風の時代のお金の稼ぎ方

【警告】オックスフォード大学が発表した10年後に「消える職業&なくなる仕事」

オックスフォード大学が発表している10年後になくなる仕事について

士業・コンサルもなくなる仕事に入っています!

簿記・会計・監査の事務員、税務申告代行者、給与・福利厚生担当者など、我々士業が行なっている仕事の一部もなくなる仕事に含まれています。

それをあらかじめ知って今後対策をとる事で、未然に失業の危機を回避することができます。

そしてこれからどのような仕事を目指すべきなのか?いま真剣に考える時が来ています。

仕事はほぼ半減する

(註)オズボーン氏の論文『雇用の未来』の中で、コンピューターに代わられる確率の高い仕事として挙げられたものを記載

「コンピューターの技術革新がすさまじい勢いで進む中で、これまで人間にしかできないと思われていた仕事がロボットなどの機械に代わられようとしています。

たとえば、『Google Car』に代表されるような無人で走る自動運転車は、これから世界中に行き渡ります。そうなれば、タクシーやトラックの運転手は仕事を失うのです。

これはほんの一例で、機械によって代わられる人間の仕事は非常に多岐にわたります。私は、米国労働省のデータに基づいて、702の職種が今後どれだけコンピューター技術によって自動化されるかを分析しました。

その結果、今後10~20年程度で、米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったのです」

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる—そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

そのオズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、いま世界中で話題となっている。

同論文の凄味は、702の職種すべてについて、コンピューターに取って代わられる確率を仔細に試算したことにある。

言うなれば、これから「消える職業」「なくなる仕事」を示したに等しく、これが産業界に衝撃を与えているわけだ。

右に載せたのは、そうした「消える、なくなる」可能性の高い主な仕事である。いずれもコンピューターに代わられる確率は90%以上という驚くべき数字が弾きだされている。

オズボーン氏が言う。

講談社ホームページより抜粋

The following two tabs change content below.
1973年生まれ、神戸市在住。慶応義塾大学通信教育課中退。風の時代に、100%やりたいことで心から幸せになりながら、ずっと稼いでいける起業をサポート。平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業と会社設立・許認可を代行。その後、数百万円を使ってコーチングや起業ノウハウを学ぶ。最愛のパートナーと人を幸せにする事業を数多く展開中。

人気記事トップ10

  • この記事を書いた人

風の時代のしあわせ起業 小野馨

1973年生まれ、神戸市在住。慶応義塾大学通信教育課中退。風の時代に、100%やりたいことで心から幸せになりながら、ずっと稼いでいける起業をサポート。平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業と会社設立・許認可を代行。その後、数百万円を使ってコーチングや起業ノウハウを学ぶ。最愛のパートナーと人を幸せにする事業を数多く展開中。