3秒で顧客を魅了して21世紀に愛される起業家になる自分革命を起こす!

menu

USP起業革命アカデミー

元世界No1のカリスマ美容師の大失敗!起業で陥る「思い込み」の痛い罠と顧客目線&リサーチの大切さ

他の人には負けない知識やスキルがあれば成功できる!
そう漠然と考えている人が多いのではないでしょうか?

これはある意味正しいですが、
それをそのまま思い込んで起業すると
思わぬトラップにかかります。

それもかなり致命的な

今日は、自分の知識やスキルを武器に起業を考えている方に
少し「はっ」とした気付きがあるお話をします。

参考にしてくださいね。

 

元世界No1のカリスマ美容師の失敗

 

こんにちは

起業革命家の小野です。

 

今日は、あるテレビで放送されていた
『カリスマ美容師』が起業する際にしまった失敗の話です。

 

インドで見つけた大ビジネスの予感!

 

美容師の世界大会で優勝したことがある
1人の『カリスマ美容師』がいました。

世界大会で優勝と言うことは世界No1の技術を持っている美容師です。
彼の勤めている美容室は、いつも予約でいっぱい!

人気の美容師でした。

ある時、彼がインドに立ち寄った時にあることに気付きました。

それはインド人の女性は
長い髪をしているものの
髪のケアををぜんぜんしていないという事。

まったくケアしていないので
みんなパサパサでいたんだ髪だったんですね。

それを見て彼は閃きました。

「そうだ、 俺のこの世界1の技術をもって
インドで美容室を開けば、一気に人気店になれるはず!
これはすごいぞ!市場がデカイ!」

彼は、インドで美容室を開くことを決意します。

早速、務めていた美容室を辞めて
インドで美容室を開業することに。

しかし、この安易な発想が大変な事態を招きます。

 

◆人気店になるはずが美容院には閑古鳥が…

 

結論から言うと、

彼の美容室はインドでぜんぜんあたらなかったんです。

人気店になるはずが、美容院には閑古鳥が…

美容室には、1日に数人のお客様しかこないあり様…
行列ができるどころか、家賃の支払いもできないくらい
切羽詰った状態でした。

食費も切り詰めないといけない…

彼は貧乏のどん底に落ちたのです。

 

なぜ、そうなったんでしょう?

この答えに起業する時によくありがちな

「思い込み」の痛い罠があったのです。

 

「思い込み」が思わぬ結果を招く!リサーチの大切さ

 

もちろん彼には世界一の技術も日本で培った接客術もありました。
超一流の美容師です。

 

でもね、

事実はインドの女性は、

 

 

なぜ、こんなことになったのでしょうか?

■『スキル神話』の弊害

彼は自分のスキルに自信があったので、

『インド人女性の髪をケアすれば、
勝手にクチコミが広がる』

と考えていました。

でも、店に女性はほとんど来ません。

それには宗教上の理由が絡んでいて…

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
・そもそもインド人女性は、
髪を切る頻度が低い

・女性は男性に髪を触らせない
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

といった風習があったんです。

そう、つまり確かにインド人女性は、
髪のケアはしていないんですが、
『仕方がわからないのではなくて、
ただするつもりがない』っていう
ことだったんですね。

どんなにスキルが優れていても、
この状況ではスキルを生かすことすら
できない状況だったわけです。

■リサーチは万全?

彼は『自分のスキル』という、
1つのリソースしか考えずに
開業をしてしまったがために、
苦しい状況になりました。

もし、そもそもインド人女性が
髪をそんなに切らないとか、
男性に髪を触らせないとかっていう
情報を持っていたら開業自体を
考えなかったですよね。

つまり、圧倒的に『市場のリサーチ』が
足りていなかったってこと。

これは日本に住んでいる僕たちも
考えなきゃいけないですよね。

弊社では少なくとも、、、

・Company(自社・自分)
・Customer(顧客・市場)
・Competitor(競合)

の分析をするように各種講座の
受講生には伝えています。

多くの人は、
『自分の強み(Company)』を
どう生かすか?だけを考えます。

ですが、、、

・その強みを求めている人が
どれだけいるのか?

・他にもその強みを提供している
競合はいないか?

を考えないことには、
強みを生かすことすらできない
という状況になってしまいます。

あなたがこれから起業したい、
新しい商品を作りたいと思うなら、
ぜひ、インドの元カリスマ美容師の
例を反面教師としてください。

あなたはリサーチを万全に
行っていますか?

関連記事

起業革命実践的7ステップ

フェイスブック

アメーバブログ

LINE@

起業革命個別セッション

起業革命家小野馨のプロフィール

小野馨

兵庫県神戸市生まれ、神戸市在住

兵庫県立兵庫工業高等学校卒業後、富士通株式会社本社採用でSEとして入社。

SEは自分の仕事ではないと、同社を退社。

自分探しの旅に出る。

訪問販売員、ネットワークビジネス、トラックの運転手、喫茶・カラオケ店店長、金融会社の営業、音楽関係、靴のデザイン会社、食料品製造、コンピュータ会社社長の経営・経理サポート、ゲームショップオーナー等30種類以上の仕事を経験しながら様々な業界を経験して知識やスキルを身につける。

そんな中、起業家や経営者の手伝いをすることが増え、経営法務コンサルタントの仕事に憧れを持ち、行政書士になるため勉強を始め、行政書士試験合格。その後、慶應義塾大学に入学するが、業務が忙しく中退。

平成17年に行政書士として独立。1年目に1千万円の売上、2年目に1500万円の売上を達成する。

1000社以上の会社設立、3億円以上の創業融資のサポート、500以上の許認可の申請サポートを行い、SEOコンサルタントとしてクライアント30社以上でWEB集客で合計15億円以上の売上UPに貢献する。

その後、順調に事業を拡大していたが、リーマンショックにより挫折、働きづめがたたって心と身体を壊す。また、大きな交通事故に遭い、自分の人生について考えることになる。

プロフィールの続きはコチラ→

アメブロはこちら→

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031