【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

人生に役立つ情報 経営戦略・ノウハウ

民泊ショック!?届出が低調の住宅宿泊事業法【民泊新法】とは?何がダメなのか?

更新日:

民泊ショック!?届出が低調の民泊新法は何がダメなのか?

民泊届は低調ぎみ…ぶっちゃけ民泊はどうなる?

住宅にお金をもらって外国人旅行者などを泊める「民泊」。その民泊が6月15日に新法により解禁になりました。

法律が施行されるまでは、かなり盛り上がって、東京オリンピックに向けて、ホテル不足を補う救世主になるのではと注目されていた民泊。いざ蓋を開けてみると、なんと1カ月前でも全国約720件しか届出されてないらしく、なんと「届出がない!」という所もあるみたい。

新法が施行されたら届出が殺到して大変なことに…と期待されていたのですがどうやら現実は違ったようです!

今日は、低調な民泊届…ぶっちゃけどうなってしまうのか?

真剣に考えてみましょう!

「民泊」を始めたい人は気になりますよね…

こんにちは

集客が得意な行政書士「集客書士」の小野です。

いよいよ始まりましたね。

当事務所では、神戸・京都・大阪民泊届代行サービスを開始しました。

  • 届出を急がれている方
  • 書類作成が面倒な方
  • 要件を知りたい方

は、ぜひご覧下さいね。

 

みなさん様子を見ているんでしょうか?

 

そんな中、今日のニュースでエアビーの違法営業放置事件。まさに民泊ショックの様相を呈してきました。

 

あれだけ盛り上がっていた民泊。これから一体どうなってしまうのでしょうか?

 

今日は、新法の中身と民泊業者の思いについて深く切り込んでみたいと思います。

 

民泊新法ってどんな法律なのか?

 

まずは、新法の概要と届出の手続きについて具体的に見てみましょう!

 

民朴新法とはどんな法律

 

民泊を知りたいなら「民泊ポータルサイト minpaku」を見てみよう!

「minpaku」は国土交通省が運用している民泊の専門サイトです。

 

まずは、敵を知らなければなりません。民泊のことを知るには「民泊ポータルサイト」を見てみましょう!

 

 

民泊届出すると商売にならない!これじゃあ締め出しじゃないか?!

 

届出の具体的要件とは?

 

これまでは民泊を規制する法律はありませんでした。この6月15日に民泊を法律上、正式に認める「民泊新法」が開始されました。

今日は、民朴にゼロという地域さえある。数万件以上が営業していた従来とは様変わりだ。解禁を機に民泊をやめるという人たちに理由を聞いたところ、厳しい規制と煩雑な手続きが浮き彫りになった。きちんとルールを守ろうとする「真面目な人」ほど継続をあきらめる矛盾も垣間見える。

 

 

これにより

 

「観光庁に問い合わせたら、自宅を不在にしていいのは1時間までと言われた。きちんと守れる自信がない」。そう話すのは東京都杉並区で自宅の一室を民泊に提供しているAさん(33)。フリーのシステムエンジニアとして自宅で仕事をすることもあれば、発注元の企業に出向くこともあり、自宅にいられる時間はまちまちだ。

 

「これまでは民泊について明確に定めた法律がなかったので、友人を自宅に泊める感覚で気軽に部屋を貸していた」というAさんだが、「法律ができた以上は違反したくない」と考えており、6月15日の解禁と同時に民泊をやめるつもりという。

 

壁となったのが、自宅を不在にしていい時間だ。住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行規則には「日常生活を営む上で通常行われる行為に要する時間の範囲内」とある。観光庁などによるガイドラインは「一概に定めることは適当ではない」としたうえで、原則1時間、生活必需品を購入する店が遠いなど特殊な事情がある場合でも2時間程度までの範囲と記す。

 

もっとも、これは家主同居型の民泊の話。Aさんも家主不在型として届け出れば民泊を続けられる。ただし、その場合は手続きが格段に面倒になり、新たなコストも発生する。

 

まず苦情対応などの管理業務を外部に委託しなければならない。ほかの部屋と無線で連動する火災報知設備のほか、避難経路を示すための非常用照明器具も必要だ。さらに建物が安全であることを証明するため、建築士に家まで来てもらって詳細な書類を作らなければならない。

 

「宿泊費を今より上げなければならないなら、民泊を続ける意味がない」とAさん。もともと4畳半の部屋で1泊25ドル(約2700円)という格安の料金で、外国人旅行者から高い人気を得ていた。「お金もうけが目的じゃない。彼らに喜んでもらって、交流したかっただけなのに……」と残念がる。

 

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-人生に役立つ情報, 経営戦略・ノウハウ

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.