【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家のための繁盛起業アカデミー

経営戦略・ノウハウ 起業・会社設立

【必見】起業で一番やっちゃいけないこと!プロが教える起業が必ず失敗する理由

更新日:

  • 【必見】起業で一番やっちゃいけないことをプロがこっそり教えます!

起業しても失敗する理由とは?

繁盛コーチ 小野

こんにちは

ワクワクしながら年商1億円!

繁盛起業コーチの小野です。

今日は、「起業が失敗する理由」をお伝えします!

これまで1000社以上の社長のサポートして、上場した会社から1年も満たないうちに廃業した会社までいろんな会社を見てきました。

その経験上、失敗した会社には共通する理由があることに気づきました。今日は、その失敗の理由をランキング形式でお伝えします。

題して「起業で一番やっちゃいけないことランキング10」です。

「転ばぬ先の杖!」せっかく起業するのに失敗しないように、ぜひ、見ていってくださいね。

■無料で学べる失敗しようがない繁盛の法則■

★ワクワクしながら年商1億円★

僕が1000社50業種の社長をサポートしてきて分かった「失敗しようがない繁盛の法則」を出し惜しみなく公開しているオンラインプログラムが、今だけ無料で手に入ります!

ぜひ、繁盛の秘訣をたっぷり手に入れて、自分らしい起業に活かしてくださいね!

無料メール講座でお会いできることを楽しみにしています!

今だけ無料で試せる「失敗しようがない繁盛の法則」はこちら→

失敗するから起業で一番やっちゃいけないこと-ランキング10

第1位 自己流で経営ができると思い込むこと

上手くいく起業家はいろんなことを学んでいます。

  • 経営ノウハウ
  • マーケティング
  • セールステクニック
  • マインドセット
  • コーチング技術

など成功者から学んで、「成功のセオリー」を知っているのです。なので、成功までの最短距離を最短時間で行くことができ、絶対に失敗はありません。

逆に失敗する理由として1番やっちゃいけないのが、「自己流」で経営することです。

自己流とは、

  • 経営判断に根拠がない!
  • 気のみ気のまま!
  • 思い込み!
  • 勘だのみ!
  • 運試し!
  • 出たとこ勝負
  • どんぶり勘定!

なんて世間で言われていること。起業が失敗する理由は、これらの「適当な経営判断」です。そして、さらに状況を悪くする理由が、「根拠のない自信」だけ持っていることです。

「適当な経営判断」や「根拠のない自信」で経営すると、自分のやっていることに「確信」や「自信」が持てないので、心にゆとりがなくなります。

心にゆとりがないと、

  • 適切な経営判断ができない
  • 現状を冷静に分析できない
  • お客様目線をすっかり忘れる
  • 主体的でなくすべて人のせい
  • いつも対策が後手にまわる
  • 周りの助言が素直に聞けない
  • スタッフを大切にできない
  • 精神的に追い込まれてしまう
  • 手遅れになるまで気付かない

このように「負のスパイラル」が生まれて、どんどん経営状況が悪くなります。上手くいく起業家は、その負のスパイラルをコントロールしています。

ちなみに「根拠のない自信」のある適当な人が起業に向いてない理由はこちらをご覧ください。

いくら忙しくても、「心を落ち着かせ」、「心のゆとり」を持てるように、

  • 身体や心を労り
  • 趣味やレジャーを楽しみ
  • 大切な人との時間をもち
  • 適切な休憩を取る

など、おかれた状況に言い訳することなく意識して行動しています。

もしもあなたが失敗したくないなら、「自己流」や「言い訳」をなくして、以下の事を地道に実践して見て下さい。

それは、

  • しっかりと経営ノウハウを学ぶ!
  • 上手くいく方法をモデリングする!
  • メンターを見つける
  • コーチングスキルを身に着ける
  • 人の意見をしっかり聞く
  • スタッフや自分の「能力」を高める
  • P(成果)とPC(成果を出す能力)のバランスを整える
  • 経営数字の根拠を持つ

などです。

これらの対策をせずに突っ走ると「失敗にまっしぐら」です。「自己流で突っ走ること!」これが1つ目のやってはいけない失敗の理由です。

第2位 経営を学問・テクニックととらえる事

「起業するには経営学部を出てないとだめですか?」と聞く人がいます。ですが、そんなことはありません。

結構、成功している経営者は高卒も多いですよ。

例えば、

  • 松下幸之助氏(パナソニック)
  • ビルゲイツ氏(マイクロソフト)
  • 熊谷正寿氏(GMOインターネット)

など結構有名な方の中でも高卒社長はたくさんいますし、大卒でも「経営学」を先行していない有名な社長は多いです。

余談ですが、僕は工業高校卒、通信制大学中退の法学部出身なので経営学部ではありません。でも、業界の平均よりはうまく経営できている自信はあります。

まず、やってはいけないことの1つとして、経営を学問やテクニックととらえる事。経営学部で学ぶと、その考えから抜け出せずに苦労する人も多いです。

これはあり方の話ですが、経営に一番大切なのは「ワクワクすること」と「情熱」です。そんな精神論で大丈夫?と思うかもですが、それが事実です!

偉大な経営学者のドラッガー氏は、経営学者でありながら、常にそれを見ていました。

彼は言います。「あなたはワクワクしていますか?」その問いの中に経営の本質があると僕は思います。

ただ、「経営学」の基礎を学ぶことは、とても大切です。何も知らないより理解が高まります。

やってはいけないのは経営を「学歴・テクニック」ととらえること。「ワクワク」や「情熱」を大切にして下さい。

第3位 緊急な作業に追われ、重要な仕事を後回しにする!

人の活動には、「緊急」と「重要」という判断基準があります。

緊急な活動には、

1.病気・けが・災害

2.緊急な作業

などがあり、

重要な仕事には、

1.未来の計画を立てる

2.体を休める

3.人間関係を作る

という重要な仕事があります。

緊急な作業に追われて、重要な仕事を後回しにすると、未来を創ることができないためうまくいかない負のスパイラルに陥ります。

第4位 市場調査をせずに、「売りたい商品」を売る!

ビジネスは、顧客の悩みを解決することです。裏返すと顧客の悩みを解決できない商品は、商品ではないということです。
そんなビジネスの本質を理解しない人が多いです。顧客の悩みを調査しないで、思いつきで自分の売りたい商品を開発する人が多すぎます。
自分の売りたい商品は、必ずといっていいほど売れません!必ず失敗します。

「顧客ニーズ」を調べず、「技術」や「強み」で商品を作る!

スキル神話の弊害と言います。

また、たとえ世界一の技術を持った職人でも市場調査を怠った結果、起業を失敗するケースもあります。
どんな失敗をしたのか…詳しく知りたい方はこちら

第5位 売上だけを追いかける!

売上を上げることが成功だと考える人がいます。売上を上げることだけが成功ではないことを知ってください。

  • 適正な利益を獲得する
  • 従業員を幸せにする
  • 社会的意義のあるミッションを成功する
  • 顧客の役に立ち満足させる

など売上を上げること以外の価値が会社には大切な場合があります。

売上のことだけを考えるとかなり高い確率で起業は失敗します。

第4位 1円の資本金で経営できると本気で思っている!

会社法が施行されて、1円で会社が設立できるようになりました。1円で会社が設立できるようになったので、「1円あれば成功できる!」と本気で勘違いしている起業家がいます。
事業には最低限の設備資金や運転資金が必要です。そんな常識のない人は100%起業に失敗します。

第6位 安易な安売合戦に参戦する!

ライバルが自社よりも安い金額で商品を販売するとあせりますよね。ですが安易に安値合戦に参戦する自分の首を絞めることになります。

ライバルが安値にしてきたときに、失敗しない選択肢は2つです。

  1. 付加価値・特別なオファーをつけて商品を高額にする
  2. 顧客の求める最低限の機能に最適化して生産性を上げる

安値に安値でいく場合は、2を選ぶしかありません。

ですが、何のプランもないのに値段だけを下げる安易な安値合戦には参入しないようにしましょう。

第7位 ゴールを設定しない!

ゴールを設定しないで起業するのはとても危険です。ゴールを設定する本当の意味をご存じですか?

ゴールはね。成功者のレベルまで成長するために設定するんですよ。

ゴールを設定しなくても、自分は行動するし、ちゃんと成果も出すと考えている人は、まだまだアマチュアです。

ゴールを設定しないで行動することはやっちゃいけません。本当のゴールセッティングの意味を知って下さい。

第8位 自分の「人件費」を計算しない!

起業家でよくある勘違いが、「自分の人件費はただ!」と思い込むことです。

自分の人件費を組み込まないで商品開発すると、利益がでないで苦しむことになります。

ビジネスがまだ小さいときは、何とかそれで回りますが、大きくなると回らなくなります。

自分の人件費を組み込んだ商品設計を行ないましょう。

第9位 休みなく、必死で頑張る

起業して失敗を招く原因の一つに「休みなく頑張る」というのがあります。

休みなく頑張ることは、一見成功への近道のように思えますが、

  • 体力・精神力をすり減らす
  • 作業ばかりしてやってるつもりになる
  • 周りを見渡すゆとりをなくす

など、マイナス要素が多く「回り道」だったりします。

冷静な判断、全体を見回せるのに必要な「余裕」が成功をより早く確実に引き寄せます。

第10位 リスクを考えない!

店舗を持ったり、仕入を沢山して大きな商売することは、ある意味ステータスです。儲かる可能性もあるし、客観的に見てもかっこいいですから。
でも、初期投資が大きければ、その分リスクも高くなります。それを忘れてはいけません。
リスクのある商売をして良いのは、その業態で既に大きな実績を上げたことがある経験者だけだと私は考えています。または、フランチャイズなどの経験を手に入れることができる業態のみ。
まったくの素人が大きな資金が必要な商売をやっちゃいけません!
大きな借金を背負って起業失敗となります。

最後にまとめ

今日は起業で一番やっちゃいけないことをランキング形式で10個お伝えしました。

どれも甲乙つけがたいくらい起業の失敗を招きます。思い当たることがあれば、一つずつ改善していきましょう。

逆に言うと、この10個が改善できればあなたの起業は成功するといえます。あせらず、ゆとりを持って実行してくださいね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

またこのほかの起業に関連する記事を読んでいただければ幸いです。

それでは

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-経営戦略・ノウハウ, 起業・会社設立

Copyright© 起業家のための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.