【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

起業・会社設立

嫌い!うざい!トラブルが多い!ママ起業が甘いと言われる本当の理由

更新日:

嫌い!うざい!トラブルが多い!ママ起業が甘いといわれる本当の理由

こんばんは

繁盛コーチの小野です。

最近、「ママ起業」が流行っていますよね!

  • 成功しているの?
  • 家族に迷惑かからない?
  • まわりからはどう見られているの?
  • 子育ては上手くいってる?

余計なお世話かも知れませんがいろんな事が気になります。なので「ママ起業」が世間からどう見られてるのか?探ってみました。

ママ起業は緊張感が感じられない…

そもそも起業には「大きな情熱」と「ひたむきな努力」が必須です。そしてそれを「継続」することが重要だと思うんですよね。

「ママ起業」は、なんとなく「ふわふわ」していてイメージは最悪です。緊張感がまったく感じられない気がします。つまり、「なんちゃって起業」ではないかと想い運です。

では、実際「ママ起業」って世間からどう思われてるんでしょうか?

ちょっと探ってみましょう!

「ママ起業」に対する世間のイメージ

先ほど私は起業って、

  • 大きな情熱
  • ひたむきな努力

が必要だと言いました。ですが「ママ起業」には、それがぜんぜん感じられないです。そう思うのは私だけでしょうか?

それでは少し世間の評価を見てみましょう。

  1. 起業ママって「うざい」
  2. 華やかなキラキラ起業ママ、大半は経済困窮
  3. お茶会で傷の舐め合い
  4. 失敗しても食べていける…無責任さが嫌い
  5. 期待はずれのセミナーでトラブルが多い!

5万円、10万円くらいする「ママ起業セミナー」に参加したら、まったく意味のない、使えない内容でめっちゃ損をした!などの「期待はずれなセミナー」に関するトラブルがめっちゃ多い。

コツコツと貯めてきた開業資金を高額セミナーで開業前に使い果たしてしまった…という笑えない話も実際にあるようで、起業サポートしている側としては、見過ごせない状況になっています。

確かに学びは大切です。集客や経営をまったく学ばずにママ起業をしてしまうのは、すごく危険。開業後に失敗してしまうリスクが高いためです。

ママ起業を成功させるために、「効果のあるセミナー」や「コンサルティング」を受けるなら、見るべきポイントがあります。

それは「多くの人を成功させている先生」を選ぶことです!つまり実績ですね。

セミナーの内容やお客様の声を良く見て、

  • 具体的にどんなことが学べるのか?
  • どれくらいの期間で成功しているのか?
  • 成功者の数や割合は?
  • わかり易く教えてくれるのか?
  • 実践で使えるノウハウなのか?(再現性)

などを具体的に載せている人を選びます。「受講生の声」を良く見るのも参考になります。

起業して失敗しても先生は責任を取ってくれません。セミナー選びは、「すべて自分の責任で行なう!」という心構えが大切だと思いますよ。

ママ起業が「甘い!」と言われる5つの理由

どんな起業でも、一旦始めたらあなたは「経営者」になります。それはママ起業も同じだと思います。

ですが、「ママ起業」には、独特の雰囲気や考え方があるようです。それが結局社会から「甘い!」と思われる理由なんですね。

ママ起業が「甘い!」といわれる5つの理由をお話します。

1.「華やか」・「お気楽」がモットー

ママ起業といえば、華やかさ、そして好きな時にだけ仕事ができるお気楽ムードが特徴的です。

それをひけらかす最高の場が「お茶会」と言われる集まりです。思わず平安貴族を連想してしまう…その集まりですが、

内容の濃い本格的なビジネスの集まりから、ただの井戸端会議までピンきりです。

このような「華やか」で「お気楽」なムードは、一見すると楽しそうで魅力的に移りますが、起業はお気楽モードで成功するものではありません。

もっと努力が必要だし、シビアで現実的なものを含みます。

この「お気楽」というムードが社会から「ママ起業は甘い!」と言われるもっとも大きな原因です。

2.似非起業コンサルやネットワークビジネスの餌食になる!

空いている時間、好きな時間に少しだけビジネスができる!というのが、時間の誓約の多いママにはかなり魅力的に映るものです。

ですが、空いてる時間に片手まで施行できるほど、記号は簡単なものではありません。

3.起業が目的になる!

ほとんどのママ起業は、起業が目的になっています。なので、起業したとたん

  • 目的達成!成功していないのに満足する!
  • 意味なく「仲間とワイワイ」過ごす!
  • 自撮りをSNSにアップ!キラキラ女子を気取る!

この意味不明な行動がとても奇妙に見えます。

普通、起業したての頃は、仕事の優先順位が一番のはず。軌道に乗せるために必死になるはずです。

ですが、ママ起業は、

  • 「家族が一番」
  • 「好きなときにやれるだけ」
  • 「お客様より運動会」

と平気で言って緊張感がまったくありません。挙句の果てに「最悪主人が稼ぐから…」逃げ道を作ります。

この勘違いが「キラキラお茶会」などと「無意味なゆとり」を生みます。これがママ起業の成功率と評価を著しく下げています。

「顧客の悩みの解決」と「利益獲得」に執着しないビジネスなんてありえません。

4.「どうしたら成功できますか?」とあくまで依存体質!

5.旦那の給料で食べていける!

起業家なのに旦那の給料でセミナーに参加して、失敗しても旦那の給料があると思っている。なので本気度がぜんぜんありません。

最後に「ママ起業」のまとめ

今日はママ起業についてまとめてみました。

あまりいいイメージがなかったのですが、ちゃんとママでも一人で起業されて、経営者として成功されている方はおられます。

その方には敬意を払った上で、ママ起業についてのイメージや特徴を述べてみました。

参考になれば幸いです。

それでは

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-起業・会社設立

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.