【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

節税とお金の話 資金調達 起業・会社設立

【保存版】プロ行政書士が教える賢い起業資金の作り方&調達方法

更新日:

【保存版】プロ行政書士が教える最も賢い起業資金の作り方・集め方

起業にお金が必要だと本当に思っていますか?

資金調達の全体像を理解しよう!

起業を考えている方の大きな悩みになるのはやはり資金です。 近年、起業を応援する新しい会社やサービスが増えてきています。それに伴い資金調達の種類や方法も本当に多様化しています。
このページでは資金調達の方法とメリット・デメリットなどをわかり易くお話します。

資金調達にあたって最低限知っておきたいこと

最初にためておく自己資金が1番

起業のための資金として、もっとも理想的なのはすべて自己資金でスタートすることです。

事業の目的や事業モデルで資金調達の方法が変わるということ

ベンチャーやスタートアップ
非連続的な成長、世の中や業界を変えるような目的で事業をしている会社があります。

スモールビジネス
ベンチャーやスタートアップでない事業をスモールビジネスと言います。

5種類の資金の調達方法

家族・友人からの借金

借金の中でも社会的に負債という意味合いが弱いのが、家族や友人からの借金です。ですが借金である以上はいつかは返す義務があります。

 

創業融資(日本政策金融公庫での借り入れ)

日本政策金融公庫は、国が100%出資している金融機関です。創業者のための銀行です。

制度融資での借入(信用保証協会の融資)

信用保証協会は国の機関で、銀行が創業者に融資して、もし創業者が返済できなくなった場合のリスクを銀行に代わって負ってくれる機関です。
そのため、創業者向けの融資は信用保証協会を使っての融資になります。

プロパー融資での借入

プロパー融資は、銀行固有の融資のことです。信用保証協会がつきません。
信用保証協会がつかないということは、銀行が自らのリスクの下、会社や事業に対して融資をするわけです。

投資家からの出資

エンジェル投資家や個人投資家という言われる人から出資を受けるという方法があります。どんな人がエンジェルや個人投資家なのかというといろいろな人がいます。
ソーシャルレンディングとういう資金調達方法も

ベンチャーキャピタル(VC)からの出資

エンジェルや個人投資家と基本的には同じとなります。

補助金や助成金による資金調達

どちらも、融資とは違い、原則返す義務はありません。また、基本的にどちらも後払いとなります。

クラウドファウンディングでの資金調達

簡単に言うと、インターネットを使い、不特定多数の一般の個人の方々から、小さなお金を集める資金調達の方法です。
クラウドファンディングとは、クラウド=群衆からお金を出してもらうという意味です。今までは、一般的には、企業が銀行などからお金を借りるという、BtoBの取引が一般的でしたが、インターネット、スマホの普及などによって、BtoCでの資金調達の方法が出てきたわけです。(CtoCとなる場合もあります。)

クラウドファンディングも多数の会社が参画をし、いろいろな特徴のあるサービスを展開しています。

・「商品購入型た寄付型」
企業や個人が、新しい商品やサービスをつくる際の資金を集め、目標金額に達したら、
その見返りとして支援者に対し、負担してくれた金額に応じたリターン(商品やサービス)を提供するものです。

事例として、皆さんがご存知のメジャーリーガー、イチロー選手の例を上げてみましょう。
これは企業への資金調達等の目的として生み出された物ではありませんが大変おもしろいです。イチロー選手のファンであるエイミー・フランツさんと言う女性がいます。
この「イチメーター」はテレビで特集が組まれる事もあった程、有名なものです。
しかし、応援する中で問題となったのが、メジャー通算3000安打を目の前にした時、応援先に向かう為の旅費でした。
これも、エイミーに対し共感し、資金を出した皆さんがいて成立したものと言えます。
クラウドファウンディングは、このような事にも使う事ができ、まさに多様化した形と言えるでしょう。

また、企業として、朝日新聞のクラウドファウンディング「A-port」があります。
「A-port」では、プロジェクトの起案者の事を「起案者」とし、支援する人を「支援者」と呼んでいます。
そして、資金を援助する事により、支援者が貰える特典の事を「リターン」と呼んでいます。

プラットフォーム
CAMPFIRE
MAKUAKE

・「投資型のクラウドファンディング」

ファンディーノをはじめ、法改正によって商品購入型でなく、株式との交換=出資の形で資金調達できるクラウドファンディングも出てきています。
投資型のクラウドファンディングは、出資となるので、エンジェルや個人投資家、ベンチャーキャピタルの部分の注意事項を必ず意識するようにしてください。

私募債(しぼさい)による資金調達

一般的には、証券市場にで、多くの投資家に発行している公募債とは違い、個人や会社と関係ある特定の少ない相手などに対して発行する社債の事を言います。
わかりやすく言えば、小規模での資金調達と言うイメージです。

ファクタリングによる資金調達

事業資金の調達方法のひとつにファクタリングがあります。ファクタリングは、未回収の売掛金(債権)を、ファクタリング会社が買い取って、資金を得る方法です。

企業間で取り引きを行なうときに現金払いではなく掛け売りで取り引きされることもおおく、現金回収まで時間がかかる場合があります。そんな時に売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことです。

支払期間が長いと現金化できず資金繰りに影響が出ます。こんなときにファクタリングサービスで即座に売掛金をキャッシュに換えられる仕組みは便利なのです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは3つです。

1.とにかくカンタン!

銀行などからの融資の場合は、経営状態の審査がいりますが、ファクタリングは融資ではないので審査が通りやすく担保も要りません。

2.資金繰りがよくなる

キャッシュフローの正常化です。売掛金を売却して資金を調達できるので急な出費や支払金の不足に対応できます。

3.貸借対象表がスリム化される

貸借対照表のスリム化が実現することです。償還請求権なしの債権譲渡を行うファクタリング会社に頼めば、売掛先が倒産で売掛金が回収できなくなった場合でも、負担する必要がなく貸借対照表でも負債になりません。

最後にまとめ

今日は、さまざまな資金調達方法をお伝えしてきました。

資金はかからないほうがいいです。できるなら自己資本でまかなうことをおすすめします。

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-節税とお金の話, 資金調達, 起業・会社設立

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.