士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

USP創造とビジネスプロデュース

専門家ブログの文章の書き出しと結びのベストな書き方を大公開

更新日:

士業やコンサルなど専門家の文章の書き出しと結びのベストな書き方

優れたリードは、スムーズな本題への導き手。いわばパーティーへの紹介状のようなもの。本題を読みたくさせる文章の書き出しとまた、他の記事を読みたくする結びのコツをご紹介します。

特に士業やコンサルなどのクライアントの悩みを解決する専門家やこだわりで顧客を満足させたい起業家が書く、ノウハウや専門スキルが詰まった文章を書くときの書き出しや結びについてお話します。

本題を読みたくさせる書き出し(リード)のアイデア

この記事は「自分の事を言っている!」と自分ごとにさせる!

読者がブログを呼んだ時に、この記事は自分に向けて書かれたものだと分かるような事を書き出しに入れます。このブログで言うと上の赤地に白字の部分です。

書き出しで自分事にならなければ、読者は本題を読まないで記事から離脱してしまいます。書き出しの早い段階であなたのことですよ!とアピールすることを忘れないでくださいね。

読者を物語に引きこむ!

読者を飽きさせないようにしなければなりまん。「読者を物語りに引きこむ!」のが一つの効果的な手法です。ストーリーは、

  • 読者に分かる言葉
  • 身近なもの
  • 共感できるもの
  • ロマンティック
  • 感情に訴えるもの

など、読者が本題をワクワクしながら読みたくなるような物語を作り、引きこみましょう!

興味を誘う論点や驚くようなデーターを引用する!

引用部分に「あっと驚くような業界データ」や、読者が「ハッとするような論点」を投げかけるというのも効果的です。

例えば、

  • 設立した会社の90%以上が10年以内に倒産する!
  • 10年以内に72%の労働者がAIに仕事を奪われる!

などのようなフレーズです。「ポイントは感情に訴えかける」ことです、簡単に言うと心臓をドキドキさせることですね。

書き出しでそれぐらいのインパクトを与えることで読者は早く本題を読みたいという感情に支配されます。読者の感情トリガーを引きましょう!

読者に質問を投げかける!

書き出しや冒頭のh2タグなどで、読者が興味深いと思う質問を投げかけます。これにより読者は質問が気になってその答えを探し出します。例えば、

  • 最近、なぜ士業の仕事がホームページから取れないか!ご存知ですか?
  • あなたに「俄かをプレゼント!」
  • 価値は○○で伝えるもの!3分後に答えが分かります。

などですね。

その質問に納得した答えを用意するのはあなたの仕事ですよ!その効果を保ちながら結びにつなげましょう!

ペルソナ(理想の顧客像)に向けて心を込めて書き出す!

士業やコンサルの専門的な文章を書くときに特に必要なのは「ペルソナ」の設定です。ペルソナとは理想の顧客像のことです。細かく定めたペルソナに向けて文章を書き出していくことで、無理なくスムーズに読者をあなたの世界に引き込めます。

特に悩みの解決法は、ターゲットが明確であればあるほど、具体的に書けます。具体的に問題解決法が分かるということは、読者の満足度を高めることになります。

ペルソナについては「ペルソナを設定するメリットとマーケティング成功例に学ぶ4つのエッセンス」を参考にしてください。

ストーリや個人的なエピソードを語る!

個人的なストーリーやエピソードを書くことで、読者の共感を呼び、悩みの解決の具体性を増すことにつながります。

  • あなたがどんな状況だったのか?
  • どのような方法でそれを解決したのか?
  • それによりあなたはどうなったのか?

環境、解決法、顧客のメリットやベネフィットをわかり易く伝える方法が、個人的なエピーソードを語ることです。また、あなたのエピソードを語ることで読者はあなたに親近感を覚え、身近な存在となることで、集客につながり易くなる効果も考えられます。

分かりやすい「たとえ話」を用いる!

分かり易いたとえ話は、読者の心に伝わり易く、結果として読者の満足度を高めることになります。読者が満足すれば、あなたに依頼したいという気持ちも芽生え、ブログ集客は大成功します。できる限り、共感できる、分かりやすいたとえ話で読者の問題解決のお役に立ってください。

大胆な発言で驚きと共感を誘う

書き出しに驚きの発言をすることにより、読者の心を揺さぶり、先の本文へを読みたい気持ちを倍増させます。ただ、驚くような発言をしても、読者が共感できることでなければ逆効果。離脱率が上がります。

ちゃんと興味を持ってもらえるように、共感できるように大胆な発言をすることを心がけてください。

次の行動を起こさせる理想的な結び(キッカー)のアイデア

本文中の最も大事な部分を別の言葉で言いなおす!

結びというのは、ただ単に内容の総括を行なうことではなく、読者に記事で紹介したノウハウや知識を活用してもらうために利用します。

そしてもっとも重要な内容を抜き出して、もう一度伝え、1つだけでもちゃんと持ち帰ってもらい、悩みの解決に役立ててもらうことも重要な結ぶの役割です。

ただ、もう一度伝えるだけでなく、少し言い方を変えて読者の心に響くように伝える努力をしましょう!

有名な誰かの言葉を引用して締める。

有名な人の言葉を用いて結ぶ当方法もあります。有名人の言葉というのは、言葉に力があり説得力があり、顧客の感情を刺激します。感情が動くことが読者の次の行動を起こさせます。結びでそれを試してみてくださいね。

有名人を選ぶときは、読者がよく読んでいそうな雑誌やその分野で有名な人を選びましょう。知らない人の言葉より、尊敬する人の言葉のほうが心に響きます!

驚きと共にストーリーをひっくり返す!

いままで話してきたストーリーをひっくり返してみる!それで顧客に再度問題を投げかけるというのも手です。驚きは、顧客の感情を動かして次のアクションを起こさせる原動力になります。

読者に質問や課題を投げかける

結びで、あらたな質問や課題を投げかける!というのも一つの手です。質問や課題を投げかけられた読者はさらに答えを探そうとあなたのブログを彷徨います。

さらにその質問にあなたが答えることで顧客との信頼関係をさらに高める仕組みを結びで作りましょう。

次の行動を起こさせる!(次の記事、申し込みやメルマガ登録)

読者の次の行動を起こさせるのは結びの最高の役割だと私は思っています。また、次の行動としてさらなる記事にいざなうといおうこともできます。結び若しくはその下に関連記事を配置することや無料メールの登録バーナーを配置することが具体的な方法です。

最後に書き出しと結びのまとめ

いかがでしたか?

今日は文章の書き出しと結びについてお伝えしました。

この中に書いてあるのは、読者を引きこみ、次の行動を促す良い書き出しや結びを書くためのアイデアの一部です。これ以外にもたくさんの方法があります。

特に結びの部分で申し上げた、「一つだけでも持ち帰って悩みの解決に役立ててください!」と言う事をまさに申し上げておきます。

一つ一つを実際に現場で使用することで、あなたの文章力は確実にあがります。

「文章の書き出しや結びが上手なるためには、ただ実践あるのみ!」と有名なライターは、口をそろえて言います。あなたの今日の時間を無駄にしないためにも何か一つを確実に実践してくださいね。

また、書き出しや結びの書き方が分かれば、次は本文の書き方です。

読者に読まれるブログの書き方やライティングを学びたいなら、

【仕事術】ブログの読者を魅了する「ライティング」の6つの技術

【必見】初心者でもできる読者をファンにするブログの書き方の秘訣

Googleの評価基準を知って質が高いブログを書きたい方は、

Googleが求める「質の高いコンテンツ」と良質なブログを書く秘訣」をご覧下さい。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます。お役に立てれば幸いです。参考になれば、「いいね」や「はてブ」もお願いします。

ぜひ、他の記事も読んでみてください。

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-USP創造とビジネスプロデュース

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.