【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

マインドセット・習慣 USP創造とビジネスプロデュース

企業・顧客から仕事を依頼される「コミュニケーション能力」の具体的な向上法!

更新日:

取引先や顧客から信頼を得るコミュニケーション能力とは?

信頼を得るために必要な能力・スキルやツールを大公開

こんにちは、

士業・コンサルのブログ集客や黒字化を研究をしている
集客書士の小野です。

今日は、「信頼関係を築くコミュニケーション能力」のお話をします。

仕事で信頼関係を築くためには、社会人としてのコミュニケーション能力が不可欠です。

  • 上司と話すのが苦手で…
  • 取引先に信頼されるにはどうしたらいいの?
  • お客様へのクロージングがどうも苦手で…

など、コミュニケーションの苦手な方は多いです。

どのようにすれば信頼して仕事を頼んでくれるのか?これはビジネスをするものにとって永遠のテーマですね。

これから具体的なコミュニケーションの方法やツールについて解説します。

役立つように頑張るので、最後まで読んでくださいね。

それでは始めましょう。

「集客」するにはコミュニケーションガ大事です!

見込み客と信頼関係を築くと言葉は聞きなれない言葉です。見込み客からは、「集客」という言葉を連想しませんか?

お客様になって初めて信頼関係を構築するというのがこれまでの日本のビジネスの常識でした。見込み客と信頼関係を構築するという発想自体がないわけですね。なのでピンと来ない方も多いと思います。

見込み客を見つけるためには、どんどん営業をかけて集客をして…と言う風にやはり集客の2文字が頭に浮かびます。

ですが今「見込み客」と「信頼関係」を構築できる人がどんどん結果をだしているという現実があります。今日は、見込み客との信頼関係の構築法についてお話しますが、その前に集客について深く掘り下げてみたいと思います。

これまでは見込み客にこちらからアクションをかけていたが…

前述したように見込み客を見つけるためには、営業をかけていくことがこれまでのビジネスの常識でした。

インターネットができるまで顧客があなたを見つける手段はなかったわけですから、こちらの方からアクションを起こす以外にコミュニケーションの方法がなかったんですね。

もちろんスーパーマーケットや電気店など店舗においてもらえれば、見込み客が見に来てくれるわけですが、スーパーなどにおいてもらうためにはやはりスーパーや店舗にセールスに行く必要があったわけです。

これまで見込み客に対しては、こちらからアクションを起こしいくのが常識だったため集客という言葉やそれから派生するセールスという言葉を連想するわけです。

「セールス」という言葉が持つ強い「嫌悪の壁」!

セールスという言葉には昔から嫌悪感を持っている方も多いです。なので見込み客を探す段階で精神的に参ってしまい、起業に失敗するパターンですね。

セールスをかけていなくても考えるだけで参ってしまう方も多い。お客の方もあつかましいセールスのイメージに嫌気が差していてセールスマンと信頼関係を築くなんて想像もできない世界です。

これは戦後日本の悪しきセールスの歴史がそうさせているのですが、セールスに対する悪いイメージは思い込みなんですね。

それが現在の日本に多い、セールスに対する嫌悪の壁といえるものです。

実は新しい集客の形に「セールス」が不要になったのです!

インターネットができてから、集客を取り巻く環境が一転しました。セールスをしなくてもあなたやあなたの商品を見込み客に知ってもらえることが可能になったのです。

それがインターネットの登場により現実になったのです。

インターネットの掲載しておくと、顧客は検索エンジンを通して、自分の望みの商品や問題の解決方法を自分で探し出して、あなたのブログにアクセスをしてきます。

そしてあなたのブログを見て、あなたのノウハウとあなたに対して関心を寄せます。最終的にあなたにお願いしますとこうなるわけですが、これは紛れもなく集客ですが、セールスではありません

新しい主客の形にセールスがいらなくなったのです。

セールスなしでも商品が売れるその具体的な方法は?

セールスしなくても集客ができる方法がインターネットにより実現しています。それがダイレクトレスポンスマーケティングであり、ブログ集客です。

特に士業やコンサルタントの仕事で集客をしようとすると、あなたがどんな知識や経験、ノウハウをもっているのかをブログに書いてアップしておくと、悩みを持った人が検索エンジンで検索してあなたのブログにたどり着き、その内容を読んだ見込み客があなたに依頼してくるという流れになります。

ブログにはノウハウを後悔していくことになりますが、あなたは見込み客に対してセールスしているわけでなく、見込み客があなたを品定めしてやってきてくれるという方法になります。この方法で集客をする場合、大切なのはセールスではなく信頼関係の構築になるわけです。

ブログが、最高の信頼関係構築ツールになる!

ブログであなたが自分の持っている問題解決のためのノウハウを後悔します。その過程で、見込み客はあなたの知識経験、スキルやノウハウ、そして人間性や価値観を知ることになります。

見込み客は自分自身であなたを選択してあなたの考えや価値観を品定めしますから、見込み客がひとりでにあなたへの信頼関係を構築してくれるという奇妙な集客野津式が出来上がるのです。

ですがこの自動の集客システムこそが見込み客と信頼関係を構築するのにもっとも自然で合理的な手段であり、現代のダイレクトレスポンスマーケティングの主流になっていることは間違いありません。

つまりブログが最高の信頼関係構築ツールになるわけです。

売り込まないことが逆に信頼関係につながります。

いつでも読者の都合で見れる!

ブログの良さは、いつでも見込み客の都合であなたのノウハウや経験、人柄、価値観などを見て、吟味できるということです。

セールスマンというのは時には、見込み客にとって障害になることがあります。靴屋さんで靴を選ぼうとしていたら店員が近づいてきたのでついつい逃げ去ってきてしまった。ゆっくり見れなかった問い経験は、多くの方がお持ちだと思いますが、一般の店員がいると、そうとう根性のあるかた以外は落ち着いて好きなだけ商品を品定めすることができないと思います。

楽天でネットショッピングしてたらセールスマンが来て…という話は聴いたことがないですよね。

ブログなら見込み客はいつでも自分の都合であなたや商品を品定めして、勝手に親近感や信頼感を温めてくれるので士業・コンサルタントなどの集客に相当相性がいい集客システムができるということです。

ノウハウの提供が信頼築く

ノウハウや知識経験、そして価値観や人柄がいつでも見込み火薬の見れる状態で後悔されているので、見込み客は好きなときにそれを呼んで、信頼感を深めてくれます。

インターネットができる前は、顧客がかってにあなたの頭の中を覗き込んで、』信頼関係を深めてくれる方法なんてなかったですよね

だからそれができるようになった今、この集客方法で結果をだす士業やコンサルタントが激増しているのです。

24時間の自動集客装置が手に入る!

ブログは24時間の集客装置になってくれます。もうセールスマンすら不要の時代がやってくるのです。

しかも24時間見込み客の都合で商品をみて購入して言ってくれる。

今後、我々人の時間はありとあらゆることから開放されることでしょう。

あなたも自動集客装置ブログ集客を手に入れてみませんか?

信頼関係の構築のまとめ

ブログは再考の信頼関係を気づくコミュニケーション手段であることをお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか?

ブログは見込み客との信頼関係を構築する最高のツールであることを知りました。

このツールがあれば士業・コンサルの集客にセールスが不要になります。

これは、第一稿のため近いうちに再編集します。また読みに来てくださいね。

それではまた他の記事も読んでみてくださいね。

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-マインドセット・習慣, USP創造とビジネスプロデュース

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.