【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

人生に役立つ情報 起業・会社設立

行政書士とは?試験の難易度・合格率・勉強法と資格のメリット・収入・業務内容

更新日:

行政書士とは、どんな資格なのか?気になることを全解説

繁盛コーチ 小野

こんにちは

ワクワクしながら年商1億!

繁盛コーチの小野です!

私は起業支援専門の「行政書士」です。

今日は、「行政書士とは?」についてお伝えします。

行政書士の気になる試験の難易度・合格率・勉強法と資格のメリット・収入・業務内容などを全解説します。

行政書士に興味がある人は、ぜひ読んで下さいね。

この記事では、有料講座でしか話さないような内容も含まれています。

お役に立てると思うので、最後まで見てってくださいね。

それでははじめましょう!

【基礎編】行政書士とは?試験の難易度・合格率・勉強法と資格のメリット・収入・業務内容

あなたがこれから行政書士になろうと考えている方なら、この【基礎編】から読んで下さい。

「試験は受かったよ。早く稼ぎ方を教えて!」と言う方は、【実践編】稼げる行政書士になるためにやるべき8つの事から読んで下さいね。

基礎編では、

  • 行政書士とは、いったいどんな資格なのか?
  • 資格の難易度、仕事内容、気になる年収など
  • 資格の難易度の割に食えないって本当なの?

ということを詳しく説明します。

よく資格学校の講師が教えているような一般的な情報だけでなく、現役行政書士の僕の「嘘偽りない現実や本音」も書いてます。腑に落ちるまで読んでくださいね。

そもそも行政書士ってどんな仕事をするの?

そもそも行政書士の仕事ってどんなものなのか、知りたいですよね。

行政書士法には、行政書士の仕事が定義されてますが、ちょっと抽象的すぎませんか?ぜんぜんイメージできない…

まあ、法律なので仕方ないですが、ウィキペディアでは、次のように説明されてます。

行政書士法に基づく国家資格で、官公庁への提出書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続、行政書士が作成した官公署提出書類に関する行政不服申立て手続(特定行政書士(後述)の付記がある者に限る)等の代理、作成に伴う相談などに応ずる専門職である。

ウィキペディアから引用

これでもまだ意味不明ですね。

簡単に言うと、「お役所に出す書類」「権利義務・事実証明に関する書類」を、依頼人の代わりに

  • 作ったり
  • 提出したり
  • 不服をいったり

する仕事です。これでお金を貰っています。

権利義務に関する書類っていうのは、契約書や定款などですね。事実証明に関する書類は、車庫証明の駐車場の図面や著作権の現況証明、交通事故現場の現況証明などがあります。

つまり、依頼人の身近な法律書面を作成するお仕事です。結構いろんな相談されます。

誰かの身近な悩みを解決したいと思う人には、最適な仕事だと僕は思います。

ただ一つ一つの業務は奥が深いので、あれもこれもやりたいと考えるのではなく、これだけは負けない専門分野を持つことをおすすめします!

それが行政書士の仕事をする上で最も大切なことで、専門分野を持ち、差別化を行い、あなたの価値を磨いて、

お客様のどんな悩みを解決できるのか?

を明確にすることが稼げる行政書士になるために大切なことです。

そのための差別化の正しい方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

試験の難易度の割に食えない資格って本当?

実は僕は独学で行政書士試験を受けました。2回目で受かったのですが、試験の大変さを今でも覚えています。

最近の行政書士試験は相当難しいと聞いています。難易度が上がってるんですよね。

行政書士は、10年後に無くなる仕事と発表されました。オックスフォード大学が発表した10年後に無くなる仕事にランクインされているんですよ。

なくなるのか…じゃあ資格とっても意味ないな…

と思うと思います。

でも、すべての仕事がなくなるのではありません。無くなる可能性がある仕事、もしくは、依頼者が激減する仕事は、いわゆる単なる手続きの代行業務です。

具体的には、

  • 定款作成・認証代行
  • 古物商許可代行
  • 建設業許可代行

などです。

「やばっ!全部俺の事務所の仕事やん…」と思い焦りました。なので僕は、コンサルタント業務にシフトしていく決心をしたのです。

行政書士業務は1万を超える書類の作成であり、幅広い職域があります。その分チャンスが大きいということです。

やり方次第で十分食える資格です。それに見合った難易度だと考えるのが妥当です。

ぶっちゃけ一年目の年収はどれくらい?

ぶっちゃけ僕の一年目の年商は1000万円でした。行政書士の粗利はすごく高いので、粗利80%としても800万円位の年収になります。

これくらいの年収ならすぐに稼ぐことは可能ですよ。ただ、すごく忙しかったので5年目で体を壊しましたけど…

巷では、年収200万と言われていますが、2年目400万円、3年目で600万円と伸ばしていくことは可能です。

噂に惑わされないでください。要は稼ぎ方です。

行政書士って資格取るだけのメリットある?

これまでお伝えしたように、行政書士はやり方しだいで稼げる仕事です。

それだけでなく、士業の信頼と言うステータスを得ることができる最短の資格でもあるんですね。

行政書士と名乗るだけで、いきなり30%は信用してくれます。なので、信頼関係を作るのに少しだけ有利なんです。起業コーチにも、この資格が役立ってます。

また、稼ぎ方さえ学べば、年商1千万円~3千万円数年で稼げます。3千万を3つ積み重ねれば、年商1億の大台も見えますよね。

しかも、粗利がめっちゃ高い

かかる経費は、

  • 紙代
  • クリアファイル代
  • ガソリン代
  • 送料

くらいですよね。

僕は、士業の仕事をWEBのみで取っています。広告していないので広告費は不要。しいて言うなら、1ドメイン年額1080円位と、サーバー代(マルチドメイン)が年額1500円程度です。

なので、少なく見積もっても粗利率75%は下らないですね。なので年商1千万円稼げば700万円の粗利が残ります。合同会社の電子定款の署名など、すべてWEBだけで完結する仕事なら、粗利98%です。

こんなに粗利が高い仕事は、他にあまりないですよね?事務所は、自宅なので固定費がほぼ0!

行政書士がこれだけお得だとは、僕も最初はわかりませんでした。

以上が行政書士をすすめる理由です。少しは行政書士とは何か、分かって頂けましたか?

あなたも一緒に稼げる行政書士になりませんか?

次は「稼げる行政書士になるにはどうしたらいいか?」と言うことをお伝えしています。詳しくはこちら↓

士業・コンサルタントの繁盛する方法とは?

■無料で学べる失敗しようがない繁盛の法則■

★ワクワクしながら年商1億円★

僕が1000社50業種の社長をサポートしてきて分かった「失敗しようがない繁盛の法則」を出し惜しみなく公開しているオンラインプログラムが、今だけ無料で手に入ります!

ぜひ、繁盛の秘訣をたっぷり手に入れて、自分らしい起業に活かしてくださいね!

無料メール講座でお会いできることを楽しみにしています!

今だけ無料で試せる「失敗しようがない繁盛の法則」はこちら→

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-人生に役立つ情報, 起業・会社設立

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.