【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

USP創造とビジネスプロデュース

【初心者】ドメインの種類とドメインの取り方について解説するよ!

投稿日:

ドメインの種類と取り方を初めての人にもわかりやすく解説。

ドメインにはいろいろあります!その違いがよく分からない…

起業革命家 小野

こんにちは

専門家やこだわり起業家のブログ集客の研究をしています。

小野です。

今日は、「ドメインの種類や違い、ドメインの取り方」についてお話します。

ドメインを取った事や使ったことがない人は、

  • どのドメインがいいの?
  • 「.com」「.info」ではどんな違いがあるの?
  • ドメインで検索順位が変わってくるの?

などいろいろと分からないことが多いと思います。

今日は、それらの疑問にできるだけわかりやすく解説したいと思います。

最後まで読んで頂けると幸いです。

独自ドメインの種類について

独自ドメインは、大きく分けて「gTLD」と「ccTLD」と呼ばれるものに分類されます。
詳しく知る必要はありませんが、簡単にいうと「gTLD」は使用の制限がなく誰でも取得できるドメインで、「ccTLD」は国や地域ごとに割り当てられた取得に条件があるドメインです。

gTLD(一般トップレベルドメイン)

国籍や用途、個人・法人に関係なく、誰でも(いくつでも)取得することができるドメインです。
ドメインごとの意味は一応あるのですが、あまり意識して使用されているわけではなく、サイトの内容とドメインの意味が合っていないからといって検索順位で不利になることもないので、自分の好きなドメインを使用して問題ありません。
特にこだわりがないのであれば、「.com」か「.net」が料金的にみてもおすすめです。

よく使用されているgTLD(下記以外にもたくさんの種類があります)

「.com」

商用を意味する「commercial」を略したもので、知名度・認知度が高く、世界中で1番使用されているドメインです。
商用かどうかを気にする必要はまったくありません。

「.net」

ネットワークを意味する「network」を略したもので、「.com」と並んで人気のあるドメインです。

「.biz」

ビジネスを意味する「business」を略したもので、文字通りビジネスサイト向けのドメインです。

「.info」

インフォメーションを意味する「information」を略したもので、情報発信をするサイト向けのドメインです。

「.org」

組織を意味する「organization」を略したもので、主に非営利組織を対象としたドメインです。
ウィキペディアのようなサイトでよく使われますが、非営利や組織である必要はありません。

ccTLD(国別コードトップレベルドメイン)

国や地域ごとに割り当てられたドメインで、信頼性が重要になる企業・法人サイトでよく使用されます。
日本の場合は「.jp」が割り当てられており、日本国内に住所のある個人・組織・団体のみが取得できます。

ccTLDを取得するには、ドメインごとの登録条件を満たしている必要があります。
また、「.co.jp」や「.ne.jp」などの「属性型jp」と呼ばれるドメインは、取得できる数やWHOIS情報代理公開サービスの利用に制限があります。

よく使用されているccTLD(下記以外にもたくさんの種類があります)

「.jp」

日本国内に住所があれば誰でも取得できるドメインです。
取得できる数に制限はありません。

「.co.jp」

日本国内に登記のある企業や信用金庫・信用組合などの組織のみが取得できるドメインです。
「.co」の部分は「.com」と同じで商用を表しています。
1つの組織に1つしか取得できません。

「.ne.jp」

日本国内のネットワークサービスを対象にしたドメインです。
「.ne」の部分は「.net」と同じでネットワークを表しています。
1つのネットワークサービスに1つしか取得できません。

「.or.jp」

日本国内の財団法人・社団法人・農業協同組合・公的な国際機関などを対象にしたドメインです。
「.or」の部分は「.org」と同じで組織や団体を表しています。
1つの組織に1つしか取得できません。

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-USP創造とビジネスプロデュース

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.