士業・FP・コンサルのUSPとブログ集客をプロデュース

【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾

質の高いコンテンツの創り方 集客・WEBマーケティング

【保存版】Googleが認める「質の高いコンテンツ」とは?良質なサイト(ブログ記事)を書く秘訣

更新日:

このページのコンテンツ

Googleが認める良質なコンテンツとは?その根拠と対策法を公開

グーグルって無料で検索できるけど何で儲けてるの?

Googleは、世界一の検索システムを運営する会社として、その提供する検索システムは無料で世界中の人々に利用されています。僕も、毎日と言っていいほどYahooやGoogleの検索システムを使って、何かの調べものやサイトを探しています。

昔と違って最近は検索の精度も上がっていて、探している記事がバッチリ掲載されているサイト一発で見つかります。しかも掲載されている記事の品質も向上してきました。

ところでみなさん、あたり前のようにグーグルを使ってますがGoogleにお金を払ったことありますか?ほとんどの人が「ない」と思います。Googleの検索エンジンを蛇口から水がタダで出る感覚で使っているのであまり考えないですが、Googleって何で稼いでるんでしょうか?

実は、Googleの収入の多くは「広告」なんですね。だから、Googleのお客様は、「アドセンスの広告主」なんです。だけど、Goolge最も大切にしているのは「検索エンジンの利用者の満足度」です。

なぜそうなのかというと、検索エンジンの利用者を満足させて検索システムを多くの人に使ってもらえれば自然に広告主が増えるからなんです。

もっとわかり易く言うと、「広告をだしてください!お願いします!」と言わなくても、検索エンジンの利用者が増えれば、「広告をださせて下さい!」とお願いされることを知ってるからなんです。

だから、Googleは「検索エンジンの利用者」を大切にします。そのために検索結果に利用者が満足する「質の高いコンテンツ」を表示することが重要なのです。

「利用者の満足度」をいかに上げるかが「上位表示の肝」!

Googleは、当初からユーザーのことを気にかけている企業です。もっとも重要な考え方が 「ユーザーの利便性を追求する」です。この考え方に基づいてGoogle社の全ての判断やサービスの開発が行われています。

なので、ユーザーのために優れたサイト(良質なコンテンツ)を作っている方を評価することを公表しています。

検索アルゴリズムだけの為でなく、ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われる。

良質なサイトをより高く評価するために

このことから、今後Googleに評価されたいなら「利用者に役立つこと」を真剣に考えなければならないということです。では、「優れたサイト(良質なコンテンツ)」とは何なのでしょうか?

この記事では、特に士業やコンサル、こだわり起業家が

「より多くの読者の悩みを解決できる専門家ブログ」を作るための「良質なコンテンツ」とは何か?

に的を絞ってお話します。

それでははじめましょう。

「良質なサイト」とは何か?グーグルが教えてくれること

それでは早速「良質なサイト」とは何か?についてお話します。Googleは「良質なサイト」とはどういうものか、実は公表しています。

それが以下の「良質なサイトを作るためのアドバイス」です。

少し長いですが、ぜひ、じっくり読んでみてください。

良質なサイトを作るためのアドバイス

良質なサイトとは?サイトに対する Google の品質評価アルゴリズムは、低品質なコンテンツのランキングを下げることによって、良質なサイトをユーザーが見つけやすくします。今回の Panda アップデートは、サイトの品質評価をアルゴリズムで行うというこの難題に挑戦しました。ここでは、そのアルゴリズム自体からはいったん離れて、そのアルゴリズム開発の背後にある考え方についてご説明しましょう。

以下に示す問いかけは、ページまたは記事の「品質」を評価する際に参考となる項目群です。Google ではサイトの品質を評価するアルゴリズムを書くときに、このようなことを自問しています。これらの項目は、検索ユーザーが何を求めているかについての、Google なりの考えです。

もちろん、Google が実際にアルゴリズムで使用しているランキング シグナルは公開できません。検索結果が操作されるような事態を防ぐためです。代わりに以下の項目をご覧頂くことで、Google がこの件をどうとらえているのか、ご理解頂けるのではないかと思います。

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

実際にページやサイトの品質を評価するアルゴリズムを書くことは、これらの自問をするよりもずっと難しいものです。しかしこれらの質問から、Google が良質なサイトと低品質なサイトとを見分けるアルゴリズムをいかにして書こうとしているのか、ご推察頂ければ幸いです。

参考:
Google ウェブマスター向け 公式ブログ「良質なサイトをつくるためのアドバイス

簡単に言うと、この記事に挙げられていることがちゃんと実践できればGoogleが求める「質の高いコンテンツ」に近づくということです。

あなたが何かの情報を探していて、Googleで検索したとします。その時、毎回検索結果がスパムのような記事ばかりだったらどう思いますか?私だったらGoogleを使うのを止めます。当然ですよね。自分の求める情報がないわけですから。

Googleは、こういうことが無いように、質の低いページを検索結果から排除しようとしているんです。それは上の記事からもうかがえます。

サイトに対する Google の品質評価アルゴリズムは、低品質なコンテンツのランキングを下げることによって、良質なサイトをユーザーが見つけやすくします。

もちろんGoogleのアルゴリズムは誰も知ることができません。アルゴリズムの中身を解析して、明確に上位表示をするための条件を示すことは誰にもできないわけです。

ですが、「良質なサイトを作るためのアドバイス」に書かれた問いかけが、

「ページまたは記事の「品質」を評価する際に参考となる項目群です」

と明確に語ってくれています。

つまり、この記事の「問いかけ」を1つずつ見ていけば、「何が質の高いコンテンツ」なのか分かるということです。

それでは、具体的に見ていきましょう!

良質なコンテンツ1 信頼できるコンテンツか?

信頼できるコンテンツの根拠

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?

Googleが最初に上げる質の高いコンテンツとは、「信頼できるコンテンツ」です。

そもそも

「あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?」

という一文を最初に持ってきているところからGoogleが信頼できるコンテンツを最重要に考えていることが伺えます。

それもそのはずです。情報の質が高くても、低くても、そもそもうその情報では意味がありません。うその情報をGoogleは一番嫌うわけです。

「Googleを使って調べたら失敗したよ!」とうわさになるのを恐れているんですね。

なので、あなたがコンテンツを作るときに一番重要に考えないといけないのは、情報の信用性です。

情報の信用性を持たせる手段として2行目以降があるわけです。

では、ひとつひとつ見ていきましょう!

信頼できる一次情報は読者に安心感をあたえます。このようなコンテンツは高く評価されるべきです。

良質なコンテンツを作成するポイントとして、Googleは以下ようなものを挙げています。

  • 信頼性がある: 独自の調査、引用、リンク、レビュー、証言などを通じて、サイトの信頼性を示します。著者の経歴や実際の顧客からの証言などを掲載すれば、サイトの信頼性や評価を高めるのに役立ちます。

この情報は非常に参考になります。引用やリンクなどはサイトの信憑性につながるとGoogleは考えているようです。個人的にはあまり引用やリンクなどはしないほうが、独自性があって高く評価されるのかと考えていましたが、逆に第三者の情報が入ることで信憑性が高まると判断されるわけです。

  • 高品質: サイトのコンテンツはユニークで、質の高いものでなければなりません。大量生産されたコンテンツや、他の多数のサイトに委託したコンテンツは望ましくありません。コンテンツは、検索エンジンで上位に掲載されるためではなく、優れたユーザー エクスペリエンスの提供に主眼を置いて作成してください。

 

専門家または熟知している人が書いたもの

1つ目の信頼性の基準は、

この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?

です。

つまり、「素人の知ったかぶり」「深い専門的知識のない付け焼刃の情報」をGoogleは評価しません。

また、

  • 素人が書いたもの
  • 素人と大差ない専門家の記事
  • 根拠のない都市伝説
  • 根も葉もないうわさ話
  • あいまいな表現

は評価されません。

重要なのは、専門性や熟知している人物であるということを「どのように証明するか?」です!これには証拠やデータ、登録番号など以下の情報が有効であると考えます。

①専門家の肩書きと登録番号

まず、専門家であることが良質なコンテンツの評価の重要なポイントであることは間違いないです。

  1. 医療系の情報サイト 肩書き「医師」 登録番号「医師免許の番号」
  2. 法律系の情報サイト 肩書き「弁護士」 登録番号「日弁連の登録番号」
  3. その他、大学教授、カウンセラー、セラピストの肩書き

などが強い根拠となるでしょう。現実には専門家だからといって熟知しているとはかぎりませんが、Googleが検索アルゴリズムで評価する場合には最も信頼性できる情報になることは否めません。

問題は、詳しいものの情報であることですね。これには肩書きや登録番号がないので客観性がありません。

判断基準の根拠としては、

  1. サイトの運営期間
  2. ブログの記事の情報量
  3. Googleアナリティクスの情報(PVやリピート数)

などを根拠に判断するものだと思います。

今後、さらにGoogleの検索アルゴリズムの精度が上がれば、肩書きや登録番号などより、これらの情報の信頼性を重視するのではないかと私は考えています。

②上記のものの監修

記事の監修者として専門家の名前や肩書き、写真、意見などをブログに掲載しているケースがよくあります。専門家の監修している記事は、専門家の記事と同程度に信頼できるものです。

Googleのいう熟知したものの情報という問いかけにあたるものと評価できます。

検索意図に合った情報を提供する

ユーザーの関心に沿った内容を提供することです。
他サイトと比較した際に、ユーザーにとって役立つ情報を多く備えていると、質の高いコンテンツだと検索エンジンに判断されます。情報が最後まで読みやすいように、文章の見出し、関連キーワードを盛り込むなど、工夫が必要です。

ぼんやりとした文章表現ではなく、具体的な内容や結論でまとめられていると、ユーザーにも理解しやすく、最後まで読み切れますよね?また、写真や動画を取り入れるなど、興味・関心を引く工夫がされていると、ユーザーが定期的に訪れるようになります。

③証拠やデータ

 

④記事の内容(目視で確認)

⑤文法やスペルチェック

正しい文法

自動生成されたコンテンツはスパムに該当します。
正しい文法で訪問者に理解されるコンテンツである必要があります。
また、訪問者目線で読みやすいコンテンツ、ナビゲーションメニューの配置も重要です。
代表的なものとしては以下のような点に注意してコンテンツを作成します。

  • 日本語として正しい文脈と文法
  • 訪問者が今どこにいるか一目で分かるパンくずリストの設置
  • 大きな見出しで読みやすくレイアウトする
  • 本文の文字は小さすぎないように
  • 改行を使って3行で一つのパラグラフにすると読みやすい
  • スペースをうまく使う
  • 適切に誘導する為のわかりやすいアンカーテキスト設置

 

文字装飾については、ユーザー目線でわかりやすさを第一に太字を使用したり、斜体、下線などを使用します。
以前はbタグ、Strongタグ等でターゲットとするキーワードを囲むと評価が上がるといった都市伝説がありましたが、順位との関連性は無いでしょう。
また、GoogleのMatt Cutts氏の発言ではbタグやStrongタグはemやiとともに特別な違いは無いとも発言しています。

コメント自体の文法が誤っていると評価に悪影響を及ぼすか?

ブログを運営されている場合には、第三者が記事に対してコメントできるコメント投稿機能が付いている場合が多いと思います。

ウェブマスタービデオでは、「WordPressブログ上のコメントに関して、文法を修正するべきか?ひどい文法の場合は、承認してはならないのか?もし承認した場合に文法の問題でサイトの評価に悪影響があるか?」といった質問がありました。
この質問に対してMatt Cutts氏が回答しています。

あなたのページ上のコンテンツの文法が正しければ、コメント自体の文法が正しいかどうかまでは心配する必要はありません。
というのは、インターネット上のコメントを見て見ると意味がわからないものもあります。
例えばYouTubeや他の大きなサイトのコメントの中には意味の通じないものもたくさんあります。
このようなコメントがあるからといって、YouTubeのページが検索結果に出ないわけではありません。
重要な事は本文内に高い品質のコンテンツを提供する事です。

⑤読者の評価やコメント

信頼度を上げるには「定期的なリライト」も非常に重要です。記事は時代の流れとともに情報が陳腐化します、常に新しい情報で記事をリライトすることは、ブログの信頼度を維持して、Googleからの質の高いコンテンツという評価を保つ重要な要因になります。

記事のリライトについては、以下を参照して下さい!

②クレジットカード情報を提供できるか?

2つ目の問いかけ、

あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?

これはそのままズバリでしょう!サイトで商品を買うときに「クレジットカードでの支払いができるか?」ということです。

クレジットカードの情報は、お金が絡む個人情報のトップシークレットです。その情報を渡せるくらいに信頼できるかと言う事です。クレジットカーで決済を導入しているサイトは、これだけでグーグルの評価があがると言えます。

初めて訪れた胡散臭いサイトでクレジットカードを使えないでしょう?そう言うことです。

③オリジナル(独自)のコンテンツがあるか?

3つ目の問いかけです。

独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

オリジナルコンテンツについてGoogleが以下のようなことを言っています。

  •  商品やチーム、作者自身の画像を追加することで、サイトに色どりやリアリティをもたらします。

独自性とは、あなた独自のユニークな記事のことですね。コピーコンテンツがダメということだけでなく、一歩踏み込んで、あなたのオリジナル、ユニークさを求めています。

  • 作者自身の画像

作者の画像やサイトのオリジナルデザインも質の高いコンテンツと評価されます。

④第一人者(オーソリティー)かどうか?

4つ目です。

そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?

⑤健康サイトは「医者」や「薬剤師」が有利

5つめの問いかけです。

健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?

⑥読者の感想やコメント、お顧様の声の設置

6つ目です。

このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

努力して作った質の高いコンテンツ

質の高いコンテンツは、手間ひまをかけて情報収集、情報整理、編集、校正を経て生み出される、はっきりとしたオリジナルの価値を持っているものです。

Googleは、以下の問いかけにより、それが重要と示しています。

つまり

  • コピーコンテンツ
  • よく考察されていない記事
  • あなたの意見がまったくない記事
  • 内容が薄く雑な記事
  • 一歩的で偏見の多い記事
  • 品質管理されていない記事

は評価されない問いことですね。

これから具体的に努力して作った質の高いコンテンツとは何か?見ていきましょう。

質の高いコンテンツとは?

以下が「質の高いコンテンツ」についての問いかけです。GoogleのMatt Cutts氏は、コンテンツの数や更新頻度より、品質の方が重要と言っています。彼も毎日は更していないようで、たまにサボってしまう事もあるとか。
ただし、投稿する時は、「必ず読者の役に立つ何らかの情報を載せる!」という事を考えてコンテンツを作るようです。

あまり更新回数が減ると、Googleの評価よりも読者の評価がダイレクトに下がります。それを今日しながら高い品質を確保するようにしましょう。

数日更新しなくても、数週間かけてリサーチした内容の濃いブログを投稿すると検索エンジンの評価はあがりますし、毎日更新しても外部委託で作成した内容の薄い記事は評価が下がります。

また、

  • あなた独自の見識
  • ユニークな洞察
  • 緻密な分析
  • 思いもよらない考察

などを含めると、読者の役に立ってブックマークや自然リンクが獲得できます。

これがあなたのブログの価値がどんどんあがる仕組みです。

それでは具体的に見ていきましょう!

  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?

①読者の検索意図を満たす記事を作る!

このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?

外部ページのコンテンツをコピペする

検索順位が上のページや、同じビジネスを行っているサイトを参考にするケースがあると思います。例えば既に上位のページと同じページを作成したからといって、Googleで上位表示される事はありません。検索エンジンはコピーされたコンテンツを見抜く事が出来る為、インデックスされたとしても検索結果に表示される事はほとんどないでしょう。

外部サイトのコンテンツを組み合わせたり、文字を置き換えたりする行為

まるまるコピーしてしまうと検索エンジンからの評価が悪くなる為、なるべく手間がかからないように一部置き換えたりしてごまかす行為です。こちらも最近のウェブマスター向けガイドラインでは、新たに禁止項目として追加されました。

RSSを活用したページ

無断かどうかという点では、RSSで発信しているので流用は可能かもしれませんが、アフィリエイトのページなどでは特定のニュースに絞ってRSSでコンテンツを引っ張ってきているページを見かけます。引用は良いと思いますが、あくまでもそのページ内に独自のコンテンツを盛り込まなければサイトの評価は上がりませんので注意が必要です。

カタログページの流用

こちらも無断ではなくても、同じようなページが多くのサイトに掲載される点では、評価は低くなります。ECサイトであれば、レビューを入れたり、購入者の評価を入れたりといったオリジナルの工夫が必要です。

既に一般化している知識などの場合は、コンテンツの一部が重複してしまう事はもちろんあるでしょうが、そのような場合はページにオリジナルのコンテンツ(トピック)を追加・補足して差別化しましょう。
競合サイトと似たようなトピックを扱うコンテンツでもオリジナルのコンテンツ多く含めて差別化する事で訪問者からも検索エンジンからも評価されやすくなります。

SEO対策だけを目指したコンテンツ(スパム的コンテンツ)

  • それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?

 

オジナリティーを持っているか?

  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

『質の高いコンテンツ』には、独創性(=オリジナリティ)が必要です。

同一サイト内のコンテンツだからと言って、同じ文章を使いまわしていませんか?検索エンジンはコンテンツの盗作・完全一致を嫌うため、使いまわしはNGです。

提供する内容も、別サイトからのコピーや以前の内容の書き直しよりも、新たに調べ得た内容を含めることで、ユーザーにとってより有益な情報を提供できます。

流行の話題を取り入れるなど、常に独自の新しい情報を発信していくことを心掛け、ユーザーの関心を引き付けましょう。

 

利用者に評価されるコンテンツ

  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

これをGoogleの社員が認めた公式な発表がこ

6)ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

ブックマークやソーシャルアクションをされるのは、コンテンツに対する共感や感心や驚きなどです。

一定以上の共感と驚きを提供することができれば、より人の目に触れることになり、被リンクにつながります。

他のサイトよりも新鮮な情報を扱っている

ブログコンテンツでは、古いコンテンツをそのまま放置してしまう事も多いと思います。
また、ニュースサイトのように同一のトピックであっても常に新規ページでコンテンツを作成している方も多いかもしれません。

ウェブサイトの運営方法はそれぞれですが、運営されているブログがニュース形式でなければ、同一トピックで新規コンテンツページを作成するよりは、既存のコンテンツに追加・補足した方がSEOで有効な場合もあります。

また、訪問者にとっても新しい情報も含めてきちんとまとめられたページの方が使いやすい場合もあります。
この点についてはGoogleのMatt Cutts氏の発言が参考になると思います。
「サイト内コンテンツの更新頻度(ページ追加)の影響と有効性」

れです。

検索されるキーワードに応じて、最も「質の高いコンテンツ」を検索上位に表示することが、Googleが行う全てのアルゴリズムのアップデートの目的ということです。現在の検索の精度は、非常に高いレベルで実現されてきています。

 

利用者の満足度を上げるには、検索で「質の高いコンテンツ」を表示すること!

利用者のために検索システムの使い勝手を上げることに日々力をいれています。Googleは、「質の高いコンテンツ」を検索結果に表示することを目指しています。

今日は、このGoogleが求める「質の高いコンテンツ」とは何なのか?、そして質の高いコンテンツを書くためには何が必要なのか?

Googleが一般に公表している情報を根拠に解説して行きたいと思います。

 

士業・コンサル・こだわり起業家の濃い見込み客は全てGoogleなどの検索エンジンでキーワードを検索して流入してきますので、これらの業種にはコンテンツマーケティングは必須です。

コンテンツマーケティングには、良質な記事を載せることが求められていますので、今日は、。良質なコンテンツとは何か?

質の高いコンテンツマーケティングの真髄に迫るお話をしたいと思います。

あなたの集客に本当に役立つお話ですので、じっくり最後まで見てくださいね。

また、最近では、コンテンツの表示速度やモバイル対応もいわれるようになりました。

コンテンツの定義を以上のように設け、これらがGoogle検索エンジンにおいて、上位表示するために大切なことだと定義しています。

この中でいくつかをピックアップして、読み解いていきましょう。

2.ユーザーが求める情報を提供できるコンテンツ

検索したキーワードと関連しない情報が表示されると、ユーザーは離れてしまいます。ユーザーが求める情報を正確に提供することで、質の高いコンテンツに繋がります。

他のサイトより価値が高くて役立つ: 犬のトレーニング方法を紹介する場合は、犬のトレーニングに関するウェブ上の他の記事よりも高い価値を提供したり、異なる視点から書かれた記事を掲載したりします。

犬のトレーニング方法について書かれてありますが、「他の記事よりも高い価値を提供」というフレーズは少々抽象的すぎてイメージが掴みづらいです。しかし、その後に「異なる視点から書かれた記事」とあります。これだと随分イメージがしやすくなりました。つまるところ、独自の視点でオリジナリティー溢れる記事が高く評価されると考えて良さそうです。

有益で情報が豊富: レストランに関するサイトを立ち上げるなら、所在地、営業時間、連絡先情報、メニュー、今後のイベントを知らせるブログなどのコンテンツを掲載することができるでしょう。

情報が豊富に用意されていることは重要なポイントとして評価されます。最も分かりやすいのは文字数でしょう。ただし、だらだらと長い文章を書くだけでは良質なコンテンツとは呼べません。人はあまり多くの情報をたくさん取り込むことができないので、簡潔で分かりやすいことを前提に豊富な情報を提供する意識が重要だと考えます。

訪問者の満足度が高い

Googleは訪問者の満足度を測定する事はできないので、被リンクの質や数で判断しています。
被リンクも全く関連の無いページからの被リンクよりは、関連するトピックや信頼性の高いウェブサイトからのリンクを評価しています。
ブックマークでの共有もこの要素に含まれています。
役に立つ情報は引用でリンクを張られたり、共有されやすい為、結果論的にGoogleが判断している要素です。

ブログの訪問者の事を考えた場合、投稿者は投稿の頻度を重要視するケースがあると思います。
訪問者の立場に立ってみると、あるブログを毎日見て、ほとんど更新されていない事がわかると毎日はチェックしなくなります。
更新頻度が低いと、新しい情報が無い為、閲覧頻度も低くなってきてしまうのは当然かもしれません。

大きなブログの場合は、新しい投稿が数時間ごとにでてきます。
訪問者は静的なページを見るのとは異なり、一日中いつでも新しい投稿を見る事ができる為、訪問するたびに新しい情報を取得できるメリットがあります。

 

Googleが認める質の高いコンテンツを作るための気をつけること5つ

質の高い記事の根拠とは?

googleは質の高い記事を絶えず探している。

質の高い記事の根拠

 

Googleは良質なコンテンツの定義を以上のように設け、これらがGoogle検索エンジンにおいて、上位表示するために大切なことだと定義しています。

この中でいくつかをピックアップして、読み解いていきましょう。

1)サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?

内容のコピーはダメということでしょうが、図らずもコンテンツが似てしまうこともあるでしょう。

記事が書かれている時期やそのサイト全体の評価、ソーシャルによる評価等によっても判断が分かれますが、「オリジナリティがある=独自性がある=ライバルが少ない」の等式は成り立ちやすいはずです。

2)この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?

何を持ってスペルミス、文法ミスとするかは難しいところです。

ただ、検索キーワードに文法ミスやスペルミスがあれば、拾われにくいコンテンツになることは間違いありません。

例)Googleとは → Guugluとは

事実に関する誤りというのも、判断基準が難しいところ。

わざと事実と異なるショッキングな内容にして、ユーザーに反応をうながすコンテンツはたまに見かけますが、事実でないことがわかってしまえば、ユーザーはすぐに離れていきます。

ただし今のところ事実でないコンテンツを提供しても、そのコンテンツに多くのソーシャルアクションや被リンクが付けば、一時的にコンテンツの品質が高まります。

コンテンツの質以外に、コンテンツの信ぴょう性を担保するアルゴリズムを組み込む必要があります。

3)この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?

オリジナリティがある記事がGoogleのアルゴリズムに好まれることはみなさんご存知のとおり。レポート、研究、分析というと難しい感じを受けますが、これは単なる言い回しの問題。

独自の情報を盛り込んだコンテンツであれば、Googleとしても他と区別をしやすいはずです。

他とは異なる情報を1つの価値基準にしていると考えてよいでしょう。

4)次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?

このタイトルにかかる項目を1つずつ見ていきます。

コンテンツが外注などにより量産されている

暗にコンテンツの質が低くなることに注意を促しているように感じます。コンテンツを量産することで、以下が起こりやすくなります。

・文章量が少なくなる
・単語や語彙が乏しくなる
・他サイトの焼き直しになる

多くのサイトにコンテンツが分散されている

単純なコピペサイトへの警鐘だと思います。

5)記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?

コンテンツの質はコンテンツ公開後もあげていくことができますが、何度も推敲してから最初の公開を行った方が良いでしょう。

急いで雑に作られたコンテンツを公開してしまうと、Googleから低評価を受ける可能性があります。

専門性の高い記事

専門性の高いトピックを扱うコンテンツは検索エンジンに評価されます。逆に誰でも知っているような事をコンテンツにしてもなかなかGoogleからは評価されません。

 

ウェブを通して専門性の高い情報を発言できる運営者は限られますが、研究者でなくても検索ユーザーが興味を持つような詳しい専門的な情報を発信することは可能です。

 

ウェブサイトを運営し、SEOを考えるのであればまず自身が専門とするニッチなトピックから入り、少しずつトピックの幅を広げてコンテンツを制作していく事をおすすめします。

 

また、自身で専門性の高いコンテンツを作成する事が難しい場合には、外部の専門家に特定のテーマで記事を書いてもらう「ゲストブログ」という方法もあります。
運営者側は質の高いコンテンツを作成する事ができ、専門家はそこからの参照リンクを獲得できる為、記事の品質が問題なければ両者ともにメリットがありますが、コンテンツ提供者の書く記事の質や専門性は事前に見極める必要があります。
ゲストブログの運営上の疑問点は以前GoogleのMatt Cutts氏が説明していましたので紹介します。

 

 

 


 

オリジナルのコンテンツ

オリジナルのコンテンツをGoogleが評価する理由を推測してみました。
検索スパムの中でコピーコンテンツというものがあります。
コンテンツを作成する、記事を書くという事はそのトピックに関しての知識が必要となり、その内容がオリジナルのもので競合コンテンツには無いものであれば検索エンジンからも評価されます。

 

しかし、コンテンツを書く為の土台となる知識を持つ人員がいなかったり、忙しくて時間が確保できない場合には、SEOの為に安易に他人のコンテンツをコピーしたり、言い換えてしまうサイト運営者もいます。

 

意図的にコピーしたり、一部を言い換えたりしても順位の助けにならないばかりか、SEO以外の著作権やモラルの面で評判を傷つけてしまうかもしれません。実際に信頼性の低い記事を大量に作成して、検索上位を確保した企業がありましたが、後にウェブ上だけでなくテレビでも取り上げられる程に大炎上した事件がありました。
上位を獲得したからといって、コンテンツの質が低かったり、モラルに反する事を行っていれば、企業の評価を下げてしまう事になります。

 

 


 

 


 

 

最後にまとめ

The following two tabs change content below.
1973年生まれ 兵庫県神戸市出身、神戸市在住。起業革命家、SEO対策コンサルタント、サクセスファン行政書士事務所 所長。士業・コンサル・技術やスキルを持ったこだわり起業家の「起業プランニング」、「USP&ヒットコンセプトのプロデュース」、「集客の仕組み化」を日々研究している。行政書士としてこれまで経験を積み重ねてきた事業計画・数値計画・創業融資等も含めたしっかりした分かり易いサポートが売り。平成17年の開業後、1000社以上の会社設立、起業プラン・事業計画の策定、創業融資のサポートに関わる。元某SEO協会の公認アソーシエイトコンサルタントとして中堅ドラックストアのSEO対策、Web集客コンサルを初め100社以上の売上アップに関わり総額10億以上の売上UPに貢献した実績を持つ。

人気記事トップ10

-質の高いコンテンツの創り方, 集客・WEBマーケティング

Copyright© 【関西一】士業・FP・コンサルタントのブログ集客起業塾 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.