士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

USP創造とビジネスプロデュース

ブログ初心者が良質な記事をスラスラ書くための秘訣12選

更新日:

ブログ初心者が良質な記事をスラスラ書くための秘訣12選

毎日ブログを書く習慣をつけたい!誰もがそう思っています。ですが、なかなか筆が進まないこともあります。

いざ書こう机に座ってもネタが頭に浮かんでこない、気付いたらいつの間にか3時間経っていた…なんていう経験ありませんか?

また、専門家のブログは難しくなりがちです。読者に分かりやすく伝えようとあれこれ考えていたら、余計に難しくなってしまった…なんてことも。

今日は、そんなあなたの悩みを解決するため、初心者でも良質なブログをスラスラ書くために、ちょっとした習慣をご紹介します。

これらを意識するだけであなたの悩みが簡単に解消します。ぜひ、参考にしてくださいね。

アイデアをためるための3つの秘訣

1.ネタ帳を持ち歩き、直ぐに書き留める!

思いがけないアイデアは、普段の何気ない瞬間に思いつくものです。

  • 友達との会話
  • テレビの宣伝
  • パッと立ち寄った本屋の広告
  • 風呂場でリラックスしている時

作家や音楽家が「降りてきた!」と表現するように突然浮かんでくるものです。

せっかくのアイデアを忘れてしまわないよう直ぐにネタ帳に書き込みましょう!

また、たまにネタ帳を読み返してみるのも良い方法です。ネタ帳を読み返すと、それにより新しいインスピレーションが膨らむこともあるんです。ネタ帳をネタに一人ブレインストーミングです。書き溜めたアイデアを人に見てもらうのもいいですね。

WEBにも記事のネタは転がっています。Webを駆使して良質な情報を自動で収集する仕組みを作りましょう。各種のキュレーションサービスも凄く参考になります。

ネタ帳をもって、常に情報に対してアンテナを立てることで、普段は見過ごしてしまうような情報をキャッチすることが可能になります。

流れ星はなぜ願いが叶うかご存知ですか?それは願いが叶う流れ星を忘れずに意識しているからです。アンテナがネタを探す最も効率的な方法です。

ちなみに浮かんだアイデアは直ぐに書き留めましょう。あとで書き留めるといわれる方もいますが、後回しにするとアイデアを思い出せなくなります。良いアイデアを忘れると、二度と思い出せない可能性もあります。必ず、直ぐに書き留める習慣を身につけましょう。

2.「タイトル先に作っておく!

インターネットを徘徊したり、街で広告を見たときなど、タイトルが頭に浮かんだら、それをネタ帳に書き留めておきましょう。

ブログを書こうとした時、最初に手が止まってしまうのはタイトルです。『最新版!検索順位が1位になる私の私的SEO大戦略20選』など、記事タイトルを予めためていれば、書き出しで迷わずに記事を書くことができます。

毎週週末に来週の記事のタイトルを決めるとか、お風呂に入るときに3日分のタイトルを考えるとか、何か自分で習慣になるようにするだけでも違います。あらかじめタイトルが決まっているだけで15分はブログを書く時間を短縮できますよ。

3.日頃から顧客の悩みに耳を傾けよう!

スラスラ書くための5つの秘訣

自分のテンプレートを作る。

ブログの記事は、自分のテンプレートを持っておくと、書く時間を大幅に短縮することができます。

PASONAの法則というのを聞いたことがあると思います。

P:Problem(問題を提起)

記事作成ではタイトルが最も重要です。
文中で最も力を入れないといけないのは問題理解・共感部分です。

  • 読み手が抱える悩みを具現化
  • その悩みに共感
  • この文章を読むことによる利益

をしっかりと提示することです。箇条書き3つ程度表示してあげると効果的です。

【問題】「大人になってからアトピーが酷くなっていませんか?」

【具体例】

・年々、変わり目にまぶたのアトピーが酷い…

・年々酷くなって治ってもまた繰り返す

・医者にはもう治らないと断言されました。

僕もあなたと一緒でした!
【共感】僕もそんな症状に悩まされていました。何が原因かわからない…それが一番不安で怖かったところです。

A:Agitation(問題の描写)

SO:Solution(解決策の提示)

N:Narrow down(緊急性)

A:Action(行動)

起業革命家 小野
  • 読者悩み指摘と共感
  • 約束:この記事で解決できることを示す
  • 説明と根拠:どうすれば結果が出るか
  • 解決策:メインコンテンツ
  • 未来を魅せる:ベネフィットを示す
  • 最後のまとめ

第1稿は品質にこだわらない!

第1稿は品質にこだわらずに書く。どれだけ下手な文章になってもいいのでとにかくテーマとキーワードに従ってブログを仕上げてみるのが、ここでの仕事です。

最初はスラスラ書くことが、文章を作り上げるこつです。後でリライトをして編集するこてで文章を完成させます。

テーマやキーワードを箇条書きにする。

実際に記事を書く前に、テーマやキーワードを箇条書きに内容を書きましょう。それで迷わずに書き上げられるようになるので、時間の短縮にもなるし、頭の中が整理される。

いちばん集中できる時にブログを書く!

一番集中できる寝起きのときに書く。

 

時間を決めて一気に書く

専門家の仕事はブログ記事を書くことではありません。ブログの記事にずっと時間を書けることができないことを意識しましょう。ブログは、1日3時間までと決めて、最も集中できる時間に書くことをおすすめします。

おおらかな気持ちで大雑把に書く!

ブログ記事を書き始めて最初の頃は、一つの記事を書き上げるのに予想以上に時間がかかってしまい、「これからも続けられるだろうか?」と不安になってしまうことだろう。

問題を抱えて行き詰まった時、「木を見て森を見ない」という状況に陥ることがある。一本一本の木という個別の物を見ているだけでは、木々が集まった森という全体は見えない。

ブログを習慣にするための3つの秘訣

完璧に書こうとしない!

完璧に囲うとするとストレスになります。そもそも完璧にかけるわけもなく、読者もそれを求めていません。

それでもかけないなら他の事をする!

今日はなんとなく気乗りしないな。ブログがかけないなという日は必ずあります。そんなときにブログを無理やり書いても、はかどらないばかりか、集中できませんし、良質なブログはかけません。そういう時は無理して続けるのではなく思い切って別の仕事をしましょう。

そうしている内にまたパッとアイデアが浮かんでブログが書きたくなる瞬間が着ます。その時に一気に書き上げるというのも一つの手です。別の記事を書き始めるのも良い選択だ。

ブログは集中できる時間に書くのが、効率が良く、品質も上がるので、メリハリを意識して欠くことを理解してください。

自分にご褒美を与える

ブログを書き続けるのは最終的に情熱が必要です。ブログで情熱が持てるものを書くことです。

情熱を維持する方法は、小さな目標を設定すること。具体的な数値目標が効果的です。

例えば、3ヶ月以内に、10万PV、半年以内に30万PV、1年以内に100万PVなど、最終目標を先に立てて、その最終目標を達成するための小さな目標を設定していこう。

最後にまとめ

今日は、良質なブログの記事をスラスラ書く秘訣をお伝えしました。

良質な記事は、もっとも手中で切る時間に気分が乗るときに書くことがポイントです。

今日お伝えしたことをぜひ使ってブログを書いてみてくださいね。きっとあらたな気づきがあると思いますよ。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、読みに来てくださいね。

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-USP創造とビジネスプロデュース

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.