【実践】1番わかる!儲かる会社設立

新時代の儲かる会社設立の7つの成幸法則

おのっち

はじめまして

しあわせ起業コーチ・行政書士の小野です。

ここでは、儲かる会社設立の7つの成幸法則を公開しています。

今は風の時代になりました。

これまでの常識や価値観が180度かわるため、

今の経営ノウハウだけでは、

10年続く儲かる会社は作れない

時代になったと思います。

なので、新しい時代にどう会社のかじ取りをすればいいのか?

その新しいコンパスが必要です。

1000社50業種のサポートと自然の摂理と有名コンサルに直接学んだ

失敗しようがない儲かる会社設立の成功法則をお伝えしますね。

少しでもお役に立てれば光栄です。

儲かる会社設立の7つの成幸法則

  • 会社設立前に必ずすべき21の設立準備【超重要】
  • 無駄なくスムーズにできる会社設立と運営の方法
  • 経営倫理×幸福学~強運を味方に新時代で成幸するマインド術~
  • お金に愛されどんどん繁栄するマネジメントの仕組み化
  • 風の時代に失敗しようがない黒字化ビジネスモデルの作り方
  • 社長も社員もお客様も「三方良し」のコミュニケーション術
  • 愛で繋がり求められて売れるマーケティング集客法

など、儲かる会社を作るためのあらゆるノウハウを公開します。

これから会社設立をして儲けたい人は、何度も見てとことん活用できるサイトにしますね!

それでは行きましょう!

新時代の失敗しようがない会社設立の方法

今は風の時代への大転換期であり、今までの売上重視の会社経営では儲かる会社は作れません。

これからは「社長も社員もお客様も!」みんなが幸せになることが、儲かる会社を作る秘訣になります。

コロナ禍によりすべての常識が覆り、

  • どうしたら儲かるのか?
  • ずっと稼いでいけるのか?
  • 家族を幸せにできるのか?

そういう悩みがあると思います。

そういう悩みを解決して、儲かる会社を設立するために何をしたらいいか、情報を出し惜しみしないで公開しています。

ぜひ、会社設立する際にご活用ください。

会社設立前にすべき21の準備

会社設立と言えば手続きだけを考えますが、実は手続きは重要ではありません。しかも売り上げを上げるスキルやマインドだけではないんですね。

松下幸之助氏・稲森和夫氏・斎藤一人氏など突き抜けた起業家が持ち合わせていた本当に「儲かる経営」の本質は共通点があるんですね。

一言で言うと「自分を幸せにする!」これに尽きるんですが、これを科学的に21のことに分割したのが、ここでお伝えする会社設立前に本当にすべき21のことです。

本当に儲かる会社を創りたいなら、僕は会社設立の前からこの21のことにしっかり向き合うべきだと思っています。

とくに

もう一度言いますね。

おのっち

僕が月商350万円を達成して、クライアントの10社中9社が6ヶ月で月商100から3500万円を達成した本質を公開しています!

それがこの21の準備です。しっかり向き合って準備することを強くおすすめします!

ここでは僕が、

  • 18年で1500万円以上を投資してきて学んで実践して成果がでたもの
  • 自然から直接・体感して腑に落としたもの

の全てをご紹介しています!

ほんまに大切なことです!有料講座でしかお伝えしない内容も含まれてるので絶対見てね!

ポイント

  1. 時代の風を読み、風に乗る!
  2. 実績・経験・強みを書き出す!【過去】
  3. 本当にやりたいことを明確にする!【情熱・感性】
  4. 市場調査とペルソナの設定
  5. お客様はファンで同志
  6. 風の時代の3C分析
  7. 健康と体質改善
  8. 最幸の仲間・メンターを見つける!
  9. 環境を最適化する(断捨離・脱コンフォートゾーン)
  10. 自分を100%受容する
  11. 強運を手に入れる(愛と感謝と祈り)
  12. 勘を磨く【自然と繋がる・松果体活性】
  13. お金のブロックをはずす
  14. しあわせオーラ
  15. 経営倫理を磨く
  16. コーチング・心理学・脳科学・幸福学
  17. パートナーと最幸の関係
  18. 新時代の資金調達の考え方
  19. 集客・マーケティングのノウハウ
  20. 経営と数字のノウハウ
  21. 会社設立事項を決める

この21の準備をしっかりやれば会社設立の方向性は完全に決まります!

  • 儲からない会社
  • 十年続かない会社
  • 誰も幸せにならない会社
  • 愛されてファンがつかない会社

は、この成幸の法則をおろそかにして設立してがむしゃらに頑張れば、

儲かると思い込んでいる傾向にあります。

実は儲けることは、自分を愛して幸せにすることに通じるんですね。

丁寧にお伝えします。

会社設立事項を決める

  • 会社名を決める
  • 事業目的をどんなものにするか
  • 本店所在地をどこにするか
  • 資本金の金を決める
  • 事業年度を決める
  • 株主を決める・募る
  • 会社設立のための費用を用意する
  • 役員・期間をデザインする
  • 会社の印鑑を作る
  • 印鑑証明書を取得する

会社設立事項について詳しくはこちらをご覧ください!

個人事業主ではなく会社を設立する4つのメリット

起業・開業する方法として個人事業主と法人設立があります。

個人事業主は簡単に手続きできる反面、株式会社を設立すると個人事業主にはない多くのメリットあります。

それでは会社設立をする4つのメリットをお伝えします。

1.社会的信用が得られる

社会的な信用が得られることは、開業直後から事業を急成長させたいと思っている方にとって、かなり大きな利点です。

商談の際に、相手方からの信頼感が違いますし、法人としか契約を結ばない企業もあります。また、融資や助成金・補助金を受ける際も法人である方が申請が通りやすくなります。

2.社会保険に加入できる

法人の場合、社会保険への加入義務があります。「社会保険は、保険料が高くてメリットにはならないのでは?」と思いがちですが、その分保証が手厚い制度。

たとえば健康保険は、国民健康保険と違い、傷病手当や出産手当制度があります。また扶養制度があるため家族全員が被保険者として加入する必要がないので、世帯での保険料が抑えられます。

さらに厚生年金に加入することになるため、将来受け取れる年金額も多くなります。

4.雇用しやすい

3.節税がしやすい

個人事業主よりも法人の方が、経費計上できる範囲が広いので、節税に繋げ安いというメリットがあります。

自分の給料や自分に対して出した日当なども経費として計上できます。

個人の所得税より法人の所得税の方が税率の傾斜が緩やかなので、利益が大きく出た際には法人の方が支払う税金が少なくなります。

会社設立手続きの知識

準備ができたら次は会社設立に入ります!

会社設立事項をもう一度確認して手続きを開始しましょう!

会社設立後の運営・管理

儲けるための集客・マーケティング