士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

士業・コンサル・コーチの集客法 経営戦略・ノウハウ

今後、行政書士の仕事はない?なくなる業務内容とコンサルタント型行政書士をめざすべき理由

更新日:

今後、行政書士の仕事はない?なくなる業務の内容とコンサルタント型行政書士をめざすべき理由

行政書士を目指す方に本年で話します!

こんにちは

行政書士の小野です!

今日は、行政書士に本気でなりたい方のために「行政書士の仕事の将来」について本音でお話したいと思います。

少し話が飛躍するかもしれませんが、とにかくこのブログのいたるところに

  • これから話す事の根拠
  • 行政書士で稼ぐためのヒント
  • 行政書士の集客の方法

を書いていますので、この記事で理解できなかった場合は、関連記事も参考にして頂けると幸いです。

ちなみにご存知のように行政書士の資格は「国家資格」です。この話がなくなるという話ではないし、仕事がなくなるというのも予測ですので必要以上にあわてないで読んでくださいね。

経営は、ゆっくり落ち着いて行うものです。

お茶でも飲みながら、これからお話しする行政書士の仕事の将来を聞いていただけると幸いです。

では、はじめましょう。

そもそも行政書士の仕事内容って何?

まずは行政書士の仕事内容について整理しましょう。

あなたもご存知だと思いますが、行政書士は、お客様の書類を作成したり、作成の相談に応じてお金を頂く仕事です。

基本的に代書業なんですよね。つまり、

  • お客様の変わりに書類を作ったり
  • 役所に提出したりする

そういう仕事です。

もちろん、業際問題というのがあって、

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 社会保険労務士
  • etc

といった他の士業しかできない書類の作成はできません。

とはいえ、行政書士が作成できる書類は、限りなく多い…

それは業務分野の広がり、可能性をあらわしています。

ですが、私はこう思います。

代書業(代行業務)はなくなります。

「えっ?やっぱり行政書士の仕事はなくなるの?」

とこれを聞いて、そう思われる方もいると思うので、誤解しないようにちゃんと話します。

行政書士の仕事はなくなりません。なくなるのは代書業、つまり単純な書類作成代行業務です。

これらはおそらく10年、いや早ければ5年以内になくなるのではと私は思っています。

AIやオートメーションにより、単純な書類作成の業は絶対数が減ります。

これは間違いないです。

単純に人の変わりに書類を作って提出する仕事は、AIやオートメーションの得意な仕事です。

例えば、

  • 会社設立業務
  • 確定申告書作成業務
  • 簡単な許可申請や変更届など

つまり、決まっていることを書類にするだけの、いわゆる作業です。

コンピュータは決まっている作業が得意です。これらはすべてAIやオートメーションの成熟や普及により、絶対的な業務の量がへります。

ただ、その中でも例えば、事業目的の作成はどうでしょうか?

人によっては、そんなの簡単にAIでもできるんじゃ…というかもしれません。

ですがあまい、

今日、お客様はあれもしたい、これもしたいと事業目的が定まらないでいました。

社長の考えかたからすると、いろんな業務を手がければ、それだけビジネス機会が増え、

売上につながるよ!と言うことだったのですが、

そもそも一つの業務をすることだけでも中小企業は大変です。中小企業においては、中心となる事業の軸を定め、その軸に沿った経営を目指すべきで、

どう考えても多目的起業は中小企業の進むべき方向性ではない…

そんな定款だったのです。

具体的に

  1. 不動産屋
  2. 八百屋
  3. コンピュータ
  4. 飛行機の製造
  5. ソフトクリームの販売
  6. 介護事業
  7. 中古車の販売
  8. etc

このような感じでした。しかも、こんなものでいいかな…

という「ふわっ」とした決断をされようとしていました。

こんな目的や判断をする中小企業はめっちゃ多いんです。

だから、10年以内につぶれます。

でも、私はちゃんと

  • この決断の重要性
  • 私が社長の思いを汲み取っていること
  • 社員と話し合う事の重要性(そりゃそうです。社員も人間、お互いの話し合いの結果納得できたものには協力します。)
  • 決める事の重要さ(ふわっとしていたので)
  • 時間はちゃんととらないといけない
  • あわてるのはよくない

ということをちゃんと説明した上で、

  • 中核となる事業の軸を再考すること
  • 幹部社員が納得するようにもう一度話をすること
  • 社長がちゃんと落ち着いて考えること
  • その時間をちゃんと持つこと(一番重要な社長の仕事「決める」時間)

をお願いしました。

社長は、深くうなずき、ちゃんと納得されて考えるとおっしゃって頂きました。

経営とは不思議ですが、このような一見小さな決断が会社の大きな命運を左右することになります。一個一個の小さな舵取りが思いもよらない方向へと船を進めていくことになるわけです。

だからこそ、小さな決断の度に人と人がきちんと話をしていくこと。

これ凄く大事なんですね。

そして、これこそがAIやオートメーションにはなしえない、行政書士のあなたにしかできないコンサルタント業務の本質なんです。

社長は、こうも言って頂きました。

「独りで決めるべきものではないですね。」と、

幹部社員が大切です。また、多くの社長がコンサルタントやコーチをつけるゆえんです。

 

AIではなく、人と話す「人間味」の中から良い経営判断は生まれてきます。

なぜなら、会社は人の集まりですから。

コンサルタント型行政書士をめざしてください!

お分かりいただけましたか?

いまはそれほどぴんとこないかもですが、いつか私の言っていたことが分かるときが来ると思います。

だから、今あせらなくても、答えを出さなくてもいいと思います。

なぜ、コンサルタント型行政書士を目指すべきなのか?

答えは簡単です。人にしかコンサルタント業務はできないからです。

行政書士が生き残れる職域であり、これから先、強く求められていく分野でもあります。

コンサルタント型行政書士の活躍が期待できる業務分野

  • 相続コンサルタント業務
  • 許認可コンサルタント業務
  • 経営法務コンサルタント業務
  • 資金調達コンサルタント業務

コンサルタント型行政書士をめざすために解決すべき3つの課題

1.どのような書類作成を業務にするか?【ポジショニングの課題】

①コンサルタント業務

 

②付加価値をつける書類作成業務

 

③行政書士を信用力を活かした兼業

 

2.お客様をどこで獲得するか?【集客の課題】

①WEBマーケティングの必要性

 

②リアル集客の肝

 

③入り口をもっと前に設定する

 

3.行政書士として活躍していくための考え方【マインドセットの課題】

行政書士として持っておきたい考え方についてお話します。つまり、マインドセットですね。

最後にまとめ

いかがでしたか?

今日は、行政書士の仕事内容となくなる仕事について本気で書いてみました。

単純な代行業務は、AIやオートメーションの最も得意とするところです。

おそらく、10年以内にはほとんどAIに仕事をとられるでしょう。

ですが、コンサルタント業務は、人にしかできない業務です。

なぜなら、会社は人でできているからです。

その意思決定は、人間味の中から生まれます。

機械の決めたことに従う従業員はいません。

だからこそコンサルタントが必要になってくるんです。

あなたもコンサルタント型行政書士を目指してくださいね。

今日も最後まで読んでいただき有難う御座いました。

関連記事も読んでいただけると幸いです。

それでは

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-士業・コンサル・コーチの集客法, 経営戦略・ノウハウ

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.