も役割も違います。
そうやって、「唯一無二の価値」に固執していた
私はバンド活動に没頭していったのですが、
ある視点が欠落していました。

 

その3〜ムチャぶりで身につけた「逆算思考」〜

「俺はバンドで唯一無二の価値を生み出すんだ」と
威勢よくフリーターをやっていた、
夢しかない無謀な畠山少年は、
当然、そんなもので収入が得られること無く
アルバイトを余儀なくされます。
しかし、そのアルバイトが、普通の仕事とはちょっと違ったので、
責任重大だった反面多くの学びを得ることになりました。
その時に学んだことはかなり今の起業家としての活動に生かされています。

 

 

その4〜「笑顔が見たい」というお客様視点の芽生え〜

「若い、スキル無し」そんな状況から始まった
老人ホームでの厨房責任者時代。
この過酷でありながら
とてもやりがいのある仕事から得られた事は
起業家としてやっていく上で、
かなり大きなものでした。
それは
「いいことだけに集中すること」と
「青写真を描くこと!」

 

その5〜起業・独立に大切な視点に気づいた音楽講師〜

厨房での責任者という経験経て「音楽を教える」
という自分にとって最高の仕事を手に入れました。

しかし、やりがいがある反面、
自分の力の無さを目の当たりにして、
自信をなくすることになりました。

そこにはビジネスをやる上で避けなければならないことがありました。
もしそれがなければ、自信をなくすことはなかったかもしれません…

その6〜USPとは自分独自の売り・強み?〜

USPは独自のうりではなかった!?
音楽を教える仕事は正に天職!
といえるような楽しい仕事でありながら、
心身ともに消耗の激しい日々を送っていました。

その理由は、自分以外の人になろうとしていたから。
自分に合わないやり方を続けていると
いくら好きな仕事でも負担になります。
また、起業独立を考えいく中でも
大きな問題を抱えていた時に人生を変える師匠との出会いがありました。

その7〜自分の想いの源泉に気づいた時、強い起業する理由になる〜

【なぜ起業したいの?】自分の想いの源泉に気づいた時、強い起業する理由になる

 

その8〜半年間売り上げゼロ起業家の覚醒〜

【畠山勇一起業物語】その8〜半年間売り上げゼロ起業家の覚醒〜

 

その後

【前編】使えない社員だった時の年収を、4ヶ月分の収入が上回った「戦略」の話 

【前編】使えない社員だった時の年収を、4ヶ月分の収入が上回った「戦略」の話

 

【後編】使えない社員だった時の年収を、4ヶ月分の収入が上回った「戦略」の話

【後編】使えない社員だった時の年収を、4ヶ月分の収入が上回った「戦略」の話

 

 

起業してからも波乱続きだった私のビジネス。

ここからは起業してからの話。

第一章:ミイラ取りがミイラになってしまいました。

恥ずかしい話ですが、
起業家のためのコンサルタントを名乗ってから
半年間売り上げがなかったのでアルバイトしていました。
集客の専門家のくせに、集客できていませんでした。

 

起業革命実践的7ステップ

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930