3秒で顧客を魅了して21世紀に愛される起業家になる自分革命を起こす!

menu

USP起業革命アカデミー

顧客目線の手に入れ方-商品作りで客観的に見る事の難しさ

客観的な視点を持つことは、お客様の目線で商品を見ること

 

お客様目線=客観的視点

 

どんなに切望しても、

絶対得られないもの。

 

それは「客観的視点」です。

 

「客観的視点にものを見よう!」

とはよく言われることですし、

何を隠そう私もよく言いいます。

 

よく言いますが、

それは簡単にはできない
とわかっているから

よく言うのです。

 

そもそも
「客観的にものを見る」
と言うのは

突き詰めていっても、

「客観的だと思っている主観」
なのです。

 

どんなに聞き上手でも、
どんなに相手の気持ちに敏感でも、

相手にはなれないのです。

 

どこまで行っても

「つもり」

なのです。

 

相手には
成り代わることができないから

その「つもりの感度」を
上げていくことしか
できないのです。

 

じゃあ「つもり感度」をあげるには
どうしたら良いのだろうか?

 

もっともカンタンなのは

「人に聞くこと」です。

 

理想とする相手に聞いて

答え合わせすることです。

 

予め答えを持って聞き取りをしよう!

さて、

「人に聞いている」という人は
結構いると思うのですが、

その聞き方は正しいでしょうか?

 

大事なのは、
聞くことではなく、

自分の考えとの

「答え合わせすること」

なのです。

 

 

「●●と思っているのだけれど、
どうなんだろう?」

予め自分の中で答えを出しておいて、

相手とすりあわせてみる。

 

 

そうしないと、
他人の話を聞きすぎて
流されて軸がブレていきます。

 

なかなか

話が難しくなってきましたね。

ここでまとめますと、

 

  • お客様目線は客観的視点
  • 自分の視点は突き詰めても主観
  • 客観的視点は「つもり感度」を高めることで身につく
  • 人に聞くのが最も早い高め方
  • 軸を持って聞かないとブレる
  • ブレないためには答え合わせのスタンスで!

結局、

お客様目線になれない原因は

1、そもそも人に聞かない

2、聞いても、聞き方が悪かったりして有益な情報が得られない。

のどちらかですし、

2だとすると、

結果、
赤の他人の心無い
一言に傷ついてしまう。

そして、人に聞くのが怖くなる。

ますます
自分目線の商品になっていく。

そして、一向に売れない。

そんな悪循環に陥るのです。

 

そうならないために、

今回のセミナーでは、

徹底的に「お客様目線」

になるためのワークを行い、

お客様が自動でやってくる
仕組み創りの全体像を

お伝えいたします。

 

ぜひ、お越し下さいね!

 

追伸:自分の視点ではわからないこと。

私は以前、

老人ホームの厨房で働いていました。

 

老人ホームには

「刻み食」や「ミキサー食」「ソフト食」

といった特殊な食事の提供法があります。

 

簡単に言うと

歯が悪かったり、

飲み込む力が弱まっている人

のための食事です。

 

マニュアルがあるので、

作り方はわかるのですが、

実際に食べている人から

話を聞いたときに衝撃を受けました。

 

ある人は、

「刻みすぎると逆に食べづらい」

といい

ある人は

「噛み切れないので、
絶対に細かくなっていないとダメ。」

いい

 

同じ「刻み食」でも

その理由によって、

刻み方が全く変わってきました。

 

これ、

刻まなくても食べられる

私には全くわからないことでした。

 

食べやすくしている「つもり」

だったわけです。

 

これもまた、

客観的視点のつもりの主観であり、

人に聞いたからわかった、

本当のお客様目線の例ですね!

関連記事

起業革命実践的7ステップ

フェイスブック

アメーバブログ

LINE@

起業革命個別セッション

起業革命家小野馨のプロフィール

小野馨

兵庫県神戸市生まれ、神戸市在住

兵庫県立兵庫工業高等学校卒業後、富士通株式会社本社採用でSEとして入社。

SEは自分の仕事ではないと、同社を退社。

自分探しの旅に出る。

訪問販売員、ネットワークビジネス、トラックの運転手、喫茶・カラオケ店店長、金融会社の営業、音楽関係、靴のデザイン会社、食料品製造、コンピュータ会社社長の経営・経理サポート、ゲームショップオーナー等30種類以上の仕事を経験しながら様々な業界を経験して知識やスキルを身につける。

そんな中、起業家や経営者の手伝いをすることが増え、経営法務コンサルタントの仕事に憧れを持ち、行政書士になるため勉強を始め、行政書士試験合格。その後、慶應義塾大学に入学するが、業務が忙しく中退。

平成17年に行政書士として独立。1年目に1千万円の売上、2年目に1500万円の売上を達成する。

1000社以上の会社設立、3億円以上の創業融資のサポート、500以上の許認可の申請サポートを行い、SEOコンサルタントとしてクライアント30社以上でWEB集客で合計15億円以上の売上UPに貢献する。

その後、順調に事業を拡大していたが、リーマンショックにより挫折、働きづめがたたって心と身体を壊す。また、大きな交通事故に遭い、自分の人生について考えることになる。

プロフィールの続きはコチラ→

アメブロはこちら→

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930