士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

起業・会社設立

【完璧版】一番わかる株式会社設立の方法-実績3千件超の行政書士が公開

更新日:

【完璧版】一番わかる株式会社設立の方法

実績3千件超の行政書士が出し惜しみなく会社設立の手続きを公開

こんにちは

集客と黒字化が得意な行政書士「集客書士」の小野です。

ちなみに私はこれまで3000件以上の会社設立とスタートアップの支援をサポートしてきました。

そのノウハウを出し惜しみなくお伝えしますので、必ずあなたの株式会社設立のお役に立てると思います。

株式会社の設立には、大きく分けて4つの作業が必要です。

  1. 電子定款の作成
  2. 会社の印鑑作成と印鑑証明書の取得
  3. 公証人の認証を受ける
  4. 法務局で登記申請

はじめての人には、少し分かりにくい手続きなので、これからわかり易くお伝えしたいと思います。

株式会社の設立を考えている方は、参考にして下さい!

それでははじめましょう!

1.株式会社の定款を作ろう!

まず、最初にすることは株式会社の重要事項を決めて定款を作成することです。株式会社を設立するためには定款を作成しなければなりません。そして定款は、公証人の認証を受けてはじめて効力を生じます。

これから定款の作成や公証人の認証手続きについて解説します。

①定款の作成

株式会社の設立には定款が必要です。定款は、会社の重要な事項を定める重要書類で、いわば会社の憲法のようなものです。

なのでしっかりと定款を作成する必要があるのですが、実は1から作成する必要はありません。素早く確実に株式会社を作るために定款は雛形を利用しましょう。

弊社の雛形は、全国の公証人のチェックしてもらって作ったモデル定款ですのでおすすめです。「・・・」部分が埋め込み式になっていて、その部分を入力するだけで一般的な定款ができます。

当事務所の定款の雛形を公開します。コチラを使用して作成して下さいね。

株式会社の電子定款雛形→

定款で会社により設定が代わる部分を「・・・」と穴埋めにしているため、そこだけ考えて入力すれば完成するようにできています。

また、基本的な所は雛形を活用して、必要な所だけを変更して仕上げるのが定款を最も早く確実に仕上げるコツです。

具体的に「・・・」で決めるべき事項は以下のとおりです。

  1. 商号
  2. 本店所在地
  3. 事業目的
  4. 資本金
  5. 事業年度
  6. 設立時役員
  7. 発起人

定款の記載事項について詳しくは以下を参考にしてください!

 

電子定款で設立するのがかなりお徳だって知ってますか?

資本金を決めるときのポイント

昔、株式会社を設立するためには、最低1000万円の資本金が必要でした。いわゆる最低資本金制度ですね。最低資本金には、銀行から交付される1000万円の「払込証明書」というものが必要でしたが、今はそれが不要です。

現在は、1円以上の資本金で株式会社を設立することができます。また、通帳へ入金してその通帳のコピーだけで足ります。かなり手続きが簡素化され、誰でも株式会社が設立できます。

資本金を決定するためのポイントについては以下の記事を参考にして下さい。

 

定款は電子定款で作成しよう!

電子定款で定款を作成すると、印紙代4万円が不要となり、結果的に4万円もお得に会社を設立できます。

紙の定款を作る従来の方法よりも確実にお得に設立できるので定款は必ず電子定款で作ることをお奨めします。

3.印鑑を作成する!

会社の印鑑を作ります。 1万~

銀行に資本金を振り込み通帳と明細をコピーし払込証明書を作成及び提出します。
払込証明書は定款に明記してある資本金の額と必ず一致する事。
登記申請書を作成および提出します。
取締役の調査書を作成および提出します。
取締役個人の印鑑証明書を取締役の人数分準備し提出します。
印鑑届出書の作成及び提出し会社の印鑑を登録します。
法務局で登記用紙と同一の用紙を作成し提出します。
書類の窓口は法務局です。本人が登記出来ない場合は委任状を作成すれば代理登記できます。

問題がなければ、1週間程度で登記が完了します。登記完了後は、履歴事項証明書や印鑑証明書が交付されます。

株式会社設立にかかる費用

その後、税務署 労働基準監督署 ハローワーク 社会保険事務所 市町村町役場 都道府県税事務所
そして職業によっては消防署や保健所などおのおのに申請書を作成し提出しなければなりません。

人まかせでやると何が何だかわからないまま商売が始まります。
大変ですが全て自分でやる方が絶対にいいと思います。
今は沢山分りやすい本が出ていますから理解できると思います。
私は新星出版社の本で理解する事ができましたのでお伝えしておきます。
登記はそんなに難しくないですよ。

定款ってとっても大事でその内容を熟知していないと大変です。
まずは定款を自分で作成する事が大切です。
なぜなら経営者は貴方になるわけですからね。
人から聞いた話や本などだけで進めて理解しないまま事業が行われ失敗するケースが多いでしょう。
ちなみに失敗したら取り返しがつかないことが経営には沢山あります。
それがサラリーマンとの決定的な違いで彼らの様に責任転嫁したりウヤムヤには出来ないのです。

最後に株式会社設立のまとめ

いかがでしたか?できる限り、わかり易く株式会社設立の方法をお伝えしてきました。

株式会社の設立は、人生の中で何度も経験するものではないので知らない人がほとんどだと思います。

そしてただの手続きに関しては、一から覚えて時間をかけてするほどの意味もありません。

できる限り、簡単に素早く完了させて、事業で儲けるための仕組みづくりに時間をかけるべきだと私は思っています。

こだわり起業家の株式会社設立と経営を安定させるためのスタートアップを支援しています。ぜひ以下のマニュアルをご覧下さい。

株式会社の設立を成功させるためのノウハウが満載です。

それではまた

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-起業・会社設立

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.