士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

USP創造とビジネスプロデュース

Googleのペナルティーとは何か?なぜか順位が上がらない時のペナルティ対処法

更新日:

Googleのペナルティーとは何か?なぜか順位が上がらない時のペナルティ解除法

こんにちは

士業・コンサルのブログ集客を研究している小野です。

役に立つ記事を書いて、まっとうにブログを更新している方は、それほど恐れる必要はないことですが、今日は「Googleペナルティー」について書きたいと思います。

一昔前の「キーワード詰め込みSEO」や「スパムのような外部リンクの購入」をしていた時代なら、毎日、検索順位が下がっていないかと、ひやひやしながらSEO対策をしていましたが、今はGoogleガイドラインに準拠して正当なコンテンツSEOをしているならそれほどペナルティーは恐ろしくありません

しかし、専門家ブログを運営していると、同じノウハウ系のブログにコピーコンテンツを作られたり、コピーとまではいかなくてもノウハウがかぶり、それをGoogleがペナルティーとすることもないとは限りません。

Googleペナルティーの事を事前に知っておくことは、想定される不利益を予め回避して、クライアントの信頼を失わないようにするためにとても大切なことです。

ぜひ、今日のペナルティの話をお読み頂き、あなたのブログ運営にいかして頂けたら幸いです。

それではGoogleペナルティとは何か?その意味と対処法についてお話します。

ペナルティーになる前提の考え方

Googleは独裁者ではありません。あるサイトやブログが個人的に気に入らないからといって、サイバー攻撃のように検索順位を落としたり、逆に買収により検索順位を上げたりしません。と思っていますし、そう願います。

また、Google社の全ての行為には、意味があると思いましょう。Googleペナルティも意味があり行っています。意味があるからこそ予め予測や対策も可能になるのです。

Google社が最も大切にしているものは何でしょうか?もちろん、それは「検索ユーザー」ですね。

「検索ユーザーの役に立つため」にどうするか!

これこそがGoogleの全ての行為の大前提となる考え方です。Googleペナルティも例外ではありません。

Googleペナルティを受け、道に迷った時、この大前提に立ち帰りましょう。そうすれば自ずと対処法が見つかると私は思います。

Googleペナルティとは?

手動ペナルティと自動ペナルティについて

Googleのペナルティには、人が手動で行う「手動ペナルティ」と、検索エンジンにより自動的になる「自動ペナルティ」があります。

手動ペナルティとは?

手動ペナルティは、あまりにも悪質性が高いために、Googleが緊急事態として行う強烈なペナルティです。この手動ペナルティは、サーチコンソールで通知されるほど重大かつ深刻な原因がある場合に発動されるもので、放っておいても解除されません。

トップページが検索結果から排除されるなどの深刻な運営被害を受けるもので、対処するにもかなりの時間と手間を要します。

検索エンジンからの流入がまったくなくなるなどの深刻な被害が出た場合は、この手動ペナルティを疑いましょう。

手動ペナルティを受けた場合は、トップページがインデックス削除されている可能性もあるため、まずはトップのタイトルで検索してトップページが検索結果に出るかどうか確認してください。

次に、サーチコンソールの通知を確認も大切です。手動ペナルティを受けている場合、サーチコンソールに通知が届いています。
この通知された要因をガイドラインに沿って修正した後、Googleに「再審査リクエスト」すれば手動ペナルティは解除されます。

なぜ、手動ペナルティを受けているのか、違反している箇所がわかるため、時間はかかりますが修正すれば手動ペナルティは解除されます。

また、手動ペナルティには期限があり、一定期間が経つとペナルティが自動的に解除されます。ですが、根本原因が改善されていないため、再度ペナルティを受ける可能性はあります。

自動ペナルティとは?

自動ペナルティは検索エンジンに自動でペナルティを受けます。この場合は、サーチコンソールにペナルティを受けたと通知がこないんです。

なので、今の検索結果がペナルティであると気づかないことがあります。これがなんとも厄介です。ペナルティと認識できないので対策せずにペナルティを受け続けるということも考えられます。

もちろん何が原因だと検討すらしないため、何ヶ月も何年もペナルティを受け続けることになります。これはとてつもない運営被害です。

自動ペナルティは、認識そのものが難しいため、解除法を検討するというより、ペナルティを受けに運営を心がける方が合理的です。

ペナルティにあたるかどうかは、Googleのみぞ知るというわけですが、幸いにもGoogleはヒントをくれています。

それがGoogleガイドラインです!

Googleの主なガイドラインに「品質に関するガイドライン」として基本方針と、具体的な事項に関するガイドラインがあります。前者が総論で、後者が各論ですね。

それでは順番に見ていきましょう!

品質に関するガイドラインの基本方針

まず、基本となるガイドラインが「基本方針」です。自動ペナルティを受けないようにするためには絶えずペナルティを受けないように質の高いコンテンツを作るなど、運営する上で上で気をつけたいことがあります。それがこれです。

先にも書きましたが、Googleはユーザーの役に立つことを最高の理念においています。なので、この基本方針も如何にユーザーに役立つ運営を行うかという方向性でかかれています。

それを理解したうえで、しっかり目を通してブログ運営に役立ててくださいね。

品質に関するガイドライン

この品質に関するガイドラインでは一般的な偽装行為や不正行為について説明していますが、ここに記載されていない不正行為についても、Google で対応策を実施することがあります。また、このページに記載されていない行為が許可されているとは限りません。抜け道を探すことに時間をかけるより、ガイドラインを遵守することでユーザーの利便性が向上し、検索結果の上位に表示されるようになります。

Google の品質に関するガイドラインに準拠していないと思われるサイトを見つけた場合は、スパム報告で Google にお知らせください。個別の不正行為対策を最小限に抑えられるよう、Google では拡張可能で自動化された解決方法の開発に努めています。Google では、すべての報告に対して手動による対策を講じるとは限りませんが、ユーザーへの影響度に応じて各スパム報告に優先度を設定し、場合によってはスパムサイトを Google の検索結果から完全に削除することがあります。ただし、手動による対策を講じた場合には必ずサイトを削除する、というわけではありません。また、報告を受けたサイトに対して Google で対策を講じた場合でも、その効果があったかどうかが明確にならないこともあります。

基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

具体的なガイドライン

次のような手法を使用しないようにします

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

次のような望ましい行動を習慣付けます

  • サイトがハッキングされていないかどうかを監視し、ハッキングされたコンテンツを見つけたときはすぐに削除する
  • サイトにユーザー生成スパムが掲載されないようにし、見つけたら削除する

サイトがガイドラインに違反している場合、Google ではサイトに対して手動による対策を適用します。問題を修正した後、サイトの再審査をリクエストできます。

品質に関するガイドラインより引用

ウェブマスター向けガイドライン→ 品質に関するガイドライン

具体的なガイドライン

基本方針を踏まえた上で、具体的なガイドラインを見ていきましょう!ここでもユーザーの役に立つコンテンツという大前提を忘れないようにしましょう。

具体的なガイドラインを解説

具体的なガイドラインを解説します。スパムのような行為をGoogleが許さないのは、承知していると思うのですが、コンテンツの自動生成、リンク プログラムへの参加、不正なリダイレクト、隠しテキスト、コンテンツのキーワード、不正なリダイレクト、悪意のある動作を伴うページの作成の詰め込みをしないようにしましょう。

ペナルティを受けないような運営を心がける!

必要ない修正のせいで順位が落ちることも考えられ、ペナルティを解除するためと思いこんで色々と修正してしまうと、何が理由で順位が落ちてしまったのかわからなくなってしまうからです。

悪意がなくても以下のようなコンテンツを作ってしまうケースです。これにより自動ペナルティを受けることになる可能性があります。

今日はここについて詳しく解説します。

オリジナルのコンテンツがほとんどないページを作らない!

 

 

コンテンツの無断複製

 

 

十分な付加価値のないアフィリエイト サイト

 

重複ページを作ってしまう場合

たまに、記事を投稿してもすぐにはインデックスされない場合があります。
そして、その記事に設置しているSNSなどが先にインデックスされてしまうとオリジナルコンテンツの方がコピーと認識されてしまい、ページまたはサイト全体の評価を落としてしまう可能性が考えられます。

コピーされない様に予防する!

 

 

記事を直ぐにインデックスさせる!

PubSubHubbub」というプラグインを入れる!

を入れておけば数分以内に投稿した記事をインデックスさせることができます。
こちらはインストールして有効化しておくだけで使うことができます。
WordPressをお使いの場合は必ず入れておきたいプラグインのひとつです。

修正後は必ずFetch as Googleで通知する!

ワードプレスならPubSubHubbub」をインストールするのが一番ですが、これをインストールできない、若しくは、ワードプレスでない場合は、Fetch as Googleで通知しましょう!。

Googleペナルティについて最後にまとめ

今日は、ペナルティについてまとめてきました。

手動、自動のペナルティは運営上多大な損害をこうむります。また、自動ペナルティは気づかないこともあり厄介です。

Googleのペナルティを受けないような運営をこころがけましょう!

そのためには、品質に関するガイドラインを良く理解して日頃から、高い品質のコンテンツを作るように心がけましょう。

ペナルティを受けてしまったと感じた場合、焦らずペナルティかどうかを見極め、じっくりと時間をかけて良質なコンテンツに改善するなどの具体的な対応を行います。

今日のお話が参考になれば幸いです。

また他の記事も見てくださいね。

 

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-USP創造とビジネスプロデュース

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.