3秒で顧客を魅了して21世紀に愛される起業家になる自分革命を起こす!

menu

USP起業革命アカデミー

【重要】Google SEOに評価され検索で上位表示されるための10の対策法【内部要素編】

Google SEOに評価され検索で上位表示されるための内部要素10の対策法

今回は、ページ内要素【内部要素編】です!

最大の検索エンジンであるGoogleでの検索エンジン対策は必須ですね。そのGoogleに高く評価され、検索で上位表示されるためにはどうすればいいのか?

だれもが知りたがるGoogleSEOについて今回は内部要素について特に取り上げてみます。

SEOは時間がかかりますが、濃い見込客を獲得するために重要な手段なのでぜひチャレンジしてみてください。

継続が力になります。

1.コンテンツの中身(質的要素)

最も確実で効果的な方法は、質の高いWEBコンテンツを提供することだ。コンテンツの質が高ければ、全てのSEO施策は成功に向かう。逆に言えば、コンテンツの質が低ければ、何をやっても、結果的には失敗する。

2.キーワードリサーチ

GoogleのSEO対策において、コンテンツの質の次に大事な要素がSEOキーワードだ。検索需要が高く競合性が低いキーワードから優先的に対策することによって、スムーズに検索エンジンからのアクセスを増やすことができる。

3.キーワード使用法と含有率

キーワードリサーチをして選定したSEOキーワードは、ページタイトルやページ本文の中で使用して、ページコンテンツそのものをSEO最適化しよう。
4.コンテンツエンゲージメント

Googleのロボットは、あなたのWEBサイトコンテンツのエンゲージメントも調査している。これには、例えば平均訪問時間や直帰率などの統計データや、ソーシャルシェアの数も含まれる。

5.更新頻度(どのくらいの更新頻度が必要か?)

Googleには、QSF(Query Deserved Freshness)という概念がある。簡単に言うと、WEBサイト上で新しいコンテンツを投稿した後、ソーシャルメディア上で口コミが起こり、短時間で多くのアクセスが集まった場合、そのコンテンツを高く評価して、1〜2週間ほどは、本来あるべき順位よりも上に表示する。そして、その後、適切な検索順位になるように再調整する。

6.タイトルタグ

タイトルタグの設定は、Googleが評価するHTML要素の中で、最も大きな要素のひとつだ。キーワードリサーチをして最適なタイトルをつけよう。

7.メタディスクリプションタグ

メタディスクリプションタグはGoogleのSEO順位を直接決定する要素ではない。しかし、検索エンジンの検索画面に表示されるので、コンテンツのエンゲージメントを大きく左右する。つまり検索順位に間接的に影響を与える要素だ。

8.ヘッダータグ

ヘッダータグ(h1,h2,h3…)は、コンテンツの重要なパートを強調するために使うものだ。これを、しっかりと設定することによって、検索エンジンロボット(クロウラー)が、そのコンテンツを把握しやすくなるので、より適切に評価してくれるようになる。

9.サイトのクロールのされやすさ

GoogleのSEO順位決定メカニズムは、①検索エンジンロボットによるクロール②インデックス③ランキングというステップで成り立っている。検索エンジンロボットにクロールされやすい構造にするには、Java Scriptやフラッシュの使用を極力控えよう。
10.サイトの表示スピード

まだ重要度はそこまで高くないが、Googleは、表示スピードが早いサイトを、より好意的に評価すると発言している。なぜなら、WEB全体をもっと快適な場所にしたいからだ。

11.URL構造

マイナーな要素だが、サイトのURLもGoogleのSEO順位決定に影響を与える。また、検索ユーザーは、より簡潔で明瞭なURLを好む傾向がある。従って、もしコンテンツの内容が分かるようなURLを設定できるのであれば、そうしよう。

 

 

関連記事

起業革命実践的7ステップ

フェイスブック

アメーバブログ

LINE@

起業革命個別セッション

起業革命家小野馨のプロフィール

小野馨

兵庫県神戸市生まれ、神戸市在住

兵庫県立兵庫工業高等学校卒業後、富士通株式会社本社採用でSEとして入社。

SEは自分の仕事ではないと、同社を退社。

自分探しの旅に出る。

訪問販売員、ネットワークビジネス、トラックの運転手、喫茶・カラオケ店店長、金融会社の営業、音楽関係、靴のデザイン会社、食料品製造、コンピュータ会社社長の経営・経理サポート、ゲームショップオーナー等30種類以上の仕事を経験しながら様々な業界を経験して知識やスキルを身につける。

そんな中、起業家や経営者の手伝いをすることが増え、経営法務コンサルタントの仕事に憧れを持ち、行政書士になるため勉強を始め、行政書士試験合格。その後、慶應義塾大学に入学するが、業務が忙しく中退。

平成17年に行政書士として独立。1年目に1千万円の売上、2年目に1500万円の売上を達成する。

1000社以上の会社設立、3億円以上の創業融資のサポート、500以上の許認可の申請サポートを行い、SEOコンサルタントとしてクライアント30社以上でWEB集客で合計15億円以上の売上UPに貢献する。

その後、順調に事業を拡大していたが、リーマンショックにより挫折、働きづめがたたって心と身体を壊す。また、大きな交通事故に遭い、自分の人生について考えることになる。

プロフィールの続きはコチラ→

アメブロはこちら→

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031