HOME -> 会社設立手続きの流れ

設立手続きの流れについて

会社設立に関する手続きは、初めてされる方には少々複雑なように感じられるでしょう! 法律や何種類もの役所に通い、補正や訂正で無駄な時間を費やすこともあります。 基本的には、我々会社設立の専門家の代行を利用して頂ければよいのですが、ご自身でされたいといわれるお客様に、 設立手順をご紹介します。以下の手順を参考に手続きをして下さい。

1 会社概要の策定・決定

会社設立の前段階です。後々の運営も視野に入れて、会社の形態(株式会社・LLPの別)・資本金・組織・営業年度・株主への配当の方法などを決めます。 今後の会社の運営を左右する最も大事な過程ですのでじっくり時間をとり、落ち着いて決まられることをお奨めします! 弊社の完全代行サービスでは、この工程からご相談いただけます。お気軽にお電話下さい!

2 印鑑作成【類似商号調査】

会社法施行後は類似商号はなくなりました。商号を考えたらすぐにでも会社の印鑑を作成することができます。但し、まったく同じ本店所在地に同じ商号では登記できません。『本店名義貸し』などの場合は注意が必要です。

3 目的適格性調査

目的とは、会社が行う事業の内容のことです。原則として、上限は決まられていませんが15個程度にしましょう。あまり多いと取引先などに『多角経営でこの会社は大丈夫か』という判断もされかねません。統一性がある範囲内では、将来的に行う予定の事業を記載しておくとよいでしょう。 目的は適法性・具体性・明確性を求められます。違法なものや漠然としたものは目的とすることはできません。目的は書店で売られている目的の専門書や法務局に備え付けの帳簿がを参考にして作成します。 目的が完成したら、法務局に出向き登記官に確認をしてもらっていれば後々安心です。

4 定款及び設立書類の作成

設立事項が決まり、目的の確認が終了したら、いよいよ定款やその他の書類の作成です!

5 資本金払込み(通帳コピー取得)

会社設立の前段階です。後々の運営も視野に入れて、会社の形態(株式会社・LLPの別)・資本金・組織・営業年度・株主への配当の方法などを決めます。 今後の会社の運営を左右する最も大事な過程ですのでじっくり時間をとり、落ち着いて決まられることをお奨めします! 弊社の完全代行サービスでは、この工程からご相談いただけます。お気軽にお電話下さい!

6 法務局にて登記申請

会社設立の前段階です。後々の運営も視野に入れて、会社の形態(株式会社・LLPの別)・資本金・組織・営業年度・株主への配当の方法などを決めます。 今後の会社の運営を左右する最も大事な過程ですのでじっくり時間をとり、落ち着いて決まられることをお奨めします! 弊社の完全代行サービスでは、この工程からご相談いただけます。お気軽にお電話下さい!

7 会社設立後の手続き

会社設立後は、税務関係・社会保険関係・銀行口座開設などさまざまな手続きが残っています。それらの手続きに備え、法務局で登記簿謄本や印鑑証明書を取得しておきましょう!



キャンペーン


設立手続きの一連の流れについて知りたい お客様にぜひ検討して頂きたいことがあります。
もし、あなたが「どうやったら会社を早く・確実に・そしていかに安く 設立できるか?」その方法を検討されているならば、 3万円を無駄にしないためにも 少しだけ貴重なお時間をください。
どこよりも安く・確実に会社を作りたいなら以下のボタン からご覧下さい。

最安で早く・確実に会社設立をしたい方はこちら