3秒で顧客を魅了して21世紀に愛される起業家になる自分革命を起こす!

menu

USP起業革命アカデミー

ブログを習慣化させる秘訣とブログのネタ探しの具体的な方法

ブログの習慣化とネタ探しの具体的な方法

ブログは、その時のあなたの知識経験で今感じることを書く!

これからブログを書きたいと言う人に
「ブログのネタがなくなったら不安です…続けていけるでしょうか?」
と良く聞かれます。

ブログを書く事が不安なので、書ける時に書き溜めるとか、ネタをどこから仕入れるのか?
どうしても皆さん不安になるみたいです。

ブログは、その時のあなたの知識や経験でタイムリーなネタを書くもので
「書きため」はあまりオススメできません。

書き溜めてもネタが古くなり、現時点でのあなたの意見とは違うものになったりするからです。

また、ブログとは日記であり、
やはりその時のタイムリーな情報を読み手の心に響くように今のあなたが本音で書く!
これがブログ本来の目的です、

ブログはあなたの本音を綴る仕事なので、手間がかかります。
それなりにまとまとった時間を取る必要があるんです。

ですので、まずはブログを書く時間をどう確保するか?
についてお伝えしていきます。
 

まずは、ブログを書くことを生活に組み入れ「習慣化」しよう!

「ブログのネタがなくなったら不安です…続けていけるでしょうか」
についてお話しする前に、ブログを書く時間がなければそもそもブログを書けません。

なのでブログを書く時間の作り方についてお話していきます。

良くブログは、
①何時書けばいいか
②時間はどう作るか
について聞かれます。

なかなか続けることができないと言う方も多いので、まずは続けることですね。

続けることができて初めて
「何を描こう…」になると思うのでね。

できれば毎日ブログを書く時間を作りたいです!

時間を作るには「習慣化」することで時間は作れます!

僕は、ブログを毎日書くように心がけています。

しかも、丁寧に読み手に自分の思いや意見をくわえて書くので
少しまとまった時間が必要です。

時間てね。

自分で作らないと中々できないです。

そこでお勧めなのが、

自分の生活パターンに入れ込んで習慣化するということです。

自分が一番リラックスできる時間帯で週に3日ほどメルマガやブログを書く時間にすること。

そしてその時間は予定を入れない。

そう決めて習慣にすることで時間がないということがなくなります。

僕の場合は、

夜の10時から12時までの2時間

を執筆の時間と決めています。

この時間は、

・一人になれて

・誘惑も少なく

・静かで

・集中できる

ので書く事に集中できます。

朝の方が気分が乗ったり、時間が取れる方もいるかもしれません。
無理なくできる自分のリズムを見つけてください。

ぜひとも、ブログを書く時間をスケジュールに組み込んで習慣にしてください!

あと、できる限り、気分の乗ったときに書くことをお勧めします!
筆の進みが違います。

どういうことをブログのネタにしたらいいの?

ブログを習慣化して生活パターンにあてはめてしまうと

毎日の生活や仕事の中で
「あっ!これはいいなあ。ブログに書こう!」
と日ごろからアンテナをはれるようになります。

また、
・たまに送られてくるメルマガ
・ニュースや時事ネタ
など人から流れてくる情報もネタになりますね。

あと、クライアントに良く聞かれる質問もネタになります。

「クライアントの質問=見込客が知りたいこと」
なので、それをネタにするとニーズのあるブログになるからです。

私はこれらからネタを拾ってきたりしますのでネタに困ったことはあまりありません。

以上のようなことに常にアンテナを張ってくださいね。

思った以上にネタはどこにでも転がっていますよ。

クライアントに実際に聞いてみよう!質問をネタにする方法

クライアントから質問される事は、そのままブログのネタになります。

セミナーを開いた時やお茶会の時にアンケートを取るのもネタ集めの良い方法です。

・ブログの書き方が分からない…
・会社の設立の手順は?
・メルマガを送る時間帯は?
・アクセスアップや成約率を上げる方法は?
・資金調達を上手くする方法は?

などの具体的な生の質問が色々手に入ります。

これらの質問に答えることが、実はブログでファンを作り、反応率を高める近道でもあります。ぜひあなたも試してくださいね。

自分の思い込みで書いていくより、読み手のニーズを反映したメルマガが書けます。

また、100回以上ブログを書いている方は、過去のバックナンバーを読み返し、新しい視点・切り口でリライトすることをお勧めします。

新しい経験や知識を手に入れ成長したあなたがリライトすることでまた違った内容で書く事ができます。

それも立派なネタになります。

「ブログって同じネタの使い回しはダメですよね?」
と良く聞かれますが、

実は、読み手は一字一句ブログを読んでいるわけではないので、
あまり覚えていないのが事実です。

また、大事なことは何度も視点を変えて書くことで
読み手の理解も深まります!

ビジネス迷子を解消して選ばれる集客の仕組みを手に入れたい方は、以下のブログをご覧下さい。

「ブログのネタがなくなったらどうする?」ブログの習慣化とネタ探しの具体的な秘訣

AD

ブログは、集中できる時間を作り心を込めて書く!

ネタはどうやって見つけるか?の話をする前に時間をつくろう!
「ブログのネタがなくなったらどうするか?」

をお伝えする前に
①何時書けばいいか
②時間はどう作るか
についてお話します。

 

なかなか続けることができないと言う方も多いので、まずは続けることですね。

 

続けることができて初めて
「何を描こう…」になると思うのでね。

できれば毎日ブログを書く時間を作りたいです!

 

時間を作るには「習慣化」することで時間は作れます!

僕は、ブログを毎日書くように心がけています。

 

しかも、丁寧に読み手に自分の思いや意見をくわえて書くので
少しまとまった時間が必要です。

 

時間てね。

自分で作らないと中々できないです。

 

そこでお勧めなのが、

自分の生活パターンに入れ込んで習慣化するということです。

 

自分が一番リラックスできる時間帯で週に3日ほどメルマガやブログを書く時間にすること。

そしてその時間は予定を入れない。

 

そう決めて習慣にすることで時間がないということがなくなります。

僕の場合は、

夜の10時から12時までの2時間

を執筆の時間と決めています。

 

この時間は、

・一人になれて

・誘惑も少なく

・静かで

・集中できる

ので書く事に集中できます。

 

朝の方が気分が乗ったり、時間が取れる方もいるかもしれません。
無理なくできる自分のリズムを見つけてください。

 

ぜひとも、ブログを書く時間をスケジュールに組み込んで習慣にしてください!

 

あと、できる限り、気分の乗ったときに書くことをお勧めします!
筆の進みが違います。

 

どういうことをブログのネタにしたらいいの?

ブログを習慣化して生活パターンにあてはめてしまうと

毎日の生活や仕事の中で
「あっ!これはいいなあ。ブログに書こう!」
と日ごろからアンテナをはれるようになります。

 

また、
・たまに送られてくるメルマガ
・ニュースや時事ネタ
など人から流れてくる情報もネタになりますね。

 

あと、クライアントに良く聞かれる質問もネタになります。

 

「クライアントの質問=見込客が知りたいこと」
なので、それをネタにするとニーズのあるブログになるからです。

私はこれらからネタを拾ってきたりしますのでネタに困ったことはあまりありません。

 

以上のようなことに常にアンテナを張ってくださいね。

思った以上にネタはどこにでも転がっていますよ。

クライアントに実際に聞いてみよう!質問をネタにする方法

クライアントから質問される事は、そのままブログのネタになります。

セミナーを開いた時やお茶会の時にアンケートを取るのもネタ集めの良い方法です。

 

・ブログの書き方が分からない…
・会社の設立の手順は?
・メルマガを送る時間帯は?
・アクセスアップや成約率を上げる方法は?
・資金調達を上手くする方法は?

などの具体的な生の質問が色々手に入ります。

 

これらの質問に答えることが、実はブログでファンを作り、反応率を高める近道でもあります。ぜひあなたも試してくださいね。

 

自分の思い込みで書いていくより、読み手のニーズを反映したメルマガが書けます。

 

また、100回以上ブログを書いている方は、過去のバックナンバーを読み返し、新しい視点・切り口でリライトすることをお勧めします。

 

新しい経験や知識を手に入れ成長したあなたがリライトすることでまた違った内容で書く事ができます。

それも立派なネタになります。

 

「ブログって同じネタの使い回しはダメですよね?」
と良く聞かれますが、

実は、読み手は一字一句ブログを読んでいるわけではないので、
あまり覚えていないのが事実です。

 

また、大事なことは何度も視点を変えて書くことで
読み手の理解も深まります!

 

ビジネス迷子を解消して選ばれる集客の仕組みを手に入れたい方は、以下のブログをご覧下さい。

 

メルマガをこれから書いていこうとしている人に良く聞かれることが
・メルマガのいネタが直ぐになくなる…どうやってネタを見つけていますか?
ということ。

メルマガは、その時その時の旬のネタを書くもので
書きためておくことはあまりオススメできません。

書き溜めてもネタが古くなる可能性がある。
今のあなたの意見とは違う内容になったりする。
からです。

その時のタイムリーな情報をあなたの今の知識や考えを踏まえて
本音で読み手の心に響くように書きましょう!

 

メルマガは、集中できる時間を作り心を込めて書く!

ネタはどうやって見つけるか?の前に時間をつくろう!

それでは今日の本題
「メルマガのネタがなくなったらどうするか?」
をお伝えする前に
・メルマガを何時書けばいいか
・時間はどう作るか
について簡単にお話したいと思います。

なかなか続けること自体がおっくうって言う方も多いので。

続けることができて初めて
「何を描こう…」になると思うのでね。

できれば毎日メルマガやブログを書く時間を作りましょうね!

 

時間を作るには「習慣化」することで時間は作れます!

僕の場合は、メルマガは毎日書くように心がけています。

しかも、丁寧に読み手に自分の思いや意見をくわえて書くので
少しまとまった時間が必要です。

時間てね。
自分で作らないと中々できないです。

そこでお勧めなのが。

自分の生活パターンに入れ込んで習慣化するということです。

自分が一番リラックスできる時間帯で週に3日ほどメルマガやブログを書く時間にすること。

そしてその時間は予定を入れない。

そう決めて習慣にすることで時間がないということがなくなります。

僕の場合は、夜の10時から12時までの2時間をメルマガ執筆の時間と決めています。

この時間は、一人になれて、誘惑も少なく、静かで、集中できるので書く事に集中できます。

朝の方が気分が乗ったり、時間が取れる方もいるかもしれません。
無理なくできる自分のリズムを見つけてください。

ぜひとも、メルマガを書く時間をスケジュールに組み込んで習慣にしてください!

あと、できる限り、気分の乗ったときに書くことをお勧めします!
筆の進みが違います。

 

どういうことをメルマガのネタにしたらいいの?

メルマガを習慣化して生活パターンにあてはめてしまうと

毎日の生活や仕事の中で
「あ!これはいいなあ。メルマガに書こう」
と日ごろからアンテナをはれるようになります。

また、
・たまに送られてくるメルマガ
・ニュースや時事ネタ
など人から流れてくる情報もネタになりますね。

あと、クライアントに良く聞かれる質問もネタになります。

「クライアントの質問=見込客が知りたいこと」
なので、それをネタにするとニーズのあるメルマガになるからです。

私はこれらからネタを拾ってきたりしますのでネタに困ったことはあまりありません。

以上のようなことに常にアンテナを張ってくださいね。

思った以上にネタはどこにでも転がっていますよ。

クライアントに実際に聞いてみよう!質問をネタにする方法

クライアントから質問される事は、そのままメルマガのネタになります。
セミナーを開いた時やお茶会の時にアンケートを取るのもネタ集めの良い方法です。

・ブログの書き方が分からない…
・会社の設立の手順は?
・メルマガを送る時間帯は?
・アクセスアップや成約率を上げる方法は?
・資金調達を上手くする方法は?

などの具体的な生の質問が色々手に入ります。

これらの質問に答えることが、実はメルマガでファンを作り、反応率を高める
近道でもあります

ぜひあなたも試してくださいね。
すぐにネタが集まりますから。

自分の思い込みでメルマガを書いていくより、
読み手のニーズを反映したメルマガが書けます。

また、100回以上メルマガを書いている方は、
過去のバックナンバーを読み返し、
新しい視点・切り口でリライトすることをお勧めします。

新しい経験や知識を手に入れ成長した
あなたがリライトすることでまた違ったないようのメルマガを書く事ができます。
それも立派なネタになります。

「メルマガって同じネタの使い回しはダメですよね?」
と良く聞かれますが、

実は、読み手は一字一句メルマガを読んでいるわけではないので、
あまり覚えていないのが事実です。

また、大事なことは何度も視点を変えて書くことで
読み手の理解も深まります!

メルマガは、気分の乗ったときに書きたいものを書きましょう!

メルマガで大切なのは、
・きちんとした情報を
・継続して伝える
ことだとおもいます。

だからこそ、気負わず、楽しく続けてくださいね!

あとは、メルマガを嫌々書くのではなく

「今週は、こんな出来事があったから、
読者さんに是非伝えたいなぁ~」

という前向きな気持ちで書いてください。

どんなに文章が得意であっても、
そのときの精神状態が少なからず反映されるものですので・・・。

嫌々書いたものって、メルマガのファンの方には
すぐに分かってしまうんですよ。

厳選!メールマガジンのネタ一覧

季節に合わせた話題

クリスマスやお正月、人気スポーツのリーグ戦、春の訪れなど、みんなが注目するイベントや祝日は話題づくりのきっかけになります。ブランドと関連づけて活用しましょう

①専門家のノウハウ

実業家やサービス事業者として、専門知識がある強みを活かし、エキスパートしか知りえない知識や裏技を披露しましょう。

バーチャル体験はいかが?
あなたのビジネスに関する分野で、世界のあらゆる地域の雰囲気を伝えてみましょう。例えば、日本にあるワインショップでも、カリフォルニアのワイン文化を紹介できます。オプションは尽きません。

②思わずシェアしたくなる情報

おもしろ動画や、やる気が出るストーリー、お役立ち情報など、知り合いにシェアするのにピッタリな内容なら何でもOKです。

③ご意見・ご感想

購読者にフィードバックをもらいましょう。お客様が望む商品は何でしょうか。ホームページの改善点が見えてくるかもしれません。メルマガが相互コミュニケーションの場であることを伝えましょう。

④無料ウェビナーへご招待

ウェビナーとはオンラインセミナーのことです。専門家の授業を、家で気軽に受講できます。あなたの専門分野に関するオンラインセミナーに購読者を招待しましょう。Googleハングアウトからウェビナーを開催できます。

⑤トレンドの情報

ビジネスに関した内容で、人々が関心を持つトレンドがあれば紹介しましょう。専門家としての意見も添えて、トレンドの良い面、悪い面を指摘します。すると、今のトレンドが、読者のニーズに合っているかどうか、判断の助言にもなります。

イベントへのご招待
コンベンションに出席したり、外部主催の講習会でビジネスを紹介する機会はありませんか?そんなイベントに購読者を招待し、直接交流してみてはいかがでしょう
最後に愛を伝えたのはいつですか
そうです、愛を伝えるという簡単なことさえも、いつの間にか忘れてしまう人もいます。感謝の気持ちを伝えて、お客様とのつながりを強化しましょう。
面白い豆知識
あなたの専門に関する情報で、新鮮で面白く、かつ印象に残る情報を教えてあげましょう。みんなが雑学として取り入れたがるようなネタを選ぶのがコツです
おかげさまで◯周年
立記念のお知らせと一緒に、記念セールなどお得なキャンペーンを提供しましょう。

  • 懐かしのあの頃は・・・:時代は過ぎ行くもの、そしてまた、繰り返すものです。一昔前は、あなたが取り扱っている最先端の商品やサービス、情報は手に入りませんでした。ブランドやビジネスを、過去と結びつけるもよし、完全に切り離すもよし。どちらか方向を選んで、楽しい話題を作り出しましょう。

 

 

  • 豪華パーティにあなたをご招待!:特別イベントの予定があれば、ご招待メールを送って、ファンやお客様に参加してもらいましょう。必ず予約フォームを添付して、参加者リストを作成しやすいように工夫しましょう。
  • ◯◯ランキングTOP10:ランキングは、情報をコンパクトにまとめることができ、近年のネットユーザーを惹きつける常套手段です。あなたのブランドに関連し、かつ、幅広い読者が興味を持つようなランキングを考えてみましょう。気に入った購読者が友人に共有することもあり、チャンスが広がります。

 

  • お客様の体験談:実体験に基づいた推薦やお客様からのレビューは、非常に有効なマーケティング手段です。もし、ユニークな経験をしたお客様がいたら、許可をもらって、生の声を購読者に広めましょう。新たな信頼を得るきっかけとなるに違いありません。
  • 新作登場!:新しい機能や新商品、新規サービスを紹介しましょう。見栄えのする写真を必ず添えること!
  • 次回予告:来週または来月あたりに、予定はありませんか。間近に迫ったイベントがあるなら、購読者にお知らせするチャンスです。
  • ブログを更新しました!:ブログを書いているなら、更新毎に購読者にお知らせしましょう。

 

 

  • タダほど素晴らしいものはない:購読者に無料でサービスを提供してみてはいかがですか。期間限定のクーポンコードや商品券を添付してみましょう。
  • つながろう!:メール、電話、SNSなど、あなたと顧客をつなぐすべての手段を明記して、対話に招待しましょう。いつでも連絡をとってもらえるようにするのです。
  • リニューアルしました:オフィスやホームページのリニューアル、新ロゴデザインを紹介しましょう。ニュースレターでファンや購読者に伝えたら、感想や意見を募集しましょう。
  • 限定セール!:数時間限定セール中のネット販売を見つけてしまった、なんて経験はありませんか。こうなると、なかなかNOとは言えません。時間帯を見計らって、一生に一度きりのお得なセールを宣伝しましょう。

 

  • 最近の研究によると…:ビジネスに関する最近の研究結果を、購読者に教えてあげましょう。ここでのポイントは、研究により、商品やブランドが効果的であると証明された事実を伝えることです。いかに有効で価値あるサービスを提供しているかをアピールしましょう。
  • 環境に優しくなるコツ:商品の包装の分別方法を、お客様にアドバイスしたことはありますか。環境に優しいオフィス習慣を紹介してみてはいかがでしょうか。母なる大地を想う気持ちをメールで伝えてみましょう。
  • おめでとうございます!:お得意様にスペシャルプレゼント。たくさん買い物をしてくれた方に優先で、プレゼントを送りましょう。何を届けるかも選んで配送します。プレゼントのようで喜んでもらえるでしょう。
  • よくある質問:ビジネス運営側と購読者、両者の時間を節約するためにも、よくある質問を共有しましょう。もちろん、それに対する回答も一緒に公開。

 

  • 良い活動の輪を広げよう:会社のスタッフや従業員のチームが社会貢献活動に参加しているなら、その活動内容を紹介しましょう。ブランドの別の顔を見せることは、会社そのものを宣伝するのと同じ効果があります。
  • 現在開発中:新機能や新商品、新サービスの準備期間中でも、購読者には先取りで、今後発表される予定の製品をちょっとだけお知らせしてあげましょう。きっとVIP気分を味わってもらえるはずです。

 

  • 秘伝のレシピ:こんな書き方で始まる記事が、どこにでもあるありふれた記事になってしまうのは、往々にして中身がないからです。あなたのブランドやサービスが、人々を幸せにしたり、成功に導いたり、解決策を提供したり、または人を綺麗にしたり、そんな真に有益な情報を持っているなら、自信を持ってこのフレーズを使いましょう。
  • 地元のすゝめ:地域に根ざした、実店舗のみのビジネスを経営をしているなら、地元でショッピングすることのメリットをアピールしましょう。自身のブランドだけに焦点を当てる必要はありません。地域コミュニティの一員として、自分のビジネスを紹介しましょう。

関連記事

起業革命実践的7ステップ

フェイスブック

アメーバブログ

LINE@

起業革命個別セッション

起業革命家小野馨のプロフィール

小野馨

兵庫県神戸市生まれ、神戸市在住

兵庫県立兵庫工業高等学校卒業後、富士通株式会社本社採用でSEとして入社。

SEは自分の仕事ではないと、同社を退社。

自分探しの旅に出る。

訪問販売員、ネットワークビジネス、トラックの運転手、喫茶・カラオケ店店長、金融会社の営業、音楽関係、靴のデザイン会社、食料品製造、コンピュータ会社社長の経営・経理サポート、ゲームショップオーナー等30種類以上の仕事を経験しながら様々な業界を経験して知識やスキルを身につける。

そんな中、起業家や経営者の手伝いをすることが増え、経営法務コンサルタントの仕事に憧れを持ち、行政書士になるため勉強を始め、行政書士試験合格。その後、慶應義塾大学に入学するが、業務が忙しく中退。

平成17年に行政書士として独立。1年目に1千万円の売上、2年目に1500万円の売上を達成する。

1000社以上の会社設立、3億円以上の創業融資のサポート、500以上の許認可の申請サポートを行い、SEOコンサルタントとしてクライアント30社以上でWEB集客で合計15億円以上の売上UPに貢献する。

その後、順調に事業を拡大していたが、リーマンショックにより挫折、働きづめがたたって心と身体を壊す。また、大きな交通事故に遭い、自分の人生について考えることになる。

プロフィールの続きはコチラ→

アメブロはこちら→

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930