3秒で顧客を魅了して21世紀に愛される起業家になる自分革命を起こす!

menu

USP起業革命アカデミー

起業・会社設立の必要なお金の借り方!創業融資申請の4つのポイント

創業融資を成功させるために必ず抑えておきたい4つのポイント

 

起業革命家&行政書士の小野です。

 

今日は、日本政策金融公庫での創業融資申請のポイントをお伝えします。

 

 

「創業融資を成功させる4つのポイント」とは、

1.自己資金

2.創業者の経験

3.事業計画書

4.余裕資金

です。

1.自己資金

日本政策金融公庫で一番メジャーな創業融資は、「新創業融資制度」ですね。

無担保・無保証人で3,000万円まで借りることのできる融資制度です。

「新創業融資制度の概要」には、

「新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を

1期終えていない方は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の

自己資金を確認できる方」

という自己資金要件があります。

創業資金総額の10分の1以上の自己資金があれば、

残り10分の9を貸して欲しいと申し込めるということになっています。

また、

「現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方」、

「産業競争力強化法に定める認知特定創業支援事業を受けて事業を始める方」

等に該当する場合は、自己資金要件を満たすものとします」

となっています。

上記要件に該当する方は、

「自己資金なしで、必要な創業資金を貸して欲しいと申し込める」

ということになっています。

しかし、実際には、そんなに甘いことはありません。

公庫の担当者に

「創業融資をしてもらうためには、自己資金はどれぐらい

用意しておいてもらいたいの?」

と尋ねると、ほぼ例外なく

「3割程度は準備しておいて欲しい」

という返事が返ってきます。

自己資金は、安定した経営を行うための原資になるため、

潤沢な資金があったほうが、創業を成功させやすい

と考えられるという理由もありますが、別の理由もあります。

一般的には、こちらの理由が重視されますね。

それは、

「自己資金が全くない、又は、自己資金がほぼないという方は、

準備不足とみなされる」

ということなのです。

準備も十分せずに創業した場合、失敗することが多いというのは、

公庫は経験上、よく知っています。

自己資金が全くなかったり、ほぼなかったりする場合は、

その準備が十分に出来ていないと判断します。

なので、自己資金が少ない場合は、創業融資にOKが出ないのです。

少なくとも、3割程度の自己資金は準備しておいていただきたいものですね。

創業融資の支援は、士業やコンサルタントにとって、

とてもやりがいのある仕事です。

これから夢をかなえる為に創業される方のお手伝いをするのですから、

前向きのエネルギーをたくさんもらうことができます。

そして、創業融資のサポートをするのには、

そんなに難しい知識やノウハウは、要りません。

比較的に簡単に、身につけることができます。

創業融資は、これらのポイントを抑えることで
借りる確立はぐんと上がります。

創業融資を含めた起業を上手くいかせるための
メルマガをぜひご覧下さい!

起業革命7つのステップはこちら→

関連記事

起業革命実践的7ステップ

フェイスブック

アメーバブログ

LINE@

起業革命個別セッション

起業革命家小野馨のプロフィール

小野馨

兵庫県神戸市生まれ、神戸市在住

兵庫県立兵庫工業高等学校卒業後、富士通株式会社本社採用でSEとして入社。

SEは自分の仕事ではないと、同社を退社。

自分探しの旅に出る。

訪問販売員、ネットワークビジネス、トラックの運転手、喫茶・カラオケ店店長、金融会社の営業、音楽関係、靴のデザイン会社、食料品製造、コンピュータ会社社長の経営・経理サポート、ゲームショップオーナー等30種類以上の仕事を経験しながら様々な業界を経験して知識やスキルを身につける。

そんな中、起業家や経営者の手伝いをすることが増え、経営法務コンサルタントの仕事に憧れを持ち、行政書士になるため勉強を始め、行政書士試験合格。その後、慶應義塾大学に入学するが、業務が忙しく中退。

平成17年に行政書士として独立。1年目に1千万円の売上、2年目に1500万円の売上を達成する。

1000社以上の会社設立、3億円以上の創業融資のサポート、500以上の許認可の申請サポートを行い、SEOコンサルタントとしてクライアント30社以上でWEB集客で合計15億円以上の売上UPに貢献する。

その後、順調に事業を拡大していたが、リーマンショックにより挫折、働きづめがたたって心と身体を壊す。また、大きな交通事故に遭い、自分の人生について考えることになる。

プロフィールの続きはコチラ→

アメブロはこちら→

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031