【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

マインドセット・習慣

【重要】ビジネスコーチングとは?-繁盛コーチングの20の視点

更新日:

ビジネスコーチングとは何か?その意味と結果を出すための視点とコーチング手法

コーチングとは?

コーチングとは、

「コーチングスキルを用いて問題を抱える人の目標達成をサポートしながら、その過程を通じて考え方や問題へのとらえ方の改善をうながし、目標達成できるために成長させること」

が目的です。

ビジネスコーチングとは、起業の経営者に対してコーチングを行なうことで、

  • 企業の経営問題に自ら考えて取り組む組織を作る
  • 問題や改善点に対して常に疑問を持ち続ける人材を育成する

ことを行なうコーチングです。

近年、ビジネスコーチングの力を理解する経営者が増えたことで、コーチは引く手あまたの職業となりました。

コーチの語源

「コーチ」の語源は“馬車”です。目的地まで人や積荷を送り届ける馬車とある目標に向かって導く人を「コーチ」と呼ぶようになったといわれます。

実際にコーチングを学び実践している経営者は、コンサルティング分野はもちろんのこと、営業分野、医療分野、スポーツ分野、教育分野などと多岐にわたります。それぞれの分野のエキスパートたちが、コーチングの手法や考え方を自分の分野や企業、現場に合うようにカスタマイズすることで、その利用範囲がどんどん広がったのです。

企業組織やチーム内におけるコミュニケーションの活性化

一つ目は組織内やチームにおけるコミュニケーションの活性化です。経営者や管理職、プロジェクトリーダーがコーチングを学び実践することで、組織やチームにおいてコミュニケーションが円滑になったケースがみられます。

これはコーチングの手法を利用することで、チームやプロジェクトに対する問題定義やその可視化、メンバーに対する問題へのアプローチなどのサポートが可能になるからです。

またコーチングを通して管理職やリーダーが組織やチームを俯瞰できるようになります。それによって、人間関係のささいな変化や問題などにも気づきやすくなるのです。結果としてチームメンバーへの適切なサポートや提案により信頼関係が築かれ、コミュニケーションが取りやすい環境に変化していきます。

クライアント課題が明確になり適切なアドバイスができる!

コーチングの手法は経営者や管理職といった会社のリーダーだけではなく、企業に勤める全てのビジネスマンに対して有用です。その一つがクライアントへの適切な提案や問題点の共有です。

これはクライアントに対してコーチングをおこなうわけではなく、コーチングを学ぶ過程で培ってきた問題を発見する力や導き方を使用します。「クライアントにとって本当に大切なことは?」、「問題の本質は何なのか?」といった部分に客観的に切り込んでいくのです。

コーチングで培った技術を用いることで、クライアントさえも自覚していないニーズや問題点をこれまでとは違う切り口で発見することができます。

セルフコーチングで自身の目標達成ができる!

コーチングは、クライアントの目標達成に有効であることはもちろんですが、自分自身にコーチングをすることで、目標達成や問題解決を確実に行なうことができます。

いわゆるセルフコーチングです。

セルフコーチングのメリット

自分自身の問題とは見えにくいもです。また、解決法も見えません。そんな時に客観的に目標達成の方向性や問題解決の道筋を見つけることができます。

セルフコーチングで大切なのは客観的に自分を見つめることですが、なれない間は客観的に見ることができません。

そんな時は補助をつけてその助けを借りながら、コーチングを進めていくことも大切です。

コーチングで観察すべき主な50の視点

コーチングを行なう際に、コーチが重要とする視点があります。つまり、問題解決するために見るべきポイントがあります。

特に重要な視点をお伝えします。

このポイントをしっかり抑えて経営者の問題解決を適切に行なえるようにすることが重要です。

1.ゴールとスタート

コーチングで最も重要なものの一つにゴールがあります。つまり目標設定ですね。

コーチングは最初に本人がゴールと定める目標を設定して、その達成のために必要ことを行なっていくスキルです。

また、ゴールと同じくらい大切なものにスタートがあります。今の現時点の自分の位置を適切に把握することが、目標を達成するために欠かせないものであることは言うまでもありません。

2.ビジョン

美潤とは将来のイメージですね。

3.過去・現在・未来

ビジネスコーチングでいう過去・現在・未来の見方と考え方をマスターします。

4.プレイヤー【自分・相手・関係者】

5.関係性【立場・責任・役割】

6.課題・原因・要因

7.考え方と意味

8.成果・結果

イメージ

理想

思考特性・行動特性

思いこみ・価値観・価値・感情・ニーズ・バランス・

体験・経験

信念・信条

予算・コスト・利益

ベネフィット

囚われ
情報・理想・状況・現状・強み・弱み・長所・短所・減らす
増やす・習慣・エネルギー・モチベーション・意志・意欲・決意
覚悟・時間・場所・環境・集中・感覚・効率・チャンク・行動
障害・ブレーキ・影響・受け取り方・評価・基準・範囲・視野
視点・選択肢・アイデア・目標・目的・知識・スキル・モデル
効果・意味・割合・認識・事実・真実・仕事
将来・行動・優先順位・重要度・課題・動機・コミュニケーション
解釈・権利・権限・質・量・見通し・リスク
学び・学習・成長・希望・望み・可能性・確率・

判断・材料

不足・不満

純度

コントロール

コンサルティング・テーチングとの違い

結果のでるコーチングでビジネスを支援

最後にコーチングのまとめ

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-マインドセット・習慣

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.