【繁盛ブランド】×【集客の仕組み化】で繁盛させる専門家

起業家・士業・コンサルのための繁盛起業アカデミー

USP創造とビジネスプロデュース

「仕組み化」で経営が長期継続的に超安定する5つの理由

更新日:

なぜ、「仕組み化」が必要なの?

経営の「長期継続的な安定」につながる!

こんにちは!

起業家・士業・コンサルを繁盛させる専門家

繁盛起業コーチの小野です。

今日は、経営や集客の「仕組み化」のお話です。

経営をずっと安定させたいと起業家なら誰しも思うはずです。そのために「仕組み化」が超重要です。今日は、その必要性についてお伝えします。

参考にしてくださいね。

「出たとこ勝負」や「勘」に頼らず「仕組み化」ですることで得られるものがあります。

つまり、「出たとこ勝負」、「勘に頼み」、「運だめし」で経営を行い、データ化やシステム化、マニュアル化しないでほったらかしにすることです。

起業したばかりのころは、日常の作業に追われ、仕組化のことは後回しになる傾向にあります。

これは仕方のないことです。

しかし、安定して長期継続的に収益を上げたいと考えるなら、どこかで「仕組み化」をしなければなりません。

仕組み化をすれば、「なぜ、経営が安定するのか?」という理由には以下のようなものがあります。

どれも重要ですが、特に①とが超重要です。

「仕組み化」すべき6つの理由

①社長が「本来すべき仕事の時間」が増える。

まず最も大切な理由が、「社長が本来すべき仕事の時間が増える!」です。

「なぜ、仕組み化すると経営が安定するのか?」をお伝えする前に、この「社長の本来すべき仕事を増やす」という考え方を知る必要があります。

この考え方を前提として、「他の5つの理由」を見るとより深く理解できると思いますので、これを最初に持ってきました。

とても大切なお話なので、しっかり理解してもらえると嬉しいです。きっと、あなたの起業が劇的に変化するはずです。

そもそも「ビジネスって何のためにするの?」と言うと、「顧客の悩みを解決するため」です。そして、その役割を提供した対価が収益になるわけです。

その役割を果たすために、

  • 経営者がいて
  • 管理職がいて
  • 従業員がいて
  • 外注先や取引先がいる

など必要な組織を作って運営するわけです。

つまり、「顧客の悩みの解決」という大きな目的があり、その実現のために組織があるわけです。

社長の本来すべき仕事とは、「未来を創る仕事」です。それを社長ができずにいると会社は必ず沈みます。

「社長の仕事って何?よくわかってないよ!?」という人は、まず以下の記事を読んでくださいね。

「社長の仕事とは?」会社が繁盛するために知っておきたい3つの仕事」

言葉だけ取ると、「仕事時間が増えるの?嫌だな…」とも取れますが、私は、一見すると、社長の仕事の時間が増える

実は、この理由をはき違えて自分のために仕組み化を進めていくと意味をはき違えて、

②自分が動けなくても、誰かが代わりに作業できる。

③新入社員の教育がしやすく、能力を担保できる。

④集客を「仕組み化」することで営業マンがいなくてもお客が自動で集まり続ける。

⑤ずっと「富」を生み出す財産になる。

経営者には、本来すべき仕事があります。それは「未来を創る」という仕事です。

「仕組み化」を構築しないと「未来を創る仕事」ができないままになる可能性があります。

そのまま仕組み化せずに、作業をほったらかしていると「日常の作業」に時間を取られてしまいます。

仕組み化の過程で得られる2つの宝物-「頭の整理」と「成長」

仕組み化をすると上記のようなメリットが生まれ、経営が長期継続的に安定します。

仕組み化することによるこれらのメリットもすごいのですが、仕組化の過程で得られる2つのことがあります。

それが、「頭の整理」と「成長」です。

仕組み化をするためには、まず、「頭を使い考える作業」を行います。それも相当時間考えながら、うまく回る仕組みを考えるわけです。

その過程において、頭が整理され、考えが洗練されていきます。結果として新しいアイデアが生まれる余裕が生じます。

「仕組み化」しない罠を抜け出す具体的な方法

①ストック型ビジネス-事業が積みあがることの大きさを理解しよう!
②仕組み化の過程で得られる2つの宝物-「頭の整理」と「成長」
③24時間働く「優秀な営業マン」と「営業マニュアル」を手に入れよう!

The following two tabs change content below.
「繁盛プランニング」×「集客の仕組み化」で繁盛させる専門家。繁盛起業コーチ。1973年 神戸市生まれ。以後、現在まで神戸市で過ごす。兵庫工業高等学校卒業、慶応義塾大学通信教育課中退。富士通株式会社に入社。システムエンジニアとして2年勤務。自分のやりたい仕事ではないと同社を退職して自分探しの旅に出る。30種類以上の職種を経験した後、いろんな業種の起業のお手伝いをしたいと一念発起して平成17年2月に行政書士開業。1000社50業種以上に起業支援・会社設立・創業融資・経営コンサルティングを提供しながら、3000以上の行政手続きを行う。 この間、有名コンサルタントの経営塾、マーケティング塾でコンテンツSEOやマーケティングを学びながら、現在は、起業家に「経営ノウハウ」と「集客の仕組化」を伝え、6か月で永続的に“繁盛体質”に生まれ変わるコーチングを展開中。主に大阪・神戸・東京で活動中。 クライアントは、建設業・運送業・古物商・リサイクル業・産廃業・介護事業者・IT企業・証券会社・士業・個人事業主など多岐にわたる。

人気記事トップ10

-USP創造とビジネスプロデュース

Copyright© 起業家・士業・コンサルのための繁盛起業アカデミー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.