【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

経営戦略・ノウハウ 起業・会社設立

サラリーマンが個人事業主になるとどんなメリットがあるの?

更新日:

サラリーマンが個人事業主になるメリットって何?

起業のプロが個人事業主の本当のメリットを教えます!

繁盛コーチ 小野

こんにちは

ワクワクしながら年商1億円!

繁盛起業コーチの小野です。

この記事は、「サラリーマンが個人事業主になるとどんなメリットがあるのか?」?についてお伝えします!

一般的に経費で落とせるお金が増えて、節税できるなんて言うのがありますが、ここでお話しするのは、もっと実践的なお話もあります!

参考になる話なので、最後まで見ていって下さいね。

それでは始めましょう!

そもそも個人事業主って何?

会社を立てないで、税務署に「開業届」を出して個人事業を始める人を個人次号主と言います。

一般的に「自営業」と言われています。

建設業の一人親方やフリーランスも個人事業が多いです。

サラリーマンが個人事業主になると、税金面でもメリットがあります。

個人事業と会社設立ってどう違うの?

会社には、株式会社と合同会社があります。株式会社は、定款を作成して、公証役場で認証してもらい、法務局に設立登記を申請すると設立できます。

合同会社は、自分で定款を作成すれば、公証人の認証がなくても、設立できます。

個人事業主と会社の違いは、主に信用力です。個人事業より法人の方が、社会的な信用度が高く、良い人材が集まりやすいです。

ですが、サラリーマンに比べると個人事業主はいろいろなメリットがあります。

サラリーマンが個人事業主になる4つのメリット

1.法人に比べて手続きが簡単

法人を設立して事業を始めるとすると、定款の作成や公証人の認証、設立登記、税務署への開業届など手続きが結構大変です。

反面、個人事業主は、税務署に開業届を出すだけで事業を始められます。

開業届は、定款の作成や法人登記に比べて簡単に作成できるので、専門家に依頼しなくても自分で手続きできますよ。

また、開始するまでの時間も短くて、すぐに事業を始められることも個人事業のメリットです。

2.開業費用が少なくてすむ!

株式会社のように公証人の手数料や法人登記の際の登録免許税(株式会社は法15万円)などがかからないので、開業費用が少なくてすみます。

税務署の開業届は、無料で手続きできるのでこれにはお金はかかりません。

開設費用が安く済むことも、個人事業主のメリットです。

3.社会保険の加入義務がない!

会社と違って社会保険の加入義務がありません。

これも個人事業主のメリットです。

4.確定申告は、決算処理より簡単!

法人は、決算を行いますが、個人事業主は、確定申告を行います。

どこが違うのか?を細かくお話しすると長くなるので、要点だけまとめました。

①法人の決算

個人事業主は、12月31日と一律に決まってますが、法人の事業年度は、会社で任意に決められます。6月でも9月でも好きな時を決算日にできるわけです。ただし、税務署への申告は、決算日より2か月以内にしなければならないので、個人事業より少し短いです。

②個人事業主の確定申告

毎年1月1日から12月31日までの期間の内容を、計算して所得税は翌2月16日から3月15日までに、消費税は3月31日までに確定申告書を管轄の税務署に提出します。

法人の決算は、個人事業主が行う確定申告書より、提出する書類が多く、複雑な処理が必要です。一般的に税理士にお願いしないと作成できないかもしれません。

その点、確定申告書は少しの知識があれば自分でできるので簡単です。

5.赤字だと税金がかからない!

個人事業主の場合は、赤字だと一切税金はかかりません。この点、法人は赤字の場合でも住民税7万円程度が必ずかかってきます。

毎年7万円は結構痛い出費なんですよね。

この点も個人事業主のメリットだと言えます。

6.赤字を3年間繰り越せる!

個人事業主の場合、赤字を3年間繰り越すことができます。赤字を繰り越すことができるのは、とてもメリットと言えるでしょう!

サラリーマンは、赤字になってもそれを繰り越して、来年は税金を安くして!と言えませんからね。

結局サラリーマンが個人事業主になるメリットって?

サラリーマンが個人事業主になるメリットは、いろいろあります。

やればやった分自分の収入につながる!

まずは、これでしょう!個人事業主は、やったらやった分自分の成果になります。

なので、頑張る人が多いんですね。

ただ、それが体を壊す原因になったり、要らないストレスの原因になったりします。

適度な休息をとりながら、落ち着いて、計画的に事を運びましょう!

やればやるだけあなたの収入は上がります!

サラリーマンより多くの経費が認められる!

赤字を繰り越せる!

上司や部下の変な人間関係から解放される!

最後にまとめ

いかがでしたでしょうか?今日はサラリーマンが個人事業主になるメリットをお伝えしました。

個人事業主は、自分で仕事を見つけて、食べていかなければいけないので、お給料が必ずもらえるサラリーマンのような安定はありません。

そもそも今の時代サラリーマンも安定しているとは言えませんが、日々売上や集客、資金繰りに悩まされることはないわけです。

さらに個人事業になると、会社であった上司や部下などの人間関係から解放されます。

すべて自分が主体的に決断することができるのです。

あなたも自由な人生を送るために個人事業主になってみませんか?

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-経営戦略・ノウハウ, 起業・会社設立

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.